日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

百日紅 @百万遍知恩寺
1-IMG_-5835.jpg
その1

IMG_-5835 - コピー-1のコピー

 ひっそりと咲く百日紅。足元の砂場で砂浴びをしていたスズメをびっくりさせてしまった。いくつも穴が開いているのだ。この子らは、細かな砂があれば、どこでもお風呂を作ってしまう。薄曇りの空は、それでもちょっと眩しい午後。

2-IMG_-5836.jpg
その2

3-IMG_-5837.jpg
その3

4-IMG_-5841.jpg
その5

5-IMG_-5846.jpg
その6

6-IMG_-5847.jpg
その7

7-IMG_-5849.jpg
その8

9-IMG_-5922.jpg
その9

10-IMG_-5855.jpg
その10

 これ1本で随分と撮れるものだと、少し嬉しくなる。

11-IMG_-5829.jpg
その11

 そしてこちらはまだ小さいが、なかなか綺麗なピンク色。百日紅はどれくらいで大きくなるのだろう?幹の硬さを思えば、きっとゆっくりだろう。西門の通路はすっかり整備されてしまい、まだ落ち着いていない。荒れた感じの土壁前の彼岸花もなくなった。桜の木に付く毛虫が酷くて恐ろしくて近寄れなかったのが綺麗にはなったが、ちょっと趣が落ち着くにはもう少し時間が必要だ。

12-IMG_-5833.jpg
その12

 その彼岸花の球根が丸見えになっているヶ所があった。これはどうなのだろう。むき出しになっているのはここだけだったので、他の処はもう少ししたら彼岸花が楽しめるだろう。

 この日、コントラストがきつくなかったので、摂りやすかったのはよかったが、ちょっとは青空が欲しくなるものだ。と言うことで再度、よく晴れた日に少しだけ時間が取れたので大急ぎで出かけた。

13-IMG_-5926.jpg
その13

IMG_-5926 - コピー-13のコピー

 ふむ、柔らかいピンクの百日紅もいいが、青空背景はすがすがしい感じを受ける。あくまでも画像の中だけだが。実際、この夏の炎天下の撮影は地獄だった。

14-IMG_-5923.jpg
その14

15-IMG_-5930.jpg
その15

16-IMG_-5989.jpg
その16

 思ったよりいい感じの百日紅に、かなり満足することができた。

17-IMG_-5858.jpg
その17

 今日のおまけはこれ。本堂の脇にそびえていた栗の木。イガも大きくなって、秋が近いことを知らせているようだった。この夏の暑さに、丹波栗の生育はどうだろう。また買い出しに行かなければ。
【2013/09/05 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
«雨上がりのヘクソカズラ | ホーム | パト電を見る»
コメント
小紋さん、こんばんは。

台風が過ぎて、昨日久々の青空を見ました。
気が付けば空も高くなっていて、
あとは体重が増えるのを待つだけ?(泣;
【2013/09/06 19:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
大きな栗の木 頬が落ちそう。
 早くに 頂いております。こちらもすっかり秋の気配です。
【2013/09/06 05:19】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |