FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

花笠巡行奉納行事その1
1-IMG_-3560.jpg
その1

 さて、先日の花笠巡行には続きがある。この朝激しい土砂降りのあと、思ったより涼しい。湿気が多いのは仕方がないが、これならもう少し頑張れると、ふと魔が差した。帰って来るのは12時。たった1時間半ほど待つだけだ。石段の上から四条通を帰って来るのを待ってみようかと考えたのだ。
 しかしだ、来年のことを考えると、この一連の行事を見ておくのも悪くない。一旦撮影に出ればお昼なんて食べることは想定していないので、まあ、行くか・・・ 少しのお茶と熱中症対応のタブレットが幾つかあるからそれで充分だ。

 とまあ、いつものように前置きが長くなった。こう言った経緯で最後までいることにしたというわけだ。

 舞殿のところに行くと、いつもの舞妓撮影の常連さんたちがいる。やっぱりなぁ、と苦笑い。そこへやって来たのが写真家のN先生。M先生ではないから。

2-IMG_-2734.jpg
その2

 さあ、定刻通り続々と帰ってきた。

3-IMG_-2741.jpg
その3

 金色に輝く御神輿はやはり緑背景で。

4-IMG_-2744.jpg
その4

5-IMG_-2748.jpg
その5

 石段を子供が御神輿を引いて降りるのは難しいので、ここは大人の役目。

6-IMG_-2771.jpg
その6

 馬に乗っていた児武者も自分の脚で。

7-IMG_-2785.jpg
その7

8-IMG_-2792.jpg
その8

9-IMG_-2797.jpg
その9

 少女たちはお供え物を大事そうに持った。

10-IMG_-2798.jpg
その10

 恥ずかしそうにしていた若武者は、1周回ってくる間にすっかり堂々としてきているではないか。

11-IMG_-2801.jpg
その11

 鷺っ子たちは文字通り、飛ぶように駆け下りてくる。

12-IMG_-2803.jpg
その12

   見てみて!

 白鷺の頭にはいつの間にやら飾りが付けられている。風を切って嬉しそうだ。

13-IMG_-2804.jpg
その13

 万灯をどりの小さな少女たちも長い距離を歩いて帰ってきた。お疲れさま。慣れない草履で歩くのもたいへんだっただろうに。

14-IMG_-2811.jpg
その14

 いちだんと元気なのが獅子舞の女性たち。

15-IMG_-2817.jpg
その15

IMG_-2817 - コピー-15のコピー

 そして祇園東の方々。もう辺りはたいへんな騒ぎだった。

16-IMG_-2814.jpg
その16

17-IMG_-2819.jpg
その17

18-IMG_-2821.jpg
その18

 先斗町の方々は保存会の方々とごっちゃになって降りて来たので撮れなかったのが残念だった。

 この続きはまた今度。
【2013/07/30 00:00】 京の祭事 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«南禅寺に蓮が咲く その2 | ホーム | ドクターイエローを見る»
コメント
shuさん、お疲れさまです。

私も殆ど行事を知らないのです。
一連の流れは情報を得られますが、
立ち位置がね。
来年もこのような流れなら、
もっといい場面を撮れそうなんですが、
どうなることやら・・・

もう少し続きをお待ち下さいね。
【2013/07/31 19:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
たーやさん、お疲れさまです。

ちょうどお休みだったのでね、
涼しそうだったので参戦してきました。
この夏は山も大荒れですね。
いい季節なのに。

私も持つべきものはブロ友さんだとつくづく思いました。
これまでの情報がなければ不安で行けませんからね。
【2013/07/31 19:21】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ほんとに祇園祭は奥深くて、いっくらでも知らない光景が
どんどん出てまいります。そんななかでもこういうふうに
ちょいとした舞台裏をみせていただけると門外漢にもまた少し
親しみが湧くというものですね。
【2013/07/31 19:18】 URL | shu #PBcfH1xE[ 編集]
こんばんは♪
毎年諦めている祭りです。
さすが押さえておられる。
この時期は、山にライブにとその他イベントも
重なること多し。今年はこちらでも堪能!
ありがとうございます。
持つべきものはブロ友ですね(笑
阿修羅王さんの気合い、しかと感じました!
【2013/07/31 01:19】 URL | たーや #Rh7RHMEo[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

もうひとり、ご存知ありませんでしたか。
叶笑さんです。済ましたお顔ですが、楽しい人です。
こちらには行けましたが、八朔には行けませんので、
そちらでよろしくお願いします(笑)
あっちの方もね。ええい、悔しいわ、ほんまに(--;)笑
【2013/07/30 22:08】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
お、叶祐美さんに涼香さん!ですね。
いつもと違う髪型だと見逃しそうですが、やっぱりわかりますね(^-^)。
この花傘巡行の時の装いというのも、いいものですなぁ~。
うーん、行きたかったなぁ・・・。
【2013/07/30 21:31】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
eiさん、こんばんは。

待ち時間は気になりません。
ただ、足台を大きなものにしておけばよかったと、
それだけが反省点です。
撮影のコツもわかりましたので、
次もあるのならもっと上手く撮れると思います(笑)

もうすぐ八朔、どうにも仕事が休めません。
涙を呑んで諦めます。
ああ、悔しいなぁ。その代わり例の日は・・・!
【2013/07/30 19:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ディープシーズンさん、こんばんは。

祇園祭は殆ど行けていないので、
これくらいはとちょっと頑張ってみました。
N先生は下鴨神社のお祭りでもよくお見かけしますね。
この日も難しいお顔で撮られていましたが、
成果はどうだったんでしょうね。
難しい行事です。
【2013/07/30 19:32】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
この間結構長いでしょう!拝殿前は縄を張られて
場所取りも出来ないし、暑いし!
で、もうパスする事にしました(笑)

八朔、ひょっとしたら行っているかも知れません!
【2013/07/30 05:12】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
こんばんは~
少しは暑さもマシだったかもしれませんが、
長時間ご苦労様でした。
門のところで待たれて撮られたんですね。
それにしても、獅子舞の女性たちはパワフルです。
巡行の途中でもパフォーマンスを見せて、更に仕上
げに舞殿でも踊られたでしょう。 大したもんだ。
N先生は、祇園祭に対する思い入れは相当なもの
ですね。 私が参加させてもらった祭事にも全て
見かけましたよ~
【2013/07/30 01:06】 URL | ディープシーズン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |