日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @龍安寺
1-IMG_-9859.jpg
その1

IMG_-9859 - コピー-1のコピー

 昨日の続きを。退蔵院を出て次に向かったのが言わずと知れた龍安寺。開門待ちではないが、そろそろ見頃になっているはずなので行っておいても損はないだろう。門の前に到着した時にはすっかり雨模様になっていた。一応傘は持ってきてはいたが、濡れて行くには厳しい降り方だった。

   ここまで来たのに・・・ とほほ(>_<)

2-IMG_-9866.jpg
その2

 石庭まで今更急いでも仕方がないので、あちこちふらふらと見て歩く。

3-IMG_-9875.jpg
その3

 西洋石楠花だが、まあ、いいだろう。そんな季節に移り変わろうとしていたのかと少し驚いた。

4-IMG_-9877.jpg
その4

 しっとりと雨に打たれる桜もいいものだ。

5-IMG_-9895.jpg
その5

 さてさて石庭に枝垂れる桜はいかほどかと思えば、う~ん。枝が少し寂しい?

6-IMG_-9901.jpg
その6

 すっきりしないお天気のせいでくすんでしまっていたが、それだけではなさそうだ。ちょっと残念だった。

7-IMG_-9939.jpg
その7

 少し晴れ間が出て来て、油塀の屋根に影が落ちた。

8-IMG_-9945_201404271627401ee.jpg
その8

 記念写真を撮って、この辺が潮時だろう。

9-IMG_-9952.jpg
その9

 傘を差しながら桜園へ。綺麗に刈り込まれたサツキの上に被さるような枝垂れ桜が満開になっている。

10-IMG_-9959.jpg
その10

IMG_-9959 - コピー-10のコピー

 石庭の処が今イチだった分、こちらの方が見応えあったように思われる。

11-IMG_-9966.jpg
その11

 再び鏡容池まで帰ってきた頃には雨も小雨になり、空が明るくなって来た。

12-IMG_-9971.jpg
その12

 暗かった空も、桜越しに見る池も、随分と明るくなって来た。もう少しだけ早くに上がってくれたら嬉しかったけど。

13-IMG_-9997.jpg
その13

 駐車場裏の山桜は、山全体を埋め尽くす勢いで咲いているように見えた。さあ、それでは真っ直ぐ帰ろうか、午後からは用事もあることだし、真っ直ぐ・・・ 本当に真っ直ぐ帰ることができるのか?そう自問したのだが・・・?

 この続きはまた今度。バスは混み合っているのが解っていたので、そう、折りたたみ自転車で出発した。きっと自宅まで走って帰るのだろう。
【2014/04/29 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«平安神宮 例祭斎行奉祝行事その2 祇園甲部 | ホーム | 本満寺に牡丹咲く»
コメント
アラックさん、こんばんは。

背後からじっと隙間を狙いましたよ(笑)
すかさず前に出て。
こう言う時に体格の小さなものは便利です。
龍安寺にはちょっと続きがあるのですが、
まだ先になりそうです。
【2014/04/29 20:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、おはようございます。
龍安寺の素晴らしい作品の数々に感動です。
記念写真、撮れましたか、凄いですね。
アラックは人の波でした。
今日は静養します。
【2014/04/29 04:51】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |