FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @南禅寺清風亭
1-IMG_-1019.jpg
その1

IMG_-1019 - コピー-1のコピー

 南禅寺塔頭天授庵の枝垂れ桜を、三門の上から見下ろす、と言う夢は今年も叶わなかったが、こちらの桜並木はちょうどいい塩梅で来ることができた。現在は一般公開はしていないが、サイトではデジタル画像として紹介されている。この辺りを通りかかると、時折撮影をしているのではないかと思われる撮影クルーが中で動いているところを見ることがある。とても羨ましい・・・ せめて、こんな桜日和にお茶でも頂けたらなぁと叶わぬ願望が頭をもたげる。

2-IMG_-0997.jpg
その2

3-IMG_-1009.jpg
その3

4-IMG_-1018.jpg
その4

5-IMG_-1022.jpg
その5

IMG_-1022 - コピー-5のコピー

 この細い通りは南禅寺へ抜ける近道にもなっているので、結構人通りも多い。観光タクシーでちょっと寄り道をしていく人もある。人力車のえびす屋さんも大忙しだ。初めて見た人は感動するだろうなぁと思う。

6-IMG_-0573.jpg
その6

7-IMG_-0574_20140510161540a1c.jpg
その7

8-IMG_-1029.jpg
その8

9-IMG_-1032.jpg
その9

10-IMG_-1060.jpg
その10

11-IMG_-1078.jpg
その11

 何10mにも渡って続く桜並木に、お腹が一杯になった。

12-IMG_-1007.jpg
その12

 こちらの向かいは言わずと知れた野村邸碧雲荘。間もなく花菖蒲の季節となるが、悲しいかな昨年から敷地内への立ち入りが禁止された。予定をされている方は諦めた方がいい。多分、あくまでも想像の域を出ないが、写真を撮っていた人が何らかのトラブルを起こしたのだと思われる。いい機材は持っていても、マナーを携帯していない人も多いから。その行為がいかに常識外れかと言うことさえ気が付かない人もいる。

 人の振り見て我が振り直せではないが、本当に気を付けようと思う。
【2014/05/11 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«建仁寺に牡丹が咲く | ホーム | 京都桜紀行 @平安神宮»
コメント
アラックさん、こんばんは。

狭い通りの片側だけなのですが、
それはもう見事な紅枝垂れなのですよ。
タイミングさえ合えば、早朝でも大丈夫です。
【2014/05/12 20:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsu さん、こんばんは。

今年、やっとタイミングが合いました。
もう、嬉しくて、嬉しくて。
たったこれだけなのに、たくさん撮りました(笑)

野村別邸、ま、だめでしょうね。
一応フル装備で行ってみますけど。
【2014/05/12 20:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、これまた秘策の桜をありがとうございますバグースです。上部だけのアラックだと痛感します。
【2014/05/12 20:06】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
清風亭の桜並木、見事でしたね。
あれほど満開な姿は見たことがなくて、たまたま立ち寄って「わぁ!」となりました(笑)
中に入りたいですが、入れないですよね~。

花菖蒲の野村碧雲荘・・・今年もダメなんでしょうね。
超望遠持って、横から望むしかないですが、寄って撮りたいですもんね。
ああ、残念。
【2014/05/12 01:06】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |