FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @高雄神護寺その1
1-IMG_-2715.jpg
その1

IMG_-2715 - コピー-1のコピー


 前日の雪も止んだようで、早朝東の空には細い月と隣にいるのは誰だろう?金星か木星か?ちょっと調べておくのを忘れていた。撮影は12月29日。

2-IMG_-2720.jpg
その2

 それほど晴れ渡った朝なのに、まさか雪が降っていたとは。前日とは大原に出かけた雪の日のこと。翌日雪が残っていたら、行けなかった所へもう一度行こうかと、まだ暗いうちからライブカメラとにらめっこ。出撃の準備は既に整っている。少しずつ明るくなって来た時に確認が取れたのが高雄だった。こうなれば大原はパス。こちらに行かなくては。

 なんとかぎりぎりで始発のJRバスに滑り込んだ。トレッキング風のシニアたちと、若い男性が前の席にいる。彼も神護寺だろうか、と考えて気を抜いていたらボタンを押す様子もなく、直前で慌てて降車ボタンを押した。ここで下車したのは自分だけだった。

3-IMG_-2727.jpg
その3

 年末のお休みに入ったのに、案外人もいなくてちょっと拍子抜け。早朝、確かに雪の朝に遠くからは時間も掛かる。でも人がいないのは有り難いと思いながら、滑りやすくなっている坂道を下った。向かいの山も雪が付いた枝が重たそうで、モノクロームの世界へ変貌している。

4-IMG_-2730.jpg
その4

 橋を渡っても誰とも逢わない。しかし石段の下に見知ったチャリが縛り付けてあるのを発見した。

   うわ、もう来たはるんや・・・ 早っ

5-IMG_-2735.jpg
その5

 途中で馴染みの(?)お地蔵さまにも挨拶をして、寒い中でのお勤めをねぎらう。毛糸の帽子も被らせて貰っているが、雪で濡れてしまっている。

   頭が寒うないですか(>_<)

   じ、実は・・・ 寒いです・・・

 そうだろうとも。いつも見守っていただき、ありがとう。

6-IMG_-2743.jpg
その6

 渓谷を挟んだその向こうに、寒そうに縮こまる建物。

7-IMG_-2745.jpg
その7

 タヌキさんにも朝のご挨拶。

8-IMG_-2752.jpg
その8 

9-IMG_-2754.jpg
その9

 そしてようやく見えて来た仁王門。おや、お天気がいいので陽射しが当たってきている。紅葉の季節もいいが、雪もみじはまた風情がある。これは期待できそうだ。

10-IMG_-2759.jpg
その10

 門をくぐって感嘆の声。足跡は端に寄って、気配りが図られている。

11-IMG_-2766.jpg
その11

12-IMG_-2772.jpg
その12

 私も端の方を歩いて、足跡が残らないように。それから後ろを振り向いて、再び感嘆の声。綺麗としか言いようのない景色にため息が出る。

13-IMG_-2778.jpg
その13

 倒れかかったような松の木、雪が積もるとこれが気になってしようがない。何となく琴線に触れるのだ。石段を上がってまず見下ろそうと視線を上げると、石段の上によく知っている姿が、おおいと私を手招きする。

   早よう、早よう!

 おはようの挨拶もなしに大急ぎで北山氏のところまで駆け上がる。

14-IMG_-2787.jpg
その14

 彼が指さす方向には、雪もみじの隙間から今まさに陽が射し込もうとしていたのだった。彼はこれを撮るために朝イチで上がってきたのだった。

   綺麗やなぁ・・・

 シャッターを切りながら何度も同じ言葉ばかりが出る。

15-IMG_-2790.jpg
その15

 何処を見てもやっぱりため息ばかり。この冬やっと2回目の雪景色は、こうして始まった。

   やばい、屋根の雪が既に落ちかけてるがな・・・

 この続きはまた今度。
【2014/01/21 00:00】 2013-2014雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«エナガその2  | ホーム | 京都雪景色紀行 @大原寂光院その2»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

溶け始めるのが案外早かったですね。
慌てました。
ぎりぎりでしたが、雪上がりの晴天は最高でしたよ。
御陰でここを出るのが遅くなりました。
【2014/01/21 22:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

紅葉が見事な場所は、雪景色もいいんです。
だから行くところは決まってしまいますけど、
知っているところだからこそ雪景色も堪能したくなりますね。
今夜も荒れるお天気になりそうですが、
さすがに市内までは難しそうです。
【2014/01/21 22:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

この季節は毎日天気予報とにらめっこですよ、マジで。
お休みと冬型の気圧配置が重なるようなら、
いつでも出撃できるようにしておきます。
年末のお休みに入った時で、
本当にいいタイミングでした。
【2014/01/21 22:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

きっと風向きにも原因があったのでしょうが、
境内はちょうどいいくらいに白くなっていて、
滑りやすい石段になかったのは有り難いです。

先日の大雪は、この周辺の様子を確かめる暇もありませんでしたが、
バスは上がれても、雪かきが終わるまであの石段は厳しいですね。

【2014/01/21 22:16】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

この光、絶妙なタイミングやってん。
狙って行ったわけやないけど、
めっちゃきれいやった。
【2014/01/21 22:11】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
私が行きそびれた神護寺、堪能させてもらいました。
なるほど、この朝日が神護寺を照らしたわけですね。
うーん、素晴らしい(^-^)
大屋根の雪が落ちかかっているところを見ると、私が西明寺に行かずに神護寺を目指しても、時すでに遅し、だったでしょうね。
【2014/01/21 20:32】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
桜も紅葉もいいけれど 雪はまた格別ですね。
白い世界 堪能です。
今日は 雪が少し降りましたというか 少し落ちました。
【2014/01/21 20:19】 URL | 小紋 #-[ 編集]
好いタイミングでしたね!
年末でしたか、私はこの時は彦根城しか思い浮かばなかった(笑)
次回は逃さずに・・・!?
【2014/01/21 12:17】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
おはようございます~。
これくらい積もってくれると
撮り応えがありますね。
こんなに積もっているのに
石段下は雪がない部分があって
なかなか興味深いですね。

19日のタイミングでは降り過ぎと
積もり過ぎで訪れること自体が
危険だったかもしれないですね。
【2014/01/21 06:54】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
何とも絶妙な光のとらえ方。
めった綺麗やん。
【2014/01/21 00:09】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |