FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

阪神淡路大震災
見えない比叡山
雪雲に覆われて見えない比叡山方面 

 
 今年もまたこの日を迎えた。1995年1月17日。5時46分。

 今朝は京都市内、雪の舞う寒い朝で夜明けを迎えた。13年前の朝も、厳しい冷え込みだった。
 あの日の前日、16日は仕事が忙しくて遅くまで働き、夜中3時過ぎようやく眠りについたところだった。夢を見る暇もなく襲ってきた激しい揺れに、私はただならぬものを感じて覚醒した。目覚めの悪い私でも一瞬で全覚醒するほどの激しい揺れだった。
 
 古いマンションは大きく横揺れしている。お布団から飛び出し、柱に掴まりながら室内の安否を確認した。
 タンスの上に置いていた博多人形のガラスケースは落ちて無惨に割れ、レンジ台のオーブンレンジがずれてダンスを踊っている。水栽培のヒヤシンスが倒れて水がこぼれて、床に染みを作った。水屋内の食器が、まだかちかちと当たる音がする。

   これはたいへんな地震だ。震源地は近い・・・

 TVを点けたが、地震があったと言うだけで情報も混乱している。
 朝6時に予約タイマーを入れていたエアコンが予定通り動き出したが、まだ寒い。TVの不明確な情報にも寒さを禁じ得ない。徐々に明らかになってくる情報。物流の大動脈が寸断された。それだけでも今後の影響の激しさを容易に想像できた。
 実家から母が心配して電話を掛けてきた。向こうでもかなりの揺れを生じて水屋のグラスが何個か割れたが、それくらいで済んだという。こちらも多少の被害はあったが、大丈夫と伝えると安心していた。しかし電話が繋がったのはそれが最後。その日は回線が混雑していて夕方遅くまで繋がることはなかった。

 翌日出勤すると、職場では大きな混乱や被害はなかったようだが、JRで通勤しているスタッフたちが電車が止まっていて出てこられないと言うことだった。また、鹿児島出身のスタッフは地震に慣れていて気づかなかったとか、多くの逸話を聞く。

 笑い話で済んだことも多かったが、次々に流れてくる情報にとても驚愕し身震いをし、そして燃えさかる神戸の街に涙した。

 この地震で心に傷を負われた方々に、一日でも早く安寧な日々が来たらんことを願うばかり。

 亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り致します。合掌

【2008/01/17 10:45】 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«テロという名の言い訳 in 南極海 | ホーム | オフィスグリコ  »
コメント
神主さん、おはようございます。
鳥居など、重たいものの修繕はたいへんだったでしょうね。
あの災害で幸いだったのはやはり時刻でしょうか。でもよかったのか悪かったのかは、もっと先の時代の判断に託すしかないですね。歴史と同じです。
【2008/01/18 10:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Kanmoさん、おはようございます。
身内に当事者がおられるのですね。苦労なさったでしょうね。
災害時にはやっぱりお水ですか。防災グッズ、私も準備していますが、のど元過ぎれば忘れますね。私も再点検します。
【2008/01/18 09:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、おはようございます。
ひげさんもたいへんな災害に遭われたのですね。地震は怖いです。つくづく思いました。一時、北海道も続いていましたね。津波の恐ろしさも寒気がしました。
【2008/01/18 09:25】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Bakoさん、おはようございます。
お知り合いの方もご不幸に遭われたのですね。
「運」、まさに「運」なのでしょうね。偶然とは残酷なものです。ふとした気まぐれな行動が、生死を分けたこともあるのですから。
【2008/01/18 09:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。
私は当時は京都の某山頂の神社におりました。ちょうど起床の時間と近かったので揺れははっきりと覚えています。(そこは被害は少なかった)
ウチの神社(武信稲荷神社)では石の鳥居が崩れたり、石灯籠が倒れたりといろいろありましたが、時間が早かったため参拝者もいませんのでケガ人はありませんでした。
【2008/01/17 22:59】 URL | 神主 #X.Av9vec[ 編集]
こんばんは!
阿修羅王さんのところも近かったんですね。
今でも、次々と広がっていく火災の様子がテレビで放映されたのを思い出します。
悲しみは一生抱えていくのでしょうね。
叔父も体育館生活を強いられた一人。
とにかく1番必要なのは「水」と言ってましたね。
防災グッス、揃えて使わないので、そのままだわ。点検しないと・・・。
【2008/01/17 21:20】 URL | kanmo #UwJ9cKX2[ 編集]
口をあんぐり開けて見ていましたっけ・・・。
崩れ落ちた高速道路,傾き今にも崩れんばかりのビル・・・・なかなか火勢の落ちぬ火事・・ありえない映像が続きましたね。

我が家も釧路沖地震の時、被害を受け家を新しくしました。でもあれよりも数段ひどかった震度だと思いました。喉元過ぎればなんとやらといいますが、こういうこは忘れないようにしましょう。
自分への戒めも含め・・・・・。

亡くなられた方がたのご冥福を祈ります。
【2008/01/17 20:24】 URL | ひげ #-[ 編集]
大変な経験をなさいましたね。
“運”と云いますか全壊のアパートから知人の娘さんがただ一人生還出来た話をしたばかりでした。
お亡くなりになった方のご冥福を祈ることしか私には出来ませんが・・・
【2008/01/17 15:03】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |