日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @高雄神護寺
1-IMG_-2023.jpg
その1

 狙ったわけではなかったが、こちらの紅葉で初めて深い霧に包まれた朝に来てしまった。朝イチのバスに乗り、途中からどんどん霧が深くなるのをびっくりしながら窓の外を眺めていた。

2-IMG_-2031.jpg
その2

 通い慣れた長い石段。お地蔵さまにも挨拶をしてから、さあ、もう少しだ。

3-IMG_-2041.jpg
その3

IMG_-2041 - コピー-3のコピー

 そして霧の中に現れた仁王門。しかし、どうも雰囲気が違う。上空ではヘリコプターが旋回する爆音に、門の奥からは自家発電機の響きのような重低音・・・

   どひゃ~(>_<)

 テレビ局の取材だった。

4-IMG_-2045r.jpg
その4

5-IMG_-2052.jpg
その5

6-IMG_-2063.jpg
その6

 あっちをむいても、こっちを向いても乳白色の霧が渦巻き、流れて行く。

7-IMG_-2067.jpg
その7

 金堂へ上がる石段もこの通り。

8-IMG_-2069.jpg
その8

 いや、こちらの方がもっと深い・・・ この手前にカメラがセッティングされ、大きなひとつ目が仁王門方面へ向けて試し撮りの真っ最中だったのだ。全く、とんでもない日に来てしまったものだ。だが、考えようによっては、それだけこの朝が見頃になってきていたのだろうかと考え直す。ここを外して撮ればいいだけのことだから。

9-IMG_-2076.jpg
その9

 石段を上がっていく後ろ姿はご住職だろう。これから中継が始まるまで落ち着かない様子。

10-IMG_-2085.jpg
その10

 石段を昇りきり見下ろしてみる。好きな風景だが、広く切り取ると思いっきりテレビクルーとカメラが入る。

11-IMG_-2090.jpg
その11

 金堂を背景に場所を探していると、視界の端に先程のご住職。いつのまにやらその手にはニコンのデジイチが握られている。何枚かシャッターを切ったあと、こちらへ向かって、

   ここが綺麗になって来ていますよ

12-IMG_-2096.jpg
その12

 と、声を掛けて下さった。御礼を言うと、同じようなアングルで覗いてみたのだった。

13-IMG_-2100.jpg
その13

14-IMG_-2102.jpg
その14

 霧の中に、時折うっすらと陽射しが入る。その陽射しが蜘蛛の巣を浮かび上がらせた。

15-IMG_-2111.jpg
その15

 ここからは3色の色が交わって、賑やか。そうそう、ここまで来たら次はお不動さんにご挨拶せねば。煩悩がありすぎて、本当に困ってしまう。

16-IMG_-2120.jpg
その16

17-IMG_-2127.jpg
その17

 絶対に叱られると思ったが、お不動さんは紅葉と山茶花に見とれていて、私には気づいていなかったようだ。それはそれで、ちょっと悲しい気もする。

18-IMG_-2132.jpg
その18

 石段の下を凝視しているご住職。このあと女性キャスターが上がってきて、中継が始まったのだった。その間、ちょっと場所を移動しよう。

19-IMG_-2142.jpg
その19

 ふむ、ここのもみじは黄色だったか・・・ 朱色の柱に似合う。

20-IMG_-2151.jpg
その20

 中継が終わった頃、再び深い霧。中継車などがあって広く撮れないからいいが、本当に凄い・・・ こんな経験もたまにはいいものだが、来年は遠慮したい。

21-IMG_-2172.jpg
その21

 鳴滝川の谷間も、深い霧の中。

22-IMG_-2179.jpg
その22

 それでもゆっくり回っていると、やがて少しずつ霧も晴れてきた。

23-IMG_-2182.jpg
その23

24-IMG_-2191.jpg
その24

25-IMG_-2196.jpg
その25

26-IMG_-2202.jpg
その26

27-IMG_-2212.jpg
その27

28-IMG_-2223.jpg
その28

 ここまできて、ようやく明るい中で鮮やかな紅葉を楽しむことができた。この時点で既に石段は多くの人で溢れていた。

29-IMG_-2225.jpg
その29

 そう、こんな風に。あまりの多さに思わず撮ってしまった。

30-IMG_-2237.jpg
その30

 再び仁王門を振り仰ぐ。何度見ても圧倒される大きさと紅葉の似合う風景だった。次に来る時は多分、雪が降った時。その時はまた違った表情を見せてくれるはず。寒さも厳しい山の奥だが、毎年訪れたくなる。

31-IMG_-2242.jpg
その31

   なんや、もう帰るんか

   うん、もう一ヶ所行きたいしね

   そうか、気ぃつけて行きや 

 いつものことだが、本当に愛嬌のあるタヌキさんだ。

32-IMG_-2248.jpg
その32

 この欄干から見上げる紅葉も人気のスポットだった。

 この続きはまた今度。
【2013/11/30 00:00】 2013紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(11) | Page top↑
«京都紅葉紀行 @槙尾西明寺 | ホーム | 京都紅葉紀行 @大原実光院その2»
コメント
pradoさん、おはようございます。お返事が遅くなりました。

いつもならもう少し早くでるのですが、
晴れるのを待っていたら恐ろしい人混みになっていました。
メディアの力は凄いですから、
どこか紹介されると集中します。
瑠璃光院のようにならないことを祈るばかりです。
【2013/12/01 05:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、おはようございます。お返事が遅くなりました。

この時期、みんな同じようなところへ行きますよね。
昨年もお逢いしましたし(笑)
いや、それにしても中継はもう勘弁して欲しいです。
瑠璃光院でも中継に遭遇したことがあります。
ガスが晴れるのを待っていて、
そしたら凄い人・・・(--;)
【2013/12/01 05:42】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは
私は逆にこのTVが終わった頃に印彩都のメンバーと行きました。
TVを見た方もおられるんじゃないでしょうか、こんな混雑の神護寺は見たことがありませんでした。
まあ、いつもは早朝なので・・・
【2013/11/30 21:51】 URL | prado #-[ 編集]
eiさん、こんばんは。

この時期、
どれくらい紅葉しているかは必死で情報集めをしますので、
メジャーな場所なら大抵どなたかにお逢いしますよ。
これまでも Katsuさん、youpvさん、pradoさん、
あ、先日はディープさんに遭遇しました。
でもねぇ、テレビ中継に霧はないでしょう・・・
絶対に語りぐさになります(笑)
【2013/11/30 21:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

こんな霧に遭遇したのは初めてですよ。
参りました。
最初で最後にしたいものです。
そのなかで蜘蛛の巣が見つけられて、
これだけは嬉しかったです。
【2013/11/30 21:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

Katsuさんからお聞きしました。
速攻で出て行かれたと(爆)
本当にひどいなぁと思いました。
それでなくても酷いガスでへこんでいたのに。
この時期なら8時過ぎに入ってもまだ大丈夫と、
これまでの経験があったのに、がっかりでした。
【2013/11/30 21:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
皆さん鼻がききますね~(笑)
霧の神護寺なんて、そうは見ることが出来ない!
そんな時にテレビ中継とは、タイミングが良すぎます(大笑)
後々の語り草になりそうな・・・
【2013/11/30 18:48】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
この日は偶然ばったりでしたね~。
そしてすごい霧でした。
テレビ中継と霧・・・ちょっと来年は遠慮したいですね(笑)
かわらけ投げの方へ行って、結構長居してしまいました。
晴れてからのもみじの色は良かったですが、人も多くなってしまってたので・・・(^^ゞ
【2013/11/30 18:25】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
この日の霧は凄かったですね、TVの中継は残念ですが、幻想的でバグースです。蜘蛛の巣を狙うなんて流石です。アラックは霧にめげて近鉄に乗りました。
【2013/11/30 15:31】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
この日の霧は凄かったですね、TVの中継は残念ですが、幻想的でバグースです。蜘蛛の巣を狙うなんて流石です。アラックは霧にめげて近鉄に乗りました。
【2013/11/30 15:30】 URL | アラック #kyBjvhlc[ 編集]
おはようございます。
阿修羅王さんが来られる1時間くらいに前に
訪れていたと思います。

かなり早くから開門していたので
おかしいなと思っていましたが
中に入るとテレビでした(^_^;)

出来れば平日にして欲しいなと感じました。
私が訪れた時は準備中でしたが
帰る頃にはクレーンが高い場所にありました(^_^;)
【2013/11/30 05:04】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |