日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @背割り堤
1-IMG_-7834.jpg
その1

 桜の季節になると、必ず一度はニュース映像に紹介される背割り堤。木津川・宇治川・桂川が合流して淀川となる八幡市の三川合流地帯だ。昔は松の木が植えられていたが、松食い虫などの病気で枯れたため、市民が桜を植えたとのこと。堤に1.4kmにも及ぶ桜並木はそれはもう圧巻。

 一度は行ってみたいと思いながらやっと重い腰が上がった。撮影は4月2日。時間が取れて晴れ間があるのはこの日しかないと急遽予定を組んだ。陽が昇る前に到着したものの、すでに散歩を楽しみ人やもちろん撮影のために来ている人、かなり多かった。早朝に来ないと花見客で一杯になるのは知っていたので頑張って来たのに・・・

2-IMG_-7853.jpg
その2

3-IMG_-7860.jpg
その3

 しかしやはり陽が昇ってくると空の青さと淡い桜色がめちゃくちゃ綺麗だ。陽が昇る前に来て、朝日を待つと言うのがよさそうだ。

4-IMG_-7864.jpg
その4

 空の青さもいいが、河川敷の下草の緑もなんとも気持ちがいい。わんこを走らせているおじさんも、とても楽しそうだ。

5-IMG_-7877.jpg
その5

 歩道に陽が射して、桜の影が落ち始めた。

6-IMG_-7878.jpg
その6

 落ちているのは何も影だけではない。桜も花も・・・?桜の花は雀が蜜を吸った跡だ。太短い嘴ではメジロのようには吸えないのかも知れない。見る間にぼとぼと落ちてくるのだ。

   こらーっ!

7-IMG_-7880.jpg
その7

 まあ、いい。スズちゃんは放って置いて先に進もう。何処まで行っても桜の輝くトンネル。まこと、贅沢な空間だ。切りのいいところで、ちょっとひと休み。滅多にないことだが、朝食も摂らずに来た。こんなときはそれどころではないので。

8-IMG_-7920.jpg
その8

 さあ、端まで来た。これは見事な桜並木。写友さんのところで拝見したことはあるが、実際に見てみると本当に目が点になりそうだ。

9-IMG_-7936.jpg
その9

10-IMG_-7938.jpg
その10

 どこからどう撮ってみようかと考えあぐねながらゆっくり歩きながら帰ってきた。

11-IMG_-7947.jpg
その11

IMG_-7947 - コピー-11のコピー

 ふと桜の向こう側から現れた飛行機雲。思わず走り出した。首が痛くなるほど上を向いて何枚か撮って、大満足。最近の私の定番となりつつある桜と飛行機雲。もう少し機体が大きく見えたらそれに越したことはないが、空港に近くないと遙か上空をあっという間に飛び去ってしまう。

12-IMG_-7949.jpg
その12

13-IMG_-7959.jpg
その13

14-IMG_-7960.jpg
その14

15-IMG_-8008.jpg
その15

 何処まで行っても変わらない姿に、堤防まで上がったり下がったりしながら戻ってくると、さすがにもう人手溢れかえってきている。大阪方面に川面を見渡せば、またそれも違った風景に出会う。この広い空間がちょっといいかも。

16-IMG_-8021.jpg
その16

 最後、橋の上から振り返ってみた。濃いピンクの花桃がアクセントを付けてくれている。昨年の9月、台風18号はこの河川敷も濁流に飲み込んでいたはずだ。この遙か上流、桂川のもっと上流日吉ダムではその頃、何万㌧もの濁流を必死で防いでいてくれたのだった。流れ出た流木も必死に防いでくれた。もう限界ぎりぎりだったそうだ。渡月橋の流木を防ぐ板が一部破壊されたが、それくらいで済んだのはこの日吉ダムのおかげだった。そうでなければ嵐山一帯どころか市内のかなり広範囲が浸水したであろう。そう思うと、また違った想いがこみ上げる。

 ここから見える風景は平和でのどかな朝の姿だが、あの時はどんな泥川になっていたのだろう。植物たちは深く根を張って踏ん張ったのだろう。流されもせず花を咲かせていたセイヨウカラシナの姿も健気だ。その生命力に河川の力を見たような気がした。

17-IMG_0239r.jpg
その17

 この広い河川敷はまた、野鳥たちの楽園でもあった。
【2014/04/18 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«春の交通安全運動 @円山公園パレード編 | ホーム | 京都桜紀行 @京都府庁旧本館その2»
コメント
youpvさん、こんばんは。

あの時はびっくりしましたよ。
しかし、よく考えてみれば、
誰かに逢わない方がおかしいくらいの桜日和でしたね。
作られた寺社のお庭とはまた違う意味での、
素晴らしい桜並木に感無量でした。

ちゃりを担いでの遠出に、ようやく自信が付いてきました。
【2014/04/19 20:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは~。
先日はお会いしましたね。
この日と翌日が最高の状態でした(^^)
ここは青空に限りますので、最高に良かったです(^^)
【2014/04/19 20:40】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
ディープさん、こんばんは。

冗談抜きで、ほんまにここは野宿してもいいくらい、
早朝に行った方がよさそうです。
私ももう少し早い電車に乗ればよかったと思いましたよ。
染井吉野も管理さえよければ100年くらいは生きてくれますから、
この先数十年は見せて欲しい景色ですね。
【2014/04/18 23:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

皆さんの処で拝見ばかりで、
情報だけは入っていましたが、
実際にこの目で見たのは初めてです。
本当にここは圧巻だと思いました。
1シーズンに2回くらい訪れたい場所ですね。
【2014/04/18 23:19】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

早起きした甲斐があったと思うわ。
ほんまにどこからどう撮ろうかって、真剣悩んだから。
超広角と言うほどのものやないけど、24mmでも十分やった。
作られた庭園の桜ばかりやったから、
こんな広い空間の撮影は戸惑うよね。
【2014/04/18 23:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは〜
晴れた日の朝一に行こうと、思案している間に
タイミングを逸してしまいました。
来年は、野宿で日の出を待とうかな〜
こちらもソメイヨシノだったと思いますが、
この風景がいつまでも続いてほしいです。
【2014/04/18 20:35】 URL | deepseason #GCA3nAmE[ 編集]
見事な桜並木ですね!
私も未だ行ったことがありません。
平日のお天気の好い日の出前ですね!
来年あたりかな~(笑)
【2014/04/18 04:43】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
差し込む光がとてもきれい!

それにしてもすごいサクラのボリューム。
光 青空 花 影 グリーン 雲 どれをとっても 広角の威力抜群で 圧巻な桜の眺めやね。 
【2014/04/18 00:38】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |