日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @大原実光院その1
1-IMG_-0665.jpg
その1

 昨日の続きを。こちらは紅葉と言うよりは、寒桜の不断桜を拝見しに。

2-IMG_-0563.jpg
その2

3-IMG_-0655.jpg
その3

 ぎりぎり空いた瞬間だったようだ。このあとはずっと入れ替わりに数人がいたのだ。

4-IMG_-0564.jpg
その4

 お茶をいただいたら、お庭へと降りていく。既に目の前に咲いているのがよく見えるのだ。

5-IMG_-0643.jpg
その5

6-IMG_-0574.jpg
その6

IMG_-0574 - コピー-6のコピー


7-IMG_-0601.jpg
その7

 ちょっと黄色背景では映えない。

8-IMG_-0612.jpg
その8

9-IMG_-0629.jpg
その9

 ならば青空背景で。

10-IMG_-0634r.jpg
その10

11-IMG_-0639r.jpg
その11

 桜好きとしては、この季節に見られる小さな不断桜でも、とても嬉しいものだ。

 この続きはまた今度。
【2013/11/28 00:00】 2013紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«京都紅葉紀行 @大原実光院その2 | ホーム | 鴨川パトロール ユリちゃんのごちそう争いを見る»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

どことも団体が凄いですね。
狭い処に団体で入って、何が楽しいんだろうって思います。
瑠璃光院さんも結局、苦渋の選択に迫られたわけですから。
【2013/11/28 23:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

早朝の限られた時間で走り回るのはたいへんですもんね。
他のところでも見られるので、たまには他所で、
と思うのですが、つい、こちらへ行ってしまいます。
【2013/11/28 23:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

大原もタイミングを掴むのが難しいですね。
今頃が見頃のようです。
頭は三つあっても、腕も3組あっても、
身体は一つなので、あちこちには行けません(笑)

高桐院はやはり凄い人ですか・・・(--;)
昨年も決死の覚悟でしたよ。
【2013/11/28 23:43】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

御池中学校の不断桜は、もっと豪華に咲くんよ。
どう種類がちゃうんやろ。
どっちも捨てがたいけど、
控えめなこっちに軍配が上がるかな。
【2013/11/28 23:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
実光院の不断桜も咲き始めましたね~。
紅葉と桜が楽しめるのはありがたいですね。
このお寺も観光シーズンはかなりお客さんが来るようになりましたね。
団体さんが来ると・・・写真にはなりませんね(^_^;)

先日赤山禅院でも紅葉と不断桜が楽しめました。これは見事でしたよ~!
【2013/11/28 12:11】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
おはようございます~。
先日は時間の関係上、行けなかったので
こちらで拝見させていただけてよかったです。
不断桜、見てみたかったです(^^)
【2013/11/28 11:01】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
とうとう今年も大原へは行けなかった。
お陰で行ってきた様な気分になれるから感謝です!

昨日やっと高桐院へ行きました。
でもお昼前頃でしたから凄い人(笑)
なので玄関だけでUターンしました。
週末あたりは散紅葉が見られるのかも?
【2013/11/28 05:32】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
花が小さくてまばらやもん。
「清楚」という言葉はこの時期 この花のためにあるようなもんやね。
【2013/11/28 00:28】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |