日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @栂尾高山寺
1-IMG_-3020.jpg
その1

 先日の続きを。空が真っ青に晴れて気温も上昇中。多分。屋外の温度計は0度を現している。氷点下ではないと言うことは、急がないと陽が昇れば速い速度で溶けるだろう。しかしここまで来ればきっと間に合うと思う。国道沿いを頭上高く真城な雪もみじを眺めながら北上した。

2-IMG_-3022.jpg
その2

 表参道の石段を上がると、その先にリヤカーが1台。3人の人ががたごと必死に引き上げている。荷台には重たそうな灯油缶。高山寺で使う分なのだろう。やっと平坦な場所まで来てそれからは人力で運び上げられていた。人里離れた土地ならではの苦労を垣間見て、改めて創建当時の苦労が忍ばれる思いだった。

3-IMG_-3025.jpg
その3

4-IMG_-3026.jpg
その4

 石水院の門をくぐり、受け付けの処で先発隊と合流した。塀越しに見える真っ白になった屋根を見て、よし、とひとりほくそ笑んでしまう。

5-IMG_-3028.jpg
その5

6-IMG_-3029.jpg
その6

 昨夜の雪は、善財童子にとっても少し寒かっただろう。いつもと変わらぬ穏やかな表情。その前を通り廊下を折れたところで先のふたりが「がはは・・・(*^_^*)」と笑う。

7-IMG_-3046.jpg
その7

   その下品な笑いはなんとかならへんの?
   がはは・・・

 しまった。私も下品な笑いが出てしまった。そう、この景色を見たら笑いが止まらなかったのだった。もう最高の雪景色ではないか。ここまで雪が残っている状態は初見だった。

8-IMG_-3036.jpg
その8

9-IMG_-3033.jpg
その9

IMG_-3033 - コピー-9のコピー

 恐れていた陽射しはまだここまでは到達しおらず、少し薄暗い空間に雪もみじが白く浮かび上がっていた。

10-IMG_-3051.jpg
その10

11-IMG_-3058.jpg
その11

 陽射しが届くまでもう少し。わくわくどきどきする時間が過ぎた。

12-IMG_-3070-2.jpg
その12

13-IMG_-3078.jpg
その13

IMG_-3078 - コピー-13のコピー

 来た!他に人がいないのをいいことに、歓声を上げる我々は子供じみてはいたが、これほどまでに感動的な時間が今まであっただろうかと言うほどに感動していた。

14-IMG_-3082.jpg
その14

 強いて言えば、この色褪せた毛氈がもっと綺麗な赤い色だったらなぁと雁首を揃えてため息をついたが、それでもこの透かした雪もみじの見事さに消されてしまうだろう。案外真っ赤な方が合わないかも知れない。金色に近いほどに色褪せているから色目の調節が整っているようにも感じるのは自分だけだろうか。

15-IMG_-3083.jpg
その15

16-IMG_-3089.jpg
その16

17-IMG_-3107.jpg
その17

18-IMG_-3110.jpg
その18

19-IMG_-3112.jpg
その19

 山の端から射し込んだ眩しい朝陽があっという間に辺りを照らすようになると、一面きらきらした幻想の世界と変貌する。ライトアップした瑠璃の庭を、ご住職はこの世の極楽かと仰ったが、こちらもそれに負けぬほどの極楽の姿だと感じた。

20-IMG_-3120.jpg
その20

 お茶をいただいてひと休みしたら、このあとどうする?

21-IMG_-3121.jpg
その21

 この朝、私にはひとつの計画があった。ここまで来たのなら、もう少し行きたいところがある。それを話すと同じようなことを考えていた北山氏。バスの時刻表を見て考えよう・・・

 名残惜しくもう一度振り返ると高山寺を後にした。この続きはまた今度。三尾の雪景色、あと1回のお付き合いを。
【2014/01/26 00:00】 2013-2014雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«浜千鳥のひとり徒競走を見る | ホーム | 今日のおやつ»
コメント
shuさん、こんばんは。

この日、それほど気温は低くなかったんですよ。
ああ、でも0度ならやはり低い?
みんなテンションが上がっていて、
結構暑いくらいでした。
この景色を見たら、そうなると思いませんか(笑)
もう笑いが止まらなくて・・・

北山氏が以前のブログはもう更新しないと言うたはったんですが、
新しいのを開設したはるんでしょうか。
どんなのを撮らはったのか、見たいんですよねぇ。
【2014/01/28 20:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ほぉー、皆さんのところでたくさん京都の雪景色を
拝見していますが、こちらのは木々に積もった
雪の輝きというか繊細さが一味違うように
感じます。
やっぱり市内中心部と比べると気温が
ひとまわりも低いからでしょうかね。
綺麗です〜
【2014/01/28 17:37】 URL | shu #PBcfH1xE[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

陽が昇れば時間との勝負やしね。
積もったばかりの雪の綺麗なこと。
ええ年をして、えらい騒いでしもたわ。
綺麗以外、言う言葉はないんかいって、何回も言うてたんよ。
【2014/01/27 21:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ディープさん、こんばんは。

10日のことですか?
私もあの時は市内を回りましたよ。
いきなりのことで、あまり人のいない状態でしたから、
とても嬉しかったです。
見せ方の演出は難いですね。
そう言っていただけるとまた嬉しいです。
【2014/01/27 20:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
京都ならではの雪景色。
人の努力で咲かせられる花と違うから、そら歓声も上げたくなるわ。
陽が出てくればあっという間に消えてしまうから その瞬間の感動は格別よね。
【2014/01/26 23:17】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
こんばんは~
私も、先週の思わぬ雪の平日に行ってきましたよ。
渡廊下の向こうに童子さんが見えてきて、そして
更に奥に雪景色が広がっていく演出が素晴しいですね。
太陽が射し込んできた瞬間、キラキラ輝いているのが
最高ですね~
【2014/01/26 22:48】 URL | ディープシーズン #DdiHOXp.[ 編集]
eiさん、こんばんは。

地元だから行けるところですね。
それでも読むのは難しいです。
1回行けたので、あとはタイミングで行けたらいいかなと。
私も今年こそはと願う場所の多いこと・・・(--;)
【2014/01/26 20:37】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

いやぁ、ほんまに笑いが止まりませんでしたね。
独占状態でしたもん。
高山寺であれだけ見事な雪景色は初めてでした。
早く拝見させて下さいね。楽しみです。
【2014/01/26 20:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
いや~、好い景色でしたね!
未だに此処へは訪ねていないのです(笑)
今年こそはと毎年々思いつつ・・・

今年こそは!
【2014/01/26 15:38】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
ぐへへへ~、と笑ってしまいましたね~。
あの光景は本当に素晴らしかった。
我々のために、特別にしつらえてもらったかのような、
そんな錯覚にとらわれましたよ(笑)
私も近々高山寺のアップをしたいと思います!
【2014/01/26 11:22】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |