FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

雪の勝林院 in 大原
IMG_1013勝林院
勝林院
 さて、昨日の続きを。

 三千院まで来たのなら必ず行っておきたいのが勝林院。天台宗のお寺で、宝泉院・実光院という塔頭と子寺を従えている。そして法然上人が浄土の定義を論じたと言われる、「大原問答」の地でもある。
 ここの拝観はとても個性的。この写真の手前に入り口である来迎橋があり、そのすぐ左手に受付がある。しかし、そこに人がいるのを見たことがない。木製の托鉢用ではないかと思われる鉢がひとつ、置かれている。傍には300円を入れて、パンフを持って参詣するようにと書いてある。黙って入る人もあるのではないかと心配するのだが、知っている限りちゃんと納めているようだ。

鐘楼
鐘楼
IMG_1032レリーフ
彫刻
 ここは声明の寺であるが、何がすごいかというと、建物の端々に施されている彫刻が素晴らしい。わざわざ場所を指定して、ここから見るようにと書かれている。なるほど、その指定されたところから見る彫刻は、ちょうどいい角度で綺麗に見える位置だ。

IMG_1029阿弥陀如来
本尊 阿弥陀如来像
 本堂に入ると目の前には大きな阿弥陀さまがおられる。彩色が綺麗に残存しており、その大きさと共に圧倒される。右回りに後ろを通って戻ってくると、阿弥陀さまの左手前方に椅子が二つ。「男前の阿弥陀さまの指定席」と。

   何のことだろう・・・?

 試しに座って見上げると、なるほど。角度的にちょうどはすかいに横顔が見える。それも素敵な横顔。彫刻と言い、素晴らしいものをより美しく見せる場所を教えてくれているのだ。さりげない心遣いと感じた。本堂では録音テープではあるが、静かに声明がBGMで流されている。

 拝観を終わり受付を通り抜けるとき、初めて人の姿を見た。来たとき掃除をしていたおじさんだった。


 この続きはまた今度。


   勝林院 
【2008/01/28 23:44】 大原 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«雪の宝泉院 in 大原 | ホーム | 雪の三千院 in 大原»
コメント
小紋さん、おはようございます。
素晴らしいのはこれからアップするお寺。今しばらくお待ち下さいな。
【2008/01/29 08:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
すばらしいお寺ですね。この次は大原だァ。
【2008/01/29 07:20】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |