FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

舞妓涼香 @粟田山荘
1-IMG_-8057.jpg
その1

 粟田山荘のお座敷・・・

2-IMG_-7227.jpg
その2

 祇園東の舞妓涼香さんの舞を見た。早春に相応しい裾に梅の花をあしらい、頭には梅花のかんざしを挿す。

3-IMG_-7266.jpg
その3

4-IMG_-7270.jpg
その4

5-IMG_-7271.jpg
その5

6-IMG_-7281.jpg
その6

 舞う時の眼差しと、笑った時の年齢相応の華やかさ、特に愛想のよい涼香さんはこのギャップが堪らない。では、もう少し。

7-IMG_-7986.jpg
その7

8-IMG_-7993.jpg
その8

9-IMG_-8000.jpg
その9

10-IMG_-8010.jpg
その10

 舞は「梅にも春」なのに、今年の春は少し遅れそうな寒さだ。

11-IMG_-8047.jpg
その11

 それでも床の間には満開の木瓜の花。淡い杏子色の花は、そこだけ春爛漫。

   梨花一枝春(りかいっしのはる)

 白居易・長恨歌の一部が御軸に仕立ててあった。その文字の通り、ここだけは春が訪れていた。

12-IMG_-8022.jpg
その12

 後半はぐっと雰囲気を変えて。この笑顔に思わず釣られてこちらも笑顔になる。涼香さんのファンならこの気持ちが解ると思う。

13-IMG_-8096.jpg
その13

14-IMG_-8119.jpg
その14

 どことなく、紗月さんに雰囲気が似ていないか?

15-IMG_-8156.jpg
その15

16-IMG_-8159.jpg
その16

 先日、二十歳になった。おめでとうございます。嬉しくて堪らないと仰る。何故かって?ま、それは解る人ぞわかること。

17-IMG_-8188.jpg
その17

   なんや、もう帰る(蛙)んか?

   だって、もうお開きの時間や

 井戸の上で蛙の親子が寂しそうにした。

18-IMG_-8220.jpg
その18

 出待ちを狙って。待っていたのは自分を含めていつもの常連たち。それを見てまた大笑いの涼香さんだった。今日もお疲れさまでした。

 ところで。。。

 粟田山荘と言えばホテルオークラが経営するお店だ。この時のお食事をちょっとご紹介。

IMG_-7975r.jpg
その19

 見ただけでは解らないこの美味しさ・・・ いや、冗談抜きに絶妙な美味しさだった。お銚子が1本、欲しいところだ。

IMG_-7977.jpg
その20

 ご飯はもちろん、春先らしくアサリの炊き込み御飯。折角のご飯が蒸気でべたつかないように、そこには穴が開いていて、すのこが轢かれた上によそおうという気遣い。味の濃い炊き込み御飯が多い中、私の舌でも大丈夫と言わしめたお味。

IMG_-7982.jpg
その21

 塗りのお椀、と言いたいところだが、多分メラミン樹脂だろう。お昼ご飯にそこまで上客ではないから。絵柄がとても綺麗で、スズメと笹のとても上品で繊細な絵柄だった。鯛の切り身が入ったお吸い物は微妙なお塩加減が絶妙。

IMG_-8016.jpg
その22

 お茶席の懐石料理をいただいた時のように、お茶とお菓子まで付いていた。柔らかいが弾力のある麩まんじゅう。う、これは私の大好物だ・・・ これもまずいメーカーもあるので、いくつも食べて自分の好みを探さなければいけない。

 で、この時のお食事の話をオークラの経営するレストランのマネージャーさんにした。仕事の帰りに、レストラン併設のベーカリーでちょっと買って帰ることがあるから。12月に異動になったばかりだという男性マネージャーさん。やはり粟田山荘の提供するお料理は、京都ホテル系列の中でも上位なので、と仰って喜んで下さった。
 烏丸ホテルのレストランも美味しいが、オークラのビアテラス、了以もお気に入りのお店。度々行けるわけではないが、職場の新年会などで利用することがあるので、また機会があれば参加したいと思う。
【2014/02/22 00:00】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«雪梅 @御所 | ホーム | 雪桜»
コメント
アラックさん、こんばんは。

涼香さんとの距離が近いのがよかったですね。
みんな譲り合って撮りました。
冷酒を別料金で頼んでいる人もありましたが、
飲んでからの撮影は手元が狂いますね。
お酒はまた別でゆっくりお料理を楽しみながらがいいと思います。
【2014/02/22 20:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

涼香さんだけで寂しかったですが、
きっと料金の兼ね合いもあったかも知れません。
場所も狭かったので、ふたりは厳しかったですね。
でもその分、濃かったですねぇ。
【2014/02/22 20:00】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

御軸と大降りの木瓜の花がほんまにいいなぁって思ったわ。
しつらいはほんまに大切よね。
食事が始まる直前まで、強いお香を焚いてはってん。
あれはちょっと、と思たけど。
【2014/02/22 19:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
素晴らしい笑顔をゲットですね、お見事バグースです。
食事も良いですね、お銚子一本、いや、アラック
いっぱい欲しいところです。
【2014/02/22 16:34】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
この日の撮影会は涼香さん一人だったのですね~。
その分密度の濃い撮影になったようで、笑顔が素敵だなぁと見入ってしまいました。
すっかり涼香さんとも顔見知りになったんじゃないでしょうか?(^-^)

粟田山荘のお料理、美味しそうですね。
この時間に見てはいけなかった・・・お腹が・・・(笑)
【2014/02/22 00:40】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
梨花一枝春
ボケの木訥とした枝ぶりは 春の茶掛けにぴったし。
エエ感じやね。
【2014/02/22 00:19】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |