FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

雨の芬陀院でお茶を
1-IMG_-1415.jpg
その1

 昨日の続きを。光明院を出て、行きたかったのはこちら。別名雪舟寺の芬陀院。初夏の頃は必ず行くのだが、今年は行きそびれた。そのあとも東福寺方面へ行くことが叶わず、結局年末近くになってしまった。
 こちらは紅葉の名所でもないが、こちらの奥さまとは仲好しで、折ある時には顔を出すようにしている。

2-IMG_-1397.jpg
その2

 土砂降りの雨はまだ止んでいなかった。白砂を敷いた南庭鶴亀の庭はまるで海のような水溜まりになっていた。雨が止んで水が引いたら線を引き直さなければと、ため息をつかれていた。

3-IMG_-1403.jpg
その3

 派手さはないが、こちらの白い山茶花が綺麗に咲き出している。土砂降りの雨も、この清楚な山茶花の美しさを損なうことはない。枝振りは短く刈り込んであるが、本当にぎっしりと花を付けるのが見事だ。

4-IMG_-1404.jpg
その4

 雨の夕暮れ近くだというのに、ぽつりぽつりと訪れるお客。ここに来られる方は決して騒いだりしない。静かに縁側に座っておしゃべりをすることはあるが、気になるほどではない。寺宝に目を配り、ほうっと感嘆の声を上げる人もあるが、それも気になるほどではない。この日は外国人の男性がじっとお庭を見つめておられた。

5-IMG_-1409.jpg
その5 

 そんな静かなお庭を見ながら薄茶をいただく。って、画像は?う~ん、ケータイの中・・・ 

 あちらこちらでお茶をいただくことも多いのだが、こちらで出されるお茶はとても美味しい。ここと、高山寺(自家茶園で作った茶葉を使う)の薄茶がとても美味しいと思っている。お茶を扱っているお店でいただくのは美味しいに決まっているので、こうしたお寺の御接待でいただくお茶が美味しいのはとても嬉しい。あと一ヶ所、美味しいなぁと思ったところがあったのだが、どこだったか。

6-IMG_-1411.jpg
その6

7-IMG_-1412.jpg
その7

 雨はまだ止まない。しかし北側は雨の湿気がよく似合う。よく見てみると、肝心の石灯籠も手水鉢も撮っていないような・・・

8-IMG_-1418.jpg
その8

 開かれた障子の気持ちの良さ。開け閉めするために手をかける部分には障子紙の間に植物の葉が挟み込んである。これが好きな人の多いこと。奥さまの趣味の良さを思わせる。

9-IMG_-1421.jpg
その9

 手洗いに使うわけではないが、こうした手水鉢にさりげなく生けられたお花が目を引く。必ず誰もカメラを向けているように思う。

10-IMG_-1422.jpg
その10

 そしてこちらへ伺った用向きというのは。綺麗な木の実が手に入ると溜めておき、こちらへ持って来るのだ。今回はソテツの赤い実が手に入り、定番の白いナンキンハゼの実と、うちのベランダで実ったフウセンカズラの風船のような実をお供えさせて頂くことにした。あ、そうそう、バス亭の横に落ちていた、真っ赤なハナミズキの葉っぱも拾ってきた。
 随分と喜んで頂いて、お正月に飾らせて貰うと仰る。葉っぱだけは早速使うとのことだったが。大晦日、年越しの準備が整ったら出すとのこと。お正月元旦から拝観できたはずだ。もしも行かれた方があれば、これらを目にすることになると思う。そしてまた、今日は追加でまた持って行ってきた。あちら方面に用事があったので、合間に大急ぎで行ったというわけだ。内訳は、まだ緑色のセンダンの実と赤やオレンジ、黄色に染まったフウの葉っぱをたくさんとその実を少し。これは岡崎公園で拾うことができた。

 これらのお飾りの内容を覚えておられる方も多いそうで、増えた時にはそう仰るそうだ。もちろん、写真を撮って行く人も多い。来年、年明けにはまたお年賀のご挨拶にも伺うが、どんな風に飾って頂けるか楽しみだ。

【2013/12/05 00:00】 神社仏閣 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«鴨川パトロール ヒドリちゃん、でんぐり返しをするを見る | ホーム | 京都紅葉紀行 @東福寺塔頭光明院»
コメント
Katsu さん、こんばんは。

この秋も混雑ぶりは半端ではなかったですね。
ここで座っていると、外の喧噪が遮断されてほっとします。

【2013/12/06 22:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今年の秋は芬陀院に訪れる時間がありませんでした・・・。
東福寺のおそろしい人混みにまかれ、かなりへたばりましたので、癒されに行けばよかったなぁ。
光明院は1日の朝に行ってきましたが、東福寺へ向かうと、門の幅と同じ幅で券売所から人の帯ができていましたよ(^_^;)
【2013/12/06 00:15】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
たーやさん、こんばんは。

ちょっとブレイク、ってところでしょうか。
本当にここが好きで訪れるリピーターも多いようです。
そやから、飾り物には気を使うって・・・(^_^;)
【2013/12/05 21:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、お疲れさん。

奥さんも言うたはった。もう冬みたいやって。
もみじは綺麗にならないうちに枯れて落ちてしもたって、
残念がってはったしね。
紅葉の名所やないから、
常緑樹が多いわ。
【2013/12/05 21:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは!
意外な芬陀院にコメント。
秋模様から離れてのここ。
やりますね~
たぶん人も少なかろうに。

こういうイレギュラーな訪問は、
真の京都を知ることも多い。

ナイスです。
【2013/12/05 02:31】 URL | たーや #Rh7RHMEo[ 編集]
あら 今日は冬の緑?
常緑樹の景色か・・・・ 
こうしてみると常緑樹の生命力は計り知れない。
緑にもバリエーションもあるしね。
【2013/12/05 00:19】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |