FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

東寺あれこれ
IMG_1792ポスター
京阪電車のポスター
 いつの頃からだろう、このポスターが京阪沿線の駅と電車に張り出されたのは。なぜか懐かしい気分になる写真だ。

 東寺の講堂、重要文化財内は撮影禁止。拝観料を納めて中に入ることはできても、決して写真は撮れない。大日如来を初めとする仏たちで構成された、立体曼荼羅を画像で手に入れようとすれば写真集を購入しなければならない。だからだろうか、講堂内に足を踏み入れた途端に、宝物の中に入ったような、欲しかった念願のものを手にしたような、そんな気分になる。
 
 いつもこのポスターを見ていた。いつかここへ帰っていく、そんなことを考えていた。
 キャッチフレーズに洗脳されたのかも知れない。なぜか懐かしいと感じた講堂内の仏たち。難しいことはわからない、立体曼荼羅。だが、私には心休まる場所だ。多数の人がいても大きな声でしゃべる人もなく、皆静かに仏たちを見つめ、そして祈りを捧げていく。それぞれの思いは違おうとも、願う心のの強さは同じだ。
 南の格子窓から柔らかな光が射し込み、床に反射して構内を下から間接照明のように照らしている。そのため仏たちの顔がよく見える。ポスターに書かれていた言葉が甦る。

   あの日、私は仏像ににらまれていた。
   お堂の中を右へ左へ動いても目が合ったまま。
   泣きそうな私に、父までこわい顔で言う。
   「仏像はな、ウソもちゃんとお見通しやぞ」

   いま私にとって、仏像はやさしい。
   父のように、こわい顔の向こうにやさしさがあることを
   知っているから

     ・・・・・

 仏像たちの表情はなにもここの像だけでなく、みな厳しい顔をしている。人々に救いの手を差し延べるはずの仏たちが、なぜこのように厳しい表情なのか。決して笑みを浮かべることのないその口元。だが、人はそこにひれ伏し集う。何故か。それはただでは救済してもらえないことを知っているからだ。常に心に戒めを持ち、日々信心に勤めよと思っているからだ。

 ひんやりとした空気は時間を止めている。外界と内との時間の流れを隔て、この構内の空気だけがしんとした空間を構成している。仏に向かってじっと黙って座っていると、心がふっとどこかへ連れて行かれる。我を忘れて放心状態となるのだ。そこには時間の流れはなく、また邪心もない。
 時折そよと吹き込んでくる風が、生きている自分を思い出させてくれる。そう、自分は生きているのだ。太古の昔から受け継がれてきた命をこうして再び与えられ、生かされている自分がここにいる。どんな役割を果たさんと生まれてきたのかは、今現在でもわからない。きっと死が私に訪れる時が来ても、多分悟ることはないだろう。だが、人は皆、それぞれに役割を持って生まれてきている筈だ。誰かのために。それを忘れて何もかも悪いことを世間が悪い、他人のせいだと、自分の行いの責任を果たそうとしない、悲しい人間が余りにも増えた。
 仏の厳しい顔は、そんな人の行いを怒り悲しんでいるようにも見える。

IMG_5779講堂正面
講堂正面

IMG_5786講堂裏
講堂裏

 じっと仏の顔を見つめると、日頃の慌ただしい生活、仕事のストレス、それら全てが夢のように感じるひとときだ。再び現実へと帰らねばならない。私は生きているのだから。

IMG_5797大師像
修行大師像
IMG_1751毘沙門天その2
毘沙門天
 私には何かを信仰するということはないのだが、この厳しい表情の毘沙門天、昨日安産祈願の信仰と書かせて頂いたが、この口元をよく見ると「私に任せなさい」とでも言っているかのように思えてしまった。昨日は写真を整理する暇もなく記事を書いたので、こんなアップで撮ったのがあるのに気づかなかった。

IMG_5806東寺餅

IMG_5825東寺餅
東寺餅
 今日のおまけはこれ。東寺さんと言えばこの東寺餅。東寺御用達のお店の名物。こしあんをとても軟らかい羽二重餅で包んだお餅だ。観光客のこの男性、多分知らなかったのだろう。私がやっぱりこれにする、と注文すると、彼も購入していた。
【2008/02/12 23:25】 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«お知らせ | ホーム | 毘沙門天 in 東寺»
コメント
ひげさん、こんばんは。
お帰りやす。疲れを取るにはやっぱり温泉ですか。いいものです。
【2008/02/13 23:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃんこんばんは・・・・。

今日は何も考えずのんびりドライブと温泉にいってきました。

生き返ったぞ・・・・。
【2008/02/13 22:22】 URL | ひげ #-[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
仏様を見るのに余計な説明は確かに不要ですね。生い立ちは簡単に説明したとしても、自分が思うように感じ取りたいものです。
【2008/02/13 21:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。
毘沙門天さま、とても喜んで頂けたようですね。私としてもレポートできてよかったです。トリミングして載せようとしたら、ちゃんとアップで撮ったのがあったので載せました。破顔で毘沙門天さまを連れて帰るBakoさんが目に浮かぶようでした。
【2008/02/13 21:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
7月 うすぐらいなかから みたね。 ほんと。説明の人の声いらなかった 黙って みたかった で、 外の蓮の花を みてまわりました。
【2008/02/13 13:10】 URL | 小紋 #-[ 編集]
あーちゃん!
私はそんな深く考えたこと無かった。
そ〜かぁ(大きく息をしたの)
な〜んも考えずに・・・仏像(見て)拝んでました。
アップの毘沙門天さま
今夜も連れて帰ります。
後日UPしますけど「東寺」の毘沙門天さま
思い入れがあるんですよ。
あーちゃんにお願いしてほんとうに良かった!
ありがとね。
【2008/02/13 00:33】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |