FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @浄土寺真如堂その2
1-IMG_-1003.jpg
その1

 昨日の続きを。前日に引き続き、なんとか広々とこの坂道が撮りたいと思うのだが、なかなか・・・ この朝も数人の人が既に待ち構えている。境内では落ち葉を吹き飛ばして掃除中。僅かに砂埃が見える。みんな辛抱強く待ってみたが、前日と同じように散歩に来られた方が上がって行かれ、敢えなく撃沈・・・(ぶくぶくぶく)

2-IMG_-1012.jpg
その2

 大きくすると芥子粒のような影が入っている。

3-IMG_-1026.jpg
その3

 参道を上がる手前には、大きなフウの木が見事なくらいに赤く染まっている。この木も結構お気に入り。

4-IMG_-1042.jpg
その4

 1日違えば、光の射し込み加減も随分と違う。

5-IMG_-1053.jpg
その5

 ふと気が付くと前には誰もいない。端に小さく人がいるが、何とでもなりそうだ。その瞬間、猛ダッシュで走り出した。この機会を逃しては、またいつ人影が切れるか解らない。灯籠の影に、中年の女性の姿が入る。望遠で上の方を狙っているようだが、上手くいけば去ってくれるかも知れない。

6-IMG_-1057.jpg
その6

 ふと横を見ると、朝イチで一緒に並んで居た若い男性も来ていた。私が走り出したので察知したようだ。おばさんが退いてくれるのをじっと待ったのだが、気が付いているのかいないのか、灯籠の脇に小さくなってくれたが、そこでも入るのだよ。彼とふたり、再び大きくため息をついた。おばさんさえいなかったら・・・ 苦笑いするしかなかった。構えている我々に気が付いて、ささっと通り過ぎてくれたおじさんには小さく会釈して御礼を示した。

7-IMG_-1064.jpg
その7

 暗がりに入っているのを撮ったものの、これ以上は諦めよう。本当にいいタイミングだったのにと、悔しくて堪らない。

8-IMG_-1070.jpg
その8

9-IMG_-1071.jpg
その9

 こちらの方なら殆ど通る人はいないのだけど。

10-IMG_-1074.jpg
その10

11-IMG_-1077.jpg
その11

 塔の脇から上がっていくと猫さんの姿。声を掛けたのだが、ちらっとこちらを見て急ぎ足で消えた。

12-IMG_-1080.jpg
その12

 あ、いい感じに陽射しが入って来た。

13-IMG_-1087.jpg
その13

14-IMG_-1109.jpg
その14

 ここでも眩しい朝陽が射し込んできている。黄色のもみじが文字通り金色になっていく。

15-IMG_-1110.jpg
その15

 では本堂の周囲を回ってこよう。で、本堂の曲がり角で、ロープの中に入って行くおばさんがいた。立ち入り禁止のロープをまたいでわざわざ入って行って、そこで記念写真を撮るところだった。

   そこは立ち入り禁止でしょう?ロープが張ってあるし・・・(--;)

 おばさんはバツ悪そうな顔をして出たが、どうも日本人ではないようだ。後ろで中国語が聞こえた。

16-IMG_-1120.jpg
その16

17-IMG_-1124.jpg
その17

 こんな額縁も悪くない。

18-IMG_-1130.jpg
その18

 ふむ、光と影のコントラストが変わり映えもしない光景だが、やはり色合いがいい。

19-IMG_-1141.jpg
その19

20-IMG_-1143.jpg
その20

 生花店の店先には色とりどりの小菊や外来種のスプレー菊がたくさん並ぶが、この清楚な白い野菊に勝るものはないと思う。

21-IMG_-1159.jpg
その21

 ふと空を見上げると、幾筋もの飛行機雲。ムチで叩かれたように見える。空がちょっと痛々しかった。

22-IMG_-1171.jpg
その22

23-IMG_-1180.jpg
その23

24-IMG_-1191.jpg
その24

 そろそろ行こうとしたのだが、やはりこの色に後ろ髪を引かれてしまった。ベタな紅葉のポイントだと思っていたが、こうして2日も通うとやはり毎年行きたくなるビューポイントだとはまってしまった。

25-IMG_-1163r.jpg
その25

 今日のおまけはこれ。不快ついでに、典型的な中国人。なんでこのような場所でそのようなポーズで写真が撮りたいのだろう。私にはどうして理解できない。いや、解りたいとは絶対に思わないけど。
【2013/12/03 00:00】 2013紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«鴨川パトロール ヒドリちゃんびびるを見る | ホーム | 鴨川パトロール ヒドリちゃんのクロールで泳ぐを見る»
コメント
torimyさん、お疲れさん。

私も耐えられへん。
あの趣味の悪い色とデザインの服と、
うるさい話し声。
一般でもそやから、政治家なんて、もっとウザイ。
【2013/12/04 21:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
地球的レベルで語れば圧倒的多数やし あっちの親玉が言うてたな 前に。
世界が中国人に慣れればいいのだ・・・とかなんとか!
でも地球上どこにもそんな耐性を持った人なんかいてないわ。
山へ行ってもいるんだよ中国語! ああ ウザい。
【2013/12/03 23:20】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
雅堂さん、こんばんは。

月日の経つのは早いですよね。
そのうちぼうずくん、高校生になりますね。
年を取るわけだ・・・(--;)

コスプレ忍者ねぇ。でもそんないいものじゃないですよ。
みっともない姿です。
【2013/12/03 22:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。
京都は本当に紅がよく似合いますね。
上の子が小学生の頃から拝見させてもらっていますが、今は息子2人と京都の季節の移り変わりや名刹を楽しんでおります。
中国人、コスプレ忍者かと思ったν
【2013/12/03 21:38】 URL | 雅堂 #-[ 編集]
四郎勝頼さん、こんばんは。

彼らは人間とは別の生きものだと思いませんか。
同種にはして欲しくないですよ。
京都はもう穴場なんてないし、
JR東海が多すぎるほど宣伝するから、
負けまいとバスツアーを打ち出してくる旅行会社とのせめぎ合いです。
【2013/12/03 21:03】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

お参りをするところ言うても、
変なことさえしなければ、
普通に撮るくらいならバチも当たらないと思いますけどね。
【2013/12/03 21:00】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
大学時代、彼女と初めて見て、それ以来33年間魅せられています。昔は昼間でも三脚立てて家族写真撮っても、周りに誰も写ってなかったのに・・・
中国の人、絶対にどいてくれませんよね(苦笑)
【2013/12/03 08:00】 URL | 四郎勝頼 #-[ 編集]
ははは・・・最後は笑いましたね!
国民性だから仕方が無い。処が同じ中国でも
台湾の人は違いますね~ 特に今は経済発展とともに
文化とマナーも随分よくなっているようです。

話題がそっちへ行っちゃった(笑)
お寺は参詣する処、そう思うようには撮ることが出来ません!
ははぁ~、判ってはいますが、つい・・・ねえ~!
朝一番から待っているんだけど・・・(笑)
【2013/12/03 05:13】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |