日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @今出川同志社女子大キャンパス
1-IMG_-6379.jpg
その1

 今出川通り沿いに広がる同志社大学。今年も枝垂れ桜が咲き始めた。通りからよく見えるので、気になって仕方がないのだ。直ぐ横には八重の紅梅。

2-IMG_-6385.jpg
その2

IMG_-6385 - コピー-2のコピー

 いっぱい剪定をされていて、それほど大きな木ではないが、青空に向かって凛々しく立つ姿が立派だった。昨年、大河ドラマのヒロインだった新島八重さんゆかりの同大だが、八重さんは桜より梅の方が好きだったと言う話しも耳にしたが、それはきっとビジュアル的なことだったのだろう。

3-IMG_-6388.jpg
その3

 煉瓦造りの建物に桜がよく似合う。

4-IMG_-6395.jpg
その4

 それが青空ならなおのこと。

5-IMG_-6399.jpg
その5

6-IMG_-6402.jpg
その6

7-IMG_-6428.jpg
その7

8-IMG_-6442.jpg
その8

 紅枝垂れはまだもう少し早かったが、紅梅と枝垂れ桜が隣り合わせに並んで華を添えていたのが見事だった。

9-IMG_-9666.jpg
その9

 少し盛りを過ぎた紅梅だが、早春の最後の彩りを添えていた。

10-IMG_-6440_201404040917067bf.jpg
その10

 木々の隙間からすっくと背を伸ばした枝垂れ桜。観光客もキャンパス内までは殆ど入って来ないので、好き勝手にお花見をさせて貰った。来年もこちらにはまってしまいそうだ。

11-IMG_-9644.jpg
その11

 花が散ってしまわないうちにと、モンシロチョウが最後の蜜を味わっていた。
【2014/04/05 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«イカルの賑やかな食事風景 | ホーム | 祇園東 観亀神社お茶会 その2ポートレイト編»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

そうか、随分と傷みが激しくなっていたんですね。
とても綺麗な色でした。
本満寺の枝垂れを彷彿とさせてくれましたから、
蘇ったらうっとりするくらいに綺麗でしょうね。
【2014/04/05 23:29】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
しばらく見ないうちに、えらく傷みましたね、このしだれ桜。
もっと枝ぶりが良かったのに、病気にでもかかったのかもしれませんね。
剪定する理由はなさそうなので、おそらく枯れた枝を切ったのだと思います。
うーん、残念。ジェームズ館をバックに咲くしだれの勇姿、かっこいいんで好きなんですよね。
また枝ぶりを取り戻してほしいものです。
【2014/04/05 19:38】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |