日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅葉紀行 @大原勝林寺
1-IMG_-0476.jpg
その1

 先日の続きを。と言っても、再び現像待ちのデータが溜まってきた。ちょっとだけ時間に余裕ができてきたので、出歩きすぎたようだ。集中作業がしたい用事があるので、できれば連休が欲しいところだかがもうしばらくお預けのようだ。仕方がない、年末のお休みにでもかかるか。

 さて、勝林寺。こちらは入る人も少ないので、ゆったりと楽しむことができる。

2-IMG_-0482.jpg
その2

3-IMG_-0485.jpg
その3

4-IMG_-0490.jpg
その4

5-IMG_-0497.jpg
その5

 遠目に見た時より、思たほど鮮やかさには欠いている。

6-IMG_-0502.jpg
その6

 やはりこの夏の猛暑は想像以上に植物にとっては厳しかったのだろう。可哀想に・・・

7-IMG_-0508.jpg
その7

8-IMG_-0512.jpg
その8

9-IMG_-0523.jpg
その9

10-IMG_-0518.jpg
その10

 日陰になりやすい東側、こちらも彩度は落ちるが背景がなかなかよろしいではないか。

11-IMG_-0514.jpg
その11

 再び本堂を眺めてみる。

12-IMG_-0529.jpg
その12

13-IMG_-0552.jpg
その13

 勝林寺のどこが好きかと聞かれて、色をなくしてきたこの柱の色、いかにも古びた古刹と言った表現が似合う1700年代に再建されたこの風情が心に響く。

14-IMG_-0557.jpg
その14

 あとひと月もすれば大晦日になる。その時にはこの鐘楼も多くの人が集まって、静かな大原の里に響かせるのだろう。

15-IMG_-0539.jpg
その15

 もう一度阿弥陀さまにご挨拶をして、勝林寺をあとにした。

 この続きはまた今度。
【2013/11/27 06:02】 2013紅葉紀行 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«鴨川パトロール ユリちゃんのごちそう争いを見る | ホーム | 鴨川パトロール ユリカモメが飛ぶを見る»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

朱色の平等院、想像したくないです。
そこまで色を戻さなくてもよかったのではと思いますよね。
勝林院の彫刻は、
別個に複製を作ってみて欲しいなぁと思う時があります。
【2013/11/27 20:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

大原もそれほど広いところではないので、
団体と被ると最低ですよね。
瑠璃光院の苔の世話も厳しかったそうですね。
今年の夏は、
どこの庭師さんも気が休まる暇はなかったでしょうね。
【2013/11/27 20:30】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
勝林院、もし朱色にカラーリングされてしまうと、とたんにガッカリのような気がします(^_^;)
そういう意味では、平等院も心配しているのですが、どんな仕上がりになるのか・・・ですね。

私も未現像データが満杯になってきました。作業時間がない・・・(^_^;)
【2013/11/27 09:01】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
おはようございます~。
今年の猛暑と雨は紅葉には
厳しい条件だったとある庭師さんに
教えていただきました。

大原も訪れたのですが、今年は色がいまいちと
いうか色づきが悪かったような気がします。

その時に宝泉院にも行こうと思っていたのですが
三千院で並んでいる際にツアー御一行様が
向かって行ったのでやめました(^^;)
【2013/11/27 09:00】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |