日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

鴨川パトロール 鴨川復活する
1-IMG_-1894.jpg
その1

 まるで冬の河原か、もしくは賽の河原かと思えるような石だらけの中州に、少しずつ芦の青葉が出て来た。

2-IMG_-1895.jpg
その2

 しかし、これだけ見ると早春の河原に見える。この緑の芦が全部濁流にもぎ取られたのだから、どれだけの力が加わったのかというのがよく解ると言うものだ。

3-IMG_1879r.jpg
その3

 そしてこちらも命を再生していくようだ。セイタカアワダチソウも、それなりに葉っぱがかなり傷んでいるのがわかる。

4-IMG_-1885r.jpg
その4

5-IMG_-1886r.jpg
その5

IMG_-1886r - コピー5-のコピー

 咲いている花はこの花くらいしかないが、それでも彼らにとってはごちそうだ。いつものニホンミツバチのお家を覗いたら、朝は寒そうにじっとしていたのに、午後は花粉だんごをいっぱい付けて忙しそうだった。

6-IMG_1875.jpg
その6

7-IMG_1876.jpg
その7

 いつのまにか、西洋からし菜の若葉がたくさん芽吹いていた。あれだけ土砂ごと流されたのに、どこにどうやって種が残っていたのか・・・ ちゃんとこの季節に青葉を出してくれた。これでヒドリちゃんのご飯も育つだろう。来年の黄色い絨毯は狭いかも知れないが、菜の花畑にはなりそうだ。
【2013/10/24 00:00】 鴨川パトロール | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«オオスカシバ | ホーム | 時代祭2013 その2»
コメント
・のび・さん、こんばんは。

まあ、ほんまに豪快に綺麗にしていってくれたわ。
石の河原しか残らへんかったもん。
それでも生きているものの方がしたたかよね。
どこでどうしていたんだか、ちゃんと帰って来る。
【2013/10/24 20:11】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
やっぱり自然の力は偉大だね。
壊すのも豪快だけど、
生き残るものもしたたかだよね。
【2013/10/24 06:49】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |