日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @真如堂
1-IMG_-8783.jpg
その1

 紅葉の時季ならば遅くとも7時までには入らないと、人が溢れる真如堂も、ややお天気の悪い桜の時期なら7時を回っていても充分だった。撮影は4月5日。天気予報や起床時の曇り空が急に晴れてきて、予定をしていなかったが大急ぎで山越えをしてしまった。

2-IMG_-8781.jpg
その2

3-IMG_-8780.jpg
その3

 五重塔を背景にしたいと思うのだが、あっという間に雲は出てくるし、桜が入ると場所が今イチだったりと、なんやかんやと手探り状態。よく考えたら、桜の時期に来たのは何年振りだろう?

4-IMG_-8787.jpg
その4

5-IMG_-8784.jpg
その5

 しかしまずはひと目見てここが真如堂であると解るとこからだな。

6-IMG_-8785.jpg
その6

7-IMG_-8789.jpg
その7

8-IMG_-8792.jpg
その8

IMG_-8792 - コピー-8のコピー

 しばらくすると嬉しいことに再び晴れ間が出て来た。今度こそチャンスを逃がさないように。

9-IMG_-8818.jpg
その9

10-IMG_-8820.jpg
その10

11-IMG_-8851.jpg
その11

12-IMG_-8791.jpg
その12

 ぴよちゃんもまろんもお花見に急に連れ出されてびっくりしていたが、満開の桜に大満足のようだった。

13-IMG_-8870.jpg
その13

14-IMG_-8872.jpg
その14

 枝垂れ桜を撮る時には再び曇ってしまって、非常に残念だったが、さりとて撮らずにはいられないりっぱな枝垂れ桜だった。
【2014/04/26 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«京都市消防音楽隊パレード @鳥羽水環境保全センター | ホーム | 京都桜紀行 @一乗寺圓光寺その2»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |