FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @六孫王神社
1-IMG_-9717.jpg
その1

IMG_-9717 - コピー-1のコピー

 東寺に出かけたその脚で。撮影は4月6日。なんでもこの朝、ここでフリーマーケットがあったそうだ。そう言えばワンボックスカーが止まっていて、色とりどりの畳んだ傘を並べようと準備し始めた人を見たが、それだったのだろう。始まる前に入ることができてよかった・・・

2-IMG_-9692.jpg
その2

3-IMG_-9694.jpg
その3

4-IMG_-9695.jpg
その4

5-IMG_-9698.jpg
その5

6-IMG_-9699.jpg
その6

 実はここには初めて訪れたのだった。名前と大まかな地理は知っていたが、東寺からごく近いことが解り、来年からはこちらもセットで訪れそうだ。

7-IMG_-9700.jpg
その7

 ふと池を覗き込めばそこにはマーさんご夫妻の姿。なんだか人なつっこそうな雰囲気で、

8-IMG_-9705.jpg
その8

 奥さんが先に目の前に飛び上がってきた。

9-IMG_-9708.jpg
その9

10-IMG_-9710.jpg
その10

 奥さんに続いてご主人もやって来た。しかし私が何もごちそうを持っていないと解ったのか、他の人の気配に驚いたのか、直ぐに池に戻ってしまった。

11-IMG_-9714.jpg
その11

12-IMG_-9719.jpg
その12

 思った以上に桜の木が多くて、それなのにとても静かな場所で、かなり気に入ってしまった。

 さあて、東寺の早朝拝観からこちらへやって来たのだが、これからがこの日の過酷な撮影となる。この続きはまた今度。と、言いながらまだ現像ができていないのがあるというのだから困ったものだ。撮影の合間に仕事に行くのも疲れたと言ってはバチが当たるけど。
【2014/04/27 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«鳥羽水環境保全センター 一般公開 | ホーム | 京都市消防音楽隊パレード @鳥羽水環境保全センター»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

フリマはあとから聞いて、びっくり。
あれがそうだったのかと。
やはり早朝に限りますね。
多分、弘法市より遅いと思われます。
私も来年からセットになりそうです。
【2014/04/28 20:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今年は夜景だけとなった六孫王神社。
東寺とセットで訪れたい場所ですね。
東寺も夜景だけになってしまい、お昼には行きそびれてしまいましたよ。
こちらで見せてもらって良かったです。
フリマがあるんですね。来年は気をつけようっと(笑)
【2014/04/27 23:36】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

神社仏閣の朝は早いですね。
幸い、私が行った時には掃除の人は居ませんでした。
代わりにフリーマーケットの準備が・・・(笑)
折角の撮影が台無しになりましたね。
どうかお大事にして下さいね。
どうもありませんようにお祈りしています。
【2014/04/27 19:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、バグース連発ですね。太鼓橋を入れて撮りたかったのですが、お父さんが中に入って掃除をしていました。仕事終えて電車ですが、座れない、外見は怪我人ではないですからね、明日は病院に行きます。
【2014/04/27 18:09】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
四郎勝頼さん、こんにちは。

そんな経緯があったんですか。
長年通った方ならではの寂しさですね。
確かにコンクリートの橋には幻滅しましたね。
【2014/04/27 17:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
里桜が切られ、魅力が半減したのですよ(苦笑)その前は池のコンクリート化・・・数年に1回、里桜と染井吉野の橋の上でのドーム、もう見られない(泣)
【2014/04/27 08:38】 URL | 四郎勝頼 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |