日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

言祝ぎの日 慶びを祝う 舞妓とし夏菜
1-IMG_-8526.jpg
その1

 宮川町 齣屋さんの前で。

2-IMG_-8533.jpg
その2

 慶びを噛みしめるかのように微笑む。

3-IMG_-8574.jpg
その3

 嬉しいような、ちょっと寂しいような、そんな複雑な気持ちが入り乱れる。

4-IMG_-8583.jpg
その4

5-IMG_-8584.jpg
その5

6-IMG_-8588.jpg
その6

7-IMG_-8591.jpg
その7

8-IMG_-8597.jpg
その8

 あとには戻れない時を、

9-IMG_-8605.jpg
その9

10-IMG_-8610.jpg
その10

 今一度噛みしめる。

11-IMG_-8615r.jpg
その11

12-IMG_-8628.jpg
その12

 明日の自分はどのように変わるのだろう・・・

13-IMG_-8635.jpg
その13

14-IMG_-8638.jpg
その14

15-IMG_-8639.jpg
その15

16-IMG_-8644.jpg
その16

17-IMG_-8657.jpg
その17

 いいや、なにも変わりはしない。空気も空も、毎日昇るお日さまも。

18-IMG_-8672.jpg
その18

 明日からもまた精進するだけのこと。芸の道に終わりはないのだから。

   おめでとうございますm(_ _)m

 ほんのひとときではあったが、同じ時間を仲間たちとお祝いできたことがとても嬉しい。機会を与えて下さった方に感謝申し上げます。

19-IMG_-8559.jpg
その19

20-IMG_-8560.jpg
その20

 今日のおまけはこれ。名前は判らない。しかしよく見かけるかいらしい舞妓。私のお気に入りの子だ。はにかんだ笑顔と、幼い子供のように走り去る後ろ姿がめちゃくちゃかわいい。
【2014/02/04 20:16】 芸舞妓 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都雪景色紀行 @東山慈照寺 | ホーム | 京都雪景色紀行 @京都市美術館アオさんの池»
コメント
eiさん、こんばんは。

皆さんアップしたはりますので、
こればかりは遅くなるよりはと必死でした(笑)

おふたり、解りましたよ。
暗がりの中、声を掛けました。
だから写友さんたちも撮れたことと思います。
【2014/02/05 21:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おお、いっぺんにアップしましたね~
漆のこっぽり、撮られていましたね!
私は忘れてしまった(笑)

節分お化け、今年は8時頃でした。
お待たせしたのに残念でした。
愛ちゃんは玄関でお互いが気が付いたと言っていましたが?
【2014/02/05 05:30】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
かっちゃんさん、こんばんは。

ご訪問をありがとうございます。
あちこちでお逢いする方々ができてきましたので、
その中のおひとりなのでしょうね。
こちらこそ初めまして。
正面からの視線が実は苦手でして・・・
恥ずかしいのです、自分が(笑)

最後の彼女は小梅さんと仰るのですね。
ありがとうございます。
かわいいんです、理屈抜きに。
【2014/02/04 22:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
八坂神社で多分お会いしていると思いますけども初めまして~

夏菜ちゃん、違った視線からのショットまた格別です。
特に11がいいなぁ~と思いました。

最後の舞妓はんは、「小梅」ちゃんです。よろしゅうに!

【2014/02/04 21:01】 URL | かっちゃん #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |