FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

青龍会 @東山清水寺その1

その1

 春と秋に行われる清龍会。この時期にしてはかなり蒸し暑い日になった午後に。常連と思われるシニアの男性数人に混じって、写真家のN先生の姿があった。皆さん、暑さをしのぐために枝垂れ桜の木陰に入っている。空いている場所を探して木陰に入ると、もっと若いひとりの男性の姿があった。
 時間とともに今度は撮影ツアーなのか、某旅行ツアーのバッチを付けた今度はシニアの女性たちが集まり始めた。これは熾烈な撮影になるのかとかなり心配したのだが、大丈夫。皆さん、礼儀正しかった。ただ、私の前にあとから潜り込んで座った男性の頭に、望遠レンズの先が当たりそうになって、それがちょっと気になって集中できず。当たってしまったような感触もあったが、クレームがなかったので大丈夫だったのだろう。いや、あったとしてもあとから入り込んだので文句の言いようもないだろう。

 そんなこんなで時刻となった。本堂を出発するところを撮影したKBSのクルーが大急ぎで石段を降りてきて、また急いで三脚にテレビカメラを設置した。

2-IMG_-5925.jpg
その2

3-IMG_-5941.jpg
その3

 時間待ちをしている時には曇っていた空だったが、始まった頃には青空が広がり、秋を思わせる筋雲が流れていく。

4-IMG_-5943.jpg
その4

 ホラ貝の音が響く中、普段は開かずの門である西門の仕切りが取り外され、そこからホラ貝を吹く先布令の転法衆を先頭に、続いて小さな高く澄んだ音を響かせる拍子木を鳴らしながら行道を指揮する会奉行が続く。

5-IMG_-7885.jpg
その5

6-IMG_-6029.jpg
その6

 そして観音加持を行う夜叉神が八功徳水の鉢を持って降りて来る。

7-IMG_-7899.jpg
その7

 そのあといよいよ現れたのが青龍。持ち手の男性の腕を見てみよ。どうだろう、このたくましさ。

8-IMG_-7909.jpg
その8

9-IMG_-5981.jpg
その9

IMG_-5981 - コピー-9のコピー

 勇ましく石段を下ってくる青龍の迫力。

10-IMG_-5989.jpg
その10

11-IMG_-5992.jpg
その11

12-IMG_-6004.jpg
その12

 直ぐ目の前を龍のうろこがきらきら光りながらうねっていく。その場にいたものだけが味わう迫力だ。

13-IMG_-6036.jpg
その13

14-IMG_-6042.jpg
その14

 空は青く、青龍が泳ぐに相応しい空となった。

15-IMG_-6077.jpg
その15

IMG_-6077 - コピー-15のコピー

 その姿を見せびらかすように石段を駆け上る青龍。

 青龍会はまだ比較的新しい行事だ。衣裳は映画などでも活躍しているワダ・エミ氏が担当している。京都を守る四神の一つ、東を守る青龍、その青龍の地がここ音羽山だ。観音さまの化身とされる龍が夜ごと水を飲みにやってくる・・・ 青龍の地とご本尊を守る夜叉神、そんな故事を元に2000年に清水門前会がご本尊ご開帳を記念して立ち上げた行事だ。しかしここに来て定着しつつある。

16--IMG_-6094.jpg
その16

17-IMG_-6096.jpg
その17

18-IMG_-7916.jpg
その18

19-IMG_-7943.jpg
その19

 うねり舞う青龍の傍で、観音加持の八功徳水の法水を集まった人々に掛けていく。正面を偶然捉えることができたが、ちゃんと頭を下げて八功徳水の法水を受けてきた。頭を下げている人は殆どいなかったけど。いや、おられた。N先生だ。さすがだと思った。伊達に京都の行事を撮り歩いてはいない。

20-IMG_-7960.jpg
その20

IMG_-7960 - コピー-20のコピー

21-IMG_-7947.jpg
その21

 境内の人々にご加護を与えた青龍は、今度は門前町へとご加護を与えに降りていった。目の前をもう一度通った時、N先生は再び深く頭を下げられていた。こういう姿勢を見習いたいと思う。

22-IMG_5889.jpg
その22

 青龍が降りていった先の仁王門には白い筋雲が架かっていて、あたかもそれは青龍の痕跡のようにも見えるのだった。

 この続きはまた今度。
【2013/09/16 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«鴨川パトロール 台風による鴨川増水その1 鳥偏 | ホーム | 雨の常林寺 萩供養»
コメント
きつつきさん、こんばんは。

まあ、えらいことになりましたよ。
住んでいるところは大丈夫なんですが、
通い慣れた鴨川の姿が一変しましたね。
敬老の日には申し訳ないですが、
これが平日だったらもっと混乱しました。
【2013/09/16 19:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

ご心配を掛けて済みません。
うちが水害に遭遇することはまずないのですが、
市内の観光地も住宅地も酷い有様です。
これから絶好のシーズンだって言うのに。
【2013/09/16 19:47】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。

へへ、もう遅いです(笑)
朝イチでパトロールして来ちゃいました。
鴨川は直ぐに牙を剥くので、
普段から気を付けています。
それにしても嵐山や下流域のすさまじさは呆然としますね。
【2013/09/16 19:34】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

やっと機会を得ることができました。
思った以上によくて、しかも比較的撮りやすかったのです。
それ以上に得たものは、やはり感謝する気持ちと、
礼を尽くすことですね。
傲慢な態度の方もありますが、
この先生は尊敬します。

【2013/09/16 19:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
鴨川、桂川の凄い映像を見ました。
くれぐれも気を付けてくださいね。
敬老の日なのに、被害に遭われたご老人もいらっしゃるとか・・・
これ以上被害が出ないよう祈るばかりです。
【2013/09/16 16:05】 URL | きつつき #bBmFigmc[ 編集]
あーちゃん 大丈夫?
賀茂川の様子がテレビで放映されています。

お出かけしないでね。
【2013/09/16 15:28】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
あーちゃん くれぐれもカメラ持って出かけようなどと思わんこと・・・TVを見て唖然としています。

気ぃつけてな・・・。
【2013/09/16 12:26】 URL | ひげ #-[ 編集]
阿修羅王さん、おはようございます。
台風はいつまで猛威を振るうのでしょうか。
今日は、黄色を?止めるかな、危ないね。
走らない可能性大だしな。

龍の舞い、凄いですね、京都のまた新しい
紹介を有難うございます。
空に飛翔する龍がはっきり分かりますよ、
バグースです。

先生の有難うの心を私も見習いたいと
思います。
ダイビングの時にも祈っているんです。
日本だと富士山、バリ島だとアグン山に
向って安全を願って手を合わせてダイビングを
始めます。
終わって帰って来る時には、生物に感謝の
「有難う」をしてからエキジットします。

台風の被害が心配です。
【2013/09/16 05:01】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |