FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

雪の舞う日 in 下御霊神社&行願寺
下御霊神社その1
下御霊神社その1
下御霊神社その2
下御霊神社その2
 昨夜の天気予報では今日は雪が降り気温の上がらない寒い一日になると言うことだった。果たしてその通り、朝の最低気温こそ余り冷え込みはしなかったが、お昼前になってから吹雪いてきた。
 どうしようか。今日こそはケータイショップに行ってこなければならない。

 今使用しているケータイはかれこれもう2年半になる。年が明けてからバッテリーの消耗が一段と激しさを増し、メールを一通送るだけで赤いランプがついて充電を促す警告が出るようになった。出先で返信をしようものなら、そのまま電源を切らないとブラックアウト・・・
 寒さの増した最近は特に行ってくるのが億劫でそのままにしていたが、もうだめだと観念。吹雪の中、愛車を走らせた。幸い在庫もあってその場で交換。めでたしめでたし。

 その帰り、ここまで来たのならと行ってきたのが下御霊神社。ショップのすぐ近くにある。歴史は古く、静かな落ち着いたたたずまいだった。雪が舞う中、時折陽射しが差し込み狐の嫁入りになっている。門の脇、入ったすぐ右手の山茶花の花と雪の舞う風情がいい。だが見た目はよくても厳しい寒さ。
 
行願寺
行願寺
 あまりの寒さに帰ろうとしたが、途中の看板に惹かれて寺町通りを下がる。「行願寺」、天台宗のお寺だ。地図では見たことがあったので聞き覚えがある。気になってちょっと行く気になった。
 行願寺という名前より、「革堂(こうどう)」の名前で親しまれているとか。西国三十三観音霊場第十九番霊場。お線香の煙が立ちこめ、静かで小さな霊場だが、訪れる人が絶えない証拠だ。
七福神
七福神
 その奥に大阪の石材店の寄贈された七福神がおわした。今月中に七福神巡りができるかと心配したが、ここでお参りを済ませた。そのすぐ横には幟が立っていて、最古の七福神と書いてある。嘘か誠か私にはわからないが、特に弁天さまに芸の上達をお願いしてきた。

 本当に寒かった。本来なら積もっているだろう雪の一日だった。
 
【2008/01/24 17:04】 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«雪の朝 | ホーム | 覗き魔»
コメント
Kanmoさん、こんにちは。
私はあきっぽい方ではないので、同じものを壊れるまで使います。だからバッテリーパックだけ交換したんです。無料で交換できるのを知っていたので。
機種変更するときは、きっとまた長いこと悩むでしょうね。こだわりが強いので。
【2008/01/25 12:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん?私、鉄人レースなんてできません・・・(-_-;)
ただ、お気に入りの写真を撮るためなら、多少の無茶はやります。
【2008/01/25 12:37】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは!
?西国三十三観音霊場?とあるようですね。
個人的にネットで作ってる方がいて、三十三箇所参拝したことがあります。
関東にも?弘法大師・関東八十八ヵ所?があるようですが・・・。

携帯は買い換えるの大賛成!
私も2年ほど前のでした。今の携帯は良く出来ています。バッテリーの持つこと・・・安心していられます。
【2008/01/24 21:59】 URL | kanmo #UwJ9cKX2[ 編集]
あーちゃん おばんでした。

芸のためなら女房も泣かすぅ・・・・そんなんどうでもいいことだけど笑)・・・あーちゃんトライアスロンやってないですか
・・・・?。
【2008/01/24 21:22】 URL | ひげ #-[ 編集]
はい、Bakoさん。
もちろん、写真です。これしかない。
【2008/01/24 18:44】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃんの“芸”って何かしら?
【2008/01/24 18:10】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |