日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

石楠花 @雲ヶ畑志明院
1-IMG_-4973.jpg
その1

IMG_-4973 - コピー-1のコピー

 市内と言ってもかなり離れた場所となる雲ヶ畑は、その分自然豊かな土地でもある。修験道場の地でもある雲ヶ畑志明院(しみょういんと読む)は、野生のホンシャクナゲが咲く。何年振りかでちょっと、上がってきた。ちょっと・・・ね。

2-IMG_-4958.jpg
その2

 とてもいいお天気で、コントラストがきつくていい色に再現できない。以前は路線バスがあったので、朝イチの6時過ぎに高野車庫を出るバスで上がり、9時過ぎのバスで帰ることができたので、まだ陽の射さないうちに撮影できたのだった。

3-IMG_-4959.jpg
その3

 撮影ができるのは山門前まで。それもご住職に声を掛けてからの方がいいだろう。長年の付き合いのあるご住職だが、ここを保護するためには厳しい規制をかけないといけないので、どうしても強い口調になる。それを理解して欲しい。この日も強い口調で叱咤されているシニアの女性がいた。朝日新聞にこちらの石楠花が紹介されていたことで訪れたのだが、写真は数枚にして下さいとか、山門から向こうへはカメラは持ち込めないことや、パンフレットは有料だとか、そう言ったことへの不満を言ったためだった。
 メディアへは許可を出していること、ここは修験道場の地であるから観光写真を撮るためではないこと、参拝に来るところにたまたま花が咲いているだけのことなどを説明されたのだが、それでも不満が溜まったようだった。

5-IMG_-4974.jpg
その4

 カメラを預け、注意を受けている会話を尻目に蕩々と湧く涌き水で手を清め、山門をくぐってお不動さんへ。深い山中は鳥の声がよく響き、それが気になって仕方がない。しかし時にはカメラを置いて素直に鳥の囀りに耳を傾けるのもいいものだ。

4-IMG_-4969.jpg
その5

 険しい山の山頂にも石楠花が咲くのだが、脚に自信がないと滑りやすい山道は登れない。しかもそこへ行くにはご住職の許可を得なければ行けないのだ。私は高い所が苦手で、ましてや岩肌をよじ登るような落ち葉で足が滑りそうな急斜面を覚悟して今回も上がってきた。もちろん、写真はない。

 降りて来ると例のシニアの女性が早速聞いてきたが、許可がないと上がれませんと話は断った。

IMG_20140427_101643.jpg
その6

 降りて来ると奥さまがお茶を入れて下さった。座ったのはロマンスシート?そう、仰ったのだ。何でも友人が北山杉で作って下さったベンチで、とてお丁寧に磨いてある。何処をどう触ってもすべすべ・・・ そこに座って心地よい風に吹かれて一服。いや、二服もお茶をよばれてしまった。久し振りに行ったものだからなんやかんやとおしゃべりに花が咲く。

6-IMG_-4975.jpg
その7

7-IMG_-4980.jpg
その8

 前日は訪れる人が多かったそうだが、この日は来られてもすうっと流れて、混み合うこともない。文句を言っていた女性以外、なにもトラブルを持ち込む人もなく皆さん嬉しそうに写真を撮り、奥のお不動さんにお参りをし、あるいはまた、どうぞと勧められた人は険しい山へと登っていった。

8-IMG_-4982r.jpg
その9

 そう言えばその女性、しめいいん、と読んでいた。読み方も知らずに来たのか。調べれば情報はあるし、わざわざパンフレットはないのかと尋ねることもないだろう。神社仏閣に来たのなら、そこのご神体なりご本尊にまず挨拶をするものだし、ご住職の仰るようにここはお参りに来るところで、そこに花が咲いているだけのことという意味が解るというものだ。
 
   な?そう思わへん?シジミチョウさん

   え・え?いきなり言われても・・・(汗;

9-IMG_-4987.jpg
その10

 最近は鹿の食害が酷いそうだ。バス亭からここに来るまでの道すがら、山野草が殆どなかった。以前はたくさん道草ができるくらいに色んな小さな植物がたくさんあったのだ。そのことにも随分と心を痛めておられた。奥さまはこの老木になった山桜にも心を痛めて悲しそうにされていた。

10-IMG_-4989.jpg
その11

 さて、随分とゆっくりさせていただいた。下界へ帰るのが厭にならないうちに下山しないと。ウッディ、また来るから。お前も随分と年を取ったものだな。もう7歳になるそうだ。

 綺麗な茶色の巻き毛が風になびいていた。次はいつ行こうかと、もう既に先のことを考えている今日この頃。
【2014/04/30 23:16】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«徒然道草 オフィス街の休日に | ホーム | 平安神宮神苑でアオさんに逢う»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

どうも今年は石楠花がどこもいいようですね。
室生寺に上がりたいのですが、
今年も行けそうにありません。

車移動ができないので、まあ、ここで半日潰れましたけどね。
おばさんは一番嫌いな団塊の世代でした。
撮ればいいと言うことではないですからねぇ。
お参りはしてきたと言っていましたが、
そんな姿勢は感じられませんでしたよ。
報道するメディアにも少しは責任があるように思います。
花が見頃、だけではだめだと思います。
特にこちらのご住職のような考えを持つ方にとっては。
【2014/05/02 21:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
志明院、いいですね~。
今年はシャクナゲ当たり年ですから、一層モリモリだったのではないでしょうか。
行きたかったけど、ここまで足が伸びませんでした。うーん、やっぱり行けば良かったかなぁ。
パンフが欲しかったおばさんは、志明院くんだりまで何をしにきたんでしょうね~。
【2014/05/02 16:30】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

読み方の揚げ足を取っても大人げなかったかな。
ご住職もかなり嫌いなタイプだったみたいやわ。
私も厭やな思たけど。
けど、石楠花はほんまにええよ。
自然なままのお庭やから、綺麗な形にはなってへんけど、
作られすぎてないところがいいと思う。
【2014/05/01 19:47】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
必要以上に手入れがされていない雰囲気がとてもいいね。
こんな場所ホッとなごむわ。

お寺さんの名前って 何となく慣れてくると知らんでも
「明=ミョウ」とか 「定=ジョウ」とか「華=ケor ゲ」とか 読んでしまうようになるけどね。
まあ しかたないんちゃう?
【2014/05/01 09:20】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |