FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

竹情荘でお茶を
1-IMG_-9926.jpg
その1

 随分とご無沙汰してしまったのでちょっと恥ずかしいなぁと思いながら、こちらまで久し振りに脚を伸ばしたのでお茶をしてきた。風で小さい方の立て看板が倒れていたので、元に戻して1枚。案内に出て来られたのは奥さまだった。お店も軌道に乗ってきているのだろう。

2-IMG_-9928.jpg
その2

 玄関前には石蕗がまだ咲いていたので、上手くいけばお庭にも咲いているかもと思っていたら、期待を裏切ることなくまだ残っていた。他の知っているところはもう終わりがけなのでかなり嬉しい。

3-IMG_-9937.jpg
その3

 上の方が歪んでいるのは、大正時代の古いガラスだから。

4-IMG_-9930.jpg
その4

 注文したものが出てくるまで、何枚も・・・ 季節が変われば随分と印象も変わるものだが、何より独り占めできるのが一番嬉しいかも。

5-IMG_-9931.jpg
その5

 頼んだのは薄茶のセット。季節ものはなにが出てくるのかと楽しみだったが、これは柿だ。お皿は柿の木材でできているとか。これは珍しい。初めてだ。柿の木はもろいため、加工することはないと思っていた。手触りは柔らかく、とても軽いのが印象的だった。

6-IMG_-9936.jpg
その6

 いやいや、感心していないでお茶が冷めないうちにいただいてしまおう。

7-IMG_-9942.jpg
その7

 お茶をいただいたら御軸を拝見。もみじが紅葉した山の様がぼかして柔らかい筆のタッチで描かれている。白玉椿は定番だが、この季節ならではのもの。こちらの建材は上品ないいものを使ってある。ほら、この床柱は北山杉だし。

8-IMG_-9945.jpg
その8

 そう言えば先程から視線を感じると思っていたら、この子だった。さりげなくてかわいかった。

9-IMG_-9947.jpg
その9

 お昼も食べずに出て来て、やっとひと休みできた。そろそろお暇しようと廊下に出るとご主人。

   ご無沙汰してしまいました(笑)

 しばらく色んなおしゃべりをしてしまった。またお茶しに立ち寄ろう。ここは静かな穴場でもある。

   って、紹介したら私の穴場ではなくなるがな・・・(--;)
【2013/11/24 21:28】 京のごはんとカフェ | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
«カラスが飛ぶを見る | ホーム | 京都紅葉紀行 @大原三千院»
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |