日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @大原三千院
1-IMG_-2193.jpg
その1

 昨日の続きを。いよいよ本編。年末のお休みに入った途端、疲れが出て少し寝過ごしてしまった。前夜、雪になりそうだと言うことで出かける準備もしていたのに。始発のバスには間に合わなくて、次のバスで大原へ。

2-IMG_-2184.jpg
その2

 春には菜の花が咲く畑も、今はすっかり雪を被っていた。

3-IMG_-2191.jpg
その3

 参道の途中にあるピラカンサもすっかり雪化粧。

4-2195.jpg
その4

 やっとたどり着いた。既に開門している時刻なのは判っているのだが、果たしてどのくらいの人が開門と同時に入ったのか、それが気になる。

5-IMG_-2205.jpg
その5

 朝のお勤めの読経が響く中、奥へと入って行く。よかった、殆ど先客はいない様子。ここまで来ると、見知った方の横顔が見えた。邪魔にならないよう、小さな声で朝のご挨拶をする。あちらはご存知ないが、私はよく存じ上げているし。以前、お話もさせて頂いたこともある。とても久し振りだった。
 そこへ息せき切ってやって来た写友さん。ま、みんなチェックすることは同じだから。

6-IMG_-2208.jpg
その6

 静かな水面は水鏡。

7-IMG_-2210.jpg
その7

 だが、時折粉雪が静かに舞い降りてくる。

8-IMG_-2219.jpg
その8

 ガラス鏡も忘れずに。

9-IMG_-2230.jpg
その9

IMG_-2230 - コピー-9のコピー

 代わり映えしない定番中の定番。ここで問題発生。向こうから数人の男性たちがやって来たのだ。新聞かTVの取材のようだ。過日の神護寺での出来事がoverlapする・・・ 

10-IMG_-2253.jpg
その10

 しばしやり過ごすとしよう。

11-IMG_-2255.jpg
その11

 誰も歩いていないうちに降りて行く。

12-IMG_-2256.jpg
その12

13-IMG_-2260.jpg
その13

 そして振り返る。

14-IMG_-2272.jpg
その14

15-IMG_-2288.jpg
その15

 この辺りからの眺めも静かな雰囲気を感じる。

16-IMG_-2292.jpg
その16

 うっすらと青空が出て来た。

17-IMG_-2298.jpg
その17

18-IMG_-2304.jpg
その18

19-IMG_-4882.jpg
その19

 色のない世界に、不意に現れる朱色の観音堂と朱塗りの橋。

20-IMG_-2360.jpg
その20

 再び有清園に戻って来た。ここでも水鏡が白い屋根を映し出していた。

21-IMG_-2363.jpg
その21

 大好きな白椿を愛でて、

22-IMG_-2365.jpg
その22

 お地蔵さまにお暇のご挨拶。

23-IMG_-4916.jpg
その23

   もう帰るのですか、もうちょっとゆっくりすればいいのに・・・

 いやいや、雪が溶けてしまう前に回ってこなくては。

24-IMG_-2367.jpg
その24
 
 雪原へと姿を変えている苔むした杉木立を振り返って、名残を惜しんだ。

25-IMG_-2384.jpg
その25

 やっと綺麗になった未明橋を渡って、次の訪問地へと進んだ。

 この続きはまた今度。
【2013/12/30 00:00】 2013-2014雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«迎春準備 @伏見稲荷神社 | ホーム | 京都雪景色紀行 @大原序章»
コメント
・のび・さん、おはようございます。

京都は何処に雪が降っても画になるのが嬉しいよね。
特に鴨川には降って欲しいなぁ。
雪被りのユリちゃんや、アオさん、こんなコレクションを増やしたいから。

二日続けて凍り付いた道を歩いたら、
私も太腿が筋肉痛や・・・ 情けないわ(^^;
【2013/12/30 08:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、おはようございます。

市内は直ぐに溶けてしまいますが、
滋賀なら日中でも大丈夫でしょうね。
雪の降る花街も撮ってみたいですね。
いかにも京都らしい。
【2013/12/30 08:47】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、おはようございます。

雪国の人にとっては見るのも厭やろけど、
街に住むものにとっては貴重な雪なんよねぇ・・・
手入れされたお庭もええけど、
里山の雪景色もええよねぇ。
【2013/12/30 08:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雪はやっぱり絵になるね。
こちらは慣れない膝までの雪山歩きで
体中痛いんだけど・・・
【2013/12/30 06:48】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
やっぱり、と云うか当然と云うか(笑)
一瞬、迷ったのですが多分皆さんが行かれる事を予想して、
そこで拝見すれば良しとしよう! なんて独り言を言いつつ、
私は別の場所へ。忘れた頃アップします(笑)

今年も何かとお世話になりました。又来年も益々撮影に繰り出しましょう!
【2013/12/30 05:54】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
ありゃ
なんと絵になる大原雪景色!
まさに枯れ木に花を咲かせる状態で美しい。

【2013/12/30 00:24】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |