FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @平安神宮
1-IMG_-0796.jpg
その1

 数多い中から選び出せないというのは、やはりだめなことだ。ではせめて二日分をまとめるだけでもいいとしよう。などと、言い訳をごにょごにょ・・・

2-IMG_-2251.jpg
その2

3-IMG_-2188.jpg
その3

4-IMG_-2279.jpg
その5

 ひんやりとした空気の中で眺める桜は、柔らかい桜色にもかかわらずきりっと引き締まって見える。

6-IMG_-0819.jpg
その6

7-IMG_-0518.jpg
その7

 やっと広い空間に出た。そこには今か今かと待っていた紅枝垂れ。

9-IMG_-0886.jpg
その8

10-IMG_-2312.jpg
その9

11-IMG_-0844_201405101503056bd.jpg
その10

IMG_-0844 - コピー-11のコピー

 今回は色んな額縁を探してみた。定番のこの位置しかないが、柱がアクセントになってまるで映画のフィルムだ。

12-IMG_-0852.jpg
その11

 早朝で風もまだ出ていない。東神苑には空の青、木々の緑、そして紅枝垂れの桜色が混在し、解け合っている。毎年見ているのにやっぱり見たくなる不思議な空間。ちょっとした時間の違いやお天気で微妙に色合いも変わるからだろう、飽きることがない。

13-IMG_-0529.jpg
その12

14-IMG_-0547.jpg
その13

15-IMG_-0550.jpg
その14

 滝のように流れる紅枝垂れ。

16IMG_-0858.jpg
その15

17-IMG_-0902.jpg
その16

 竹組も支えと思えば無粋だが、綺麗な竹垣と思えば画になる。

18-IMG_-0914.jpg
その17

 紅枝垂れに寄り添うように、いや、紅枝垂れが貴賓殿に寄り添うように咲く。多い日はここで何組みものお式がある。最近は外国人の方のお式を見かけることが多くなった。それも打ち掛けに紋付き袴。やはりここには和装が似合う。

 さあ、今年も見ることができた神苑。有り難いことだ。

19-IMG_-0923.jpg
その18

 染井吉野も今年は一緒に咲いていて、二度も三度も嬉しい悲鳴だ。
【2014/05/10 19:19】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都桜紀行 @南禅寺清風亭 | ホーム | 京都桜紀行 @大原三千院その2»
コメント
torimy さん、こんばんは。

毎年同じところばかり撮ってしまうのがいやなんやけど、
やっぱり毎年撮ってしまうわ。
【2014/05/11 22:07】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

今年も額縁が撮れました。
朝イチで入れるタイミングとお天気、
なかなかぴったり来ませんね(笑)
【2014/05/11 22:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
穏やかな水面の映り込みがとっても優雅。
視点も抜群やね
【2014/05/10 22:58】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
阿修羅王さん、これですよ、ここですよ、晴れですよ、水鏡ですよ、額縁ですよ、お見事バグースです。
【2014/05/10 19:46】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |