FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @相国寺方丈から冷泉家
1-IMG_-6326.jpg
その1

IMG_-6326 - コピー-1のコピー

 相国寺境内に、新たに桜が植樹されていた。蓮池の傍だ。最近、あそこも庭園の工事をしていたと思ったら、そんなことだった。まだ若木で写真映えもしないが、ちょっとだけ撮って帰ろうとしてふと思い出した方丈。現在春の特別公開で拝観できる。何年振りかで入って来た。方丈にはこのような1本桜があるのだ。正確には裏方丈の庭園になる。
 建物内は撮禁だが、庭園は大丈夫。

2-IMG_-6318.jpg
その2

 直ぐ右下には源平咲きの八重の梅があるが、さすがにこの時期にはとうの昔に盛りを過ぎている。

3-IMG_-6319.jpg
その3

4-IMG_-6322.jpg
その4

5-IMG_-9623.jpg
その5

6-IMG_-6335.jpg
その6

 たった1本で、代わり映えのしないアングルでしかないが、青い空があったので桜色が余計に綺麗だった。

 続いて回ったのがこちら。相国寺まで行くのならここは通るべきルート。

7-IMG_-6358.jpg
その7

 ちょうど信号の合間に車が途切れた。不思議な場所だが、和歌の冷泉家はここになる。

8-IMG_-6363.jpg
その8

IMG_-6363 - コピー-8のコピー

9-IMG_-6366.jpg
その9

10-IMG_-9630.jpg
その10

11-IMG_-9634.jpg
その11

12-IMG_-9635.jpg
その12

 こちらも1本桜で、背景が同志社大学という不思議な眺め。歩道を通る人は殆どが立ち止まって、この見事な桜を眺めたり写真に収めていく。自転車の人もわざわざ停めていくのだった。
【2014/04/03 00:00】 2014桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«祇園東 観亀神社お茶会 その2ポートレイト編 | ホーム | 京都桜紀行 @鴨川探訪»
コメント
torimyさん、おはようございます。

煉瓦造りの建物って、結構季節の花が似合うよね。
桜はその中でも楽しみのひとつやねんけど、
余所さまの敷地に入るのは勇気がいるわ。
でも一度やってしまえば、次からはもう大丈夫。
そのうち顔パスにして貰おうと思う・・・(笑)
【2014/04/04 08:18】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、おはようございます。

あの辺りは最近工事が続いていますね。
たまに行くとあれ?と桜を見つけて嬉しかったです。
同女の桜はかなり勇気を振り絞って声を掛けました。
来年も行ってみたいです。
【2014/04/04 08:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
同支社 不思議な眺めといえばそんな気もするけど 
妙に赤れんがにマッチするところがなんともねぇ・・・趣があるわ。
【2014/04/03 22:11】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
相国寺も桜が植わりましたか。
ちょっと通わないうちに、いろいろ変わっていますね。
同志社もいろいろ建物がたちましたが、
冷泉さんの桜だけはずっと変りませんね。
私もこの間、タクシーの窓から撮影しましたよ(笑)
【2014/04/03 00:57】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |