日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @一乗寺圓光寺その2
1-IMG_-2585.jpg
その1

 先日の続きを。もう少しだけ紅枝垂れには早かった圓光寺に再訪した。石段の下から見上げる前から、遠くからでも2本の紅枝垂れが満開になっているのがよく見える。この日もこちらの方は忙しかったようで、受け付けに人影はない。以前からの札と竹筒が置いてあり、そこにちゃり~ん・・・ 

   はい、では失礼しますよ(>_<)

 この春、桜の一押しはこちらではないかと、今では秘かにそう思っている。

2-IMG_-2597.jpg
その2

 満開の紅枝垂れを待っていたのは私だけではなかったようで、観音さまもとても嬉しそうだ。

3-IMG_-2600.jpg
その3

 宝物館の西側には、木の香りも新しい、杉材で作られたベンチが置いてある。ゆっくり座れるようにとの配慮なのか、幕も張ってあって、上がってきた人からは見えないようになっている。この台に荷物を置かせて貰い、身軽になった。

4-IMG_-2611.jpg
その4

 1月から手ぐすね引いて待っていたのがこの景色だった。龍の横顔の向こうに咲く2本の紅枝垂れ。どうだろう、いい景色ではないだろうか。無理して時間を作って再訪した甲斐があった。

5-IMG_-2613.jpg
その5

6-IMG_-2614.jpg
その6

7-IMG_-2616.jpg
その7

8-IMG_-2622.jpg
その8

IMG_-2622 - コピー-8のコピー

 同じような場所ばかり撮ってしまっている。この辺りが一番いいかも。午後の陽射しがちょっと難しい。

9-IMG_-2628.jpg
その9

 宝物館の屋根に被さるところとか、

10-IMG_-2631.jpg
その10

 お地蔵さまに被さるところとか、

11-IMG_-2669.jpg
その11

 やっぱり龍の顔に被さるところがいい。計算されて植えられたのだろうか。

12-IMG_-2692.jpg
その12

 観音さまも、

13-IMG_-2693.jpg
その13

 お地蔵さまも、たっぷりの桜シャワーを浴びて、春を満喫。このお地蔵さま、こちらのご住職に似ていると思うのだが、如何だろうか。

14-IMG_-2740.jpg
その14

15-IMG_-2752.jpg
その15

 色んな位置から眺めてみる。

16-IMG_-2700.jpg
その16

 再訪した時にはすでにミツバツツジは終わりを告げていたが、代わりに多くの花が見頃を迎えていた。石楠花もそのひとつ。

17-IMG_-2706.jpg
その17

 ユスラウメはひっそりと日陰で。

18-IMG_-2707.jpg
その18

 華頂窓から青もみじを覗いてみる。

19-IMG_-2725.jpg
その19

 まだ若葉が萌えだしたばかりで、青もみじまでには至っていない十牛の庭。こちらも今頃はもみじの新緑に覆われ始めているだろう。5月の連休は青もみじを求めて多くの人がやって来るに違いない。

20-IMG_-2734.jpg
その20

 石畳に落ちる影が長くなり始めた。独り占めをしていて気が付かなかったが、随分と長い間ゆっくりさせていただいていた。

21-IMG_-2651.jpg
その21

22-IMG_-2653.jpg
その22

 最後どこで記念写真を撮りたいかと聞いたら、このような場所だった・・・

23-IMG_-2762.jpg
その23

 すれ違いに年配のご夫婦が上がって来られたが、自分の好みに合わなかったのかどうか解らないが、直ぐに降りてこられた。私はまだこの石段ですったもんだで撮っているのに。

24-IMG_-2800.jpg
その24

 この若木が来年はどのくらいまで生長しているのかと想像すると、それもとても楽しみになる。昨年の紅葉には訪れる機会がなく、奔龍庭の様子や駐車場周辺がどのように整備されたのか知るよしもなかったが、少なくとも10本近くの桜が増えていた。今後こちらは桜の名所になると考えられる。次の秋には、今年こそは紅葉を見に来なくてはと気の早いことを考えているのだった。

 それにしても、この春の桜はどれくらい追いかけたのだろう?まだ終われる様子もない。行事も残っているというのに、早くしないと5月に入ってしまう。既に初夏の被写体を追いかけ始めた。
【2014/04/25 20:02】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«京都桜紀行 @真如堂 | ホーム | 吉田神社例祭 倭舞»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

行きたくなるでしょう?
そうなんです。今後は定番の場所にするつもりです。

桜記事は私も諦めました。
ぼちぼち、梅雨に入るまで掛かるかも知れませんくらいの勢いです。
【2014/04/26 20:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
しだれの満開も見られたのですね~。
これは見事。来年は行かねば、と強く思いました。
このお庭、これからどんどん魅力が出てきそうですね。楽しみです。

桜、現像が進みません~。
GW中も桜ですよ。もうヤケです(笑)
まぁ、冬も紅葉アップしてましたから、仕方がないですね(^-^)
【2014/04/26 00:15】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |