日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @洛南東寺
1-IMG_-9875r.jpg
その1

 夜に入ってから降り出した雨は、夜中にはみぞれ混じりになった。夜明けにはまだまだ時間のある早朝、薄暗い外を見ると何となく屋根も白い。この様子だとかなり南まで降っている様子。みぞれだが、ちょっと行ってみようか・・・ 目的地は東寺。撮影は2月8日。この日も仕事だったが、普段より少し遅くからの業務なのでなんとか出かけられるだろう。まだ暗い中家を出た。

2-IMG_-9876r.jpg
その2

 東門前のバス亭を降りたが、まだ辺りは薄暗く、みぞれも降り止む気配はなし。まあ、それはそれでいいけど。乾いた雪なら傘なしでもいいが、みぞれはそうはいかない。重たくなる傘を持ちながら門をくぐった。

3-IMG_-9878r.jpg
その3

 お堂にはまだ灯りが灯っている。そうか、夜の間、もしくは明け方のお勤めには明かりが灯されるのかと思ったその時、次の瞬間にはこの明かりが消えた。なんとまあ運のいいこと。

4-IMG_-9881r.jpg
その4

 お堀ではマーさんたちが既に活動中。雪降りを気にする様子もない。

5-IMG_-9887r.jpg
その5

6-IMG_-9895r.jpg
その6

IMG_-9895r - コピー-6のコピー

 3月も終わりになれば見事な枝垂れ桜が見られるこの場所も、今はどんよりとした灰色の空。

7-IMG_-9898.jpg
その7

 少し明るくなっていたように感じる。大きな楠の木の下は、雪も寂しい。

8-IMG_-9906.jpg
その8

   観音さま、寒くないですか

   ええ、少し、ね。まさかまた雪に降られるとは思いませんでしたよ。
   この冬2回目ですから・・・

 1月、大雪の降った時、東福寺でご一緒したご夫婦の方が、東寺の雪を撮ってきたと話されていたのがとても羨ましくて、この冬、もう一度南まで降ることがあれば、他を差し置いてでも行きたいと手ぐすね引いて待っていたのだった。泉涌寺の坂道が真っ白になっているのも見たいことは見たい。だが、街の真ん中にある東寺が雪化粧をする可能性はかなり低い。こちらを優先してしまった理由がそれだ。

9-IMG_-9924.jpg
その9

 お不動さまの前では熱心にお経を唱える女性の姿があった。邪魔をしないようにそっとそこを離れる。

10-IMG_-9936.jpg
その10

 大師堂もまるで土砂降りの雨のようなみぞれの中だった。ここも3月の終わり、河津桜が綺麗な姿を見せてくれるだろう。

11-IMG_-9949.jpg
その11

 朱色が鮮やかなコガネモチの木。白い雪が入ることで、より一層朱色と緑が映えるようだ。

12-IMG_-9958.jpg
その12

 普段は非公開の、なんと言ったか、ちょっと忘れた・・・ こちらは前庭だけを少しだけ拝見しよう。そう言えば秋にはこの玄関先には大きな生け花が飾られていたように思う。

13-IMG_-9985.jpg
その13

14-IMG_-9987.jpg
その14

IMG_-9987r - コピー-14のコピー

15-IMG_-9995r.jpg
その15

16-IMG_-0020.jpg
その16

 雪は相変わらず降り続いている。カメラ共々ずぶ濡れだった。しかし念願の東寺の雪景色を見られたことで、テンションは高い。大満足で仕事に向かった。何故か1日の仕事はもう終わったような気分だったが。ま、気のせいだろう。

18-IMG_-0069.jpg
その17

 職場の最寄り駅を降りると、生け垣の山茶花がすっかり雪を被って、でもとても嬉しそうに見えた。

17-IMG_-0029.jpg
その18

 今日のおまけはこれ。東寺をでる寸前、こんなシニアの女性ふたりに遭遇。4車線の1号線は雪で路面が非常に滑りやすくなっていた。その幅の広い道路を横断歩道ではないところを斜めに渡って行ったのだった。音楽隊の安全コーナーでは高齢者の事故の特徴として、横断歩道のないところを渡って事故に遭うのだという。まさにこれだ。車にとっては迷惑な話で、事故に遭った人の家族にとっても悲惨な話。誰もが悲しむことは止めて欲しいものだ。
【2014/03/16 00:00】 2013-2014雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都桜紀行 @梅小路公園 | ホーム | 雪椿 @下鴨神社»
コメント
Katsu さん、こんばんは。

一休寺ほどのインパクトはありませんでしたが、
それでもテンションが上がりましたよ~

後1ヶ所しかありません。もう雪は無理っぽいですね。
【2014/03/17 23:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おお、東寺の雪景色も撮影されていましたか。
今年は南まで積もる雪が多くて、いろいろな選択肢があって贅沢な悩みでした。
私は今日の一休寺で今シーズンの雪景色は終了ですが、阿修羅王さんはまだあるのですね~。
ぜひ桜のころまでに出しきってください(^-^)
【2014/03/17 00:50】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
ディープさん、こんばんは。

はい、まだあります。もうここまで来ると、根性です(笑)
できればもう少し明るい時に撮りたかったですが、
出勤前なら仕方がないです。

そうそう、そう言う名称でしたね、
ありがとうございます。
【2014/03/16 23:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは〜
まだ、雪ネタがあったですね〜
雪が積った建物が美しいです。 でも
この風景も朝一番だけの儚いものと
なったのでしょうね。
ちなみに、「えっと」は小子房ですね。
【2014/03/16 20:36】 URL | deepseason #DdiHOXp.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |