FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

都道府県対抗女子駅伝 in 京都
helicopter
中継のヘリコプター
 京都は今現在暑い熱気に包まれている。都道府県対抗女子駅伝。現地に行って応援する時間はなく、TVを見て応援。さすが京都代表、素晴らしい走りだ。そしてそれを追う各都道府県の猟犬とも見まごう素晴らしい走りは、目を見はる。
 
 沿道の応援はどうだ。都道府県の名称の入った幟が、小雪の混じった冷たい雨にはためく。

 地元の知った場所が出るこの駅伝、男子より女子の方がやはり華があるのは仕方ないか。走り終わろうとしているランナーが、次のランナーにたすきを渡す瞬間の笑顔。たすきを受け取ろうと手を高く挙上して、まかせてと言わんばかりの笑顔。とても輝いている。若々しいはじけるような瑞々しさは、何とも美しい。

 順位も気になるところではあるが、全てのランナーが冬の都大路を駆け抜ける姿がとても気持ちよかった。

 よく考えたらうちの近くも通るので、来年は時間を取って沿道に応援に行こう。唯一私の得意だったマラソン。長距離は大好きだ。
 

 ほら、中継のヘリコプターがうちの上空辺りを飛んでいる。
【2008/01/13 14:15】 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«徒然道草 日々あれこれ その2 | ホーム | 朗読劇 ジョイント朗読会 by 木もれ日»
コメント
Knmoさん、こんばんは。
球技はそんなに好きでもないのですが、マラソン、特に駅伝ははらはらどきどきです。ちょっとだけ見るつもりが、気がつけばゴールを待っていました(笑)
【2008/01/14 22:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは!
スポーツは見始めると最後まで見ないと気がすまない。誰でも同じですね。
タスキを渡し終わるまでのドラマ、見ていて飽きません。
今回見てませんが・・・。
【2008/01/14 19:51】 URL | kanmo #UwJ9cKX2[ 編集]
モナカさん、こんにちは。
長距離を走ることは自分との闘いでもありますね。座禅を組む替わりに走る、というのはちょっと大げさですけど。
たすきを繋いでいく、これがドラマを感じるからでしょうか。そんなところが好きです。だから自分が走れるとか、それは問題ではないので大丈夫だと思います。
【2008/01/14 12:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今コメント見ましたが、 走る方って多いんですね。
場違いで恥ずかしくなりました〜(苦笑)

私はのろまで走ることも。。。
だから余計尊敬します。 長距離を走りぬくって容易い事ではないはずですもの。
その代わり完走したあとの充実感は大変なものでしょうね ♪
【2008/01/14 11:38】 URL | モナカ #WARxrlg2[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
ありがとうございます。それにしてもすごい走りでしたね。駅伝には順位と言うより、何でしょう、浪漫やドラマをかいま見るようで大好きです。
【2008/01/13 18:56】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
駅伝はほんとに目が離せません。出掛けなきゃいけなかったのに、結局最後まで見てしまいました。
【2008/01/13 18:49】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん おめでとう!!。

京都は速かったですねぇ。
我が田舎、鹿児島は十一位で去年より三つ順位を下げました。アンカーの若松選手は隣の集落出身、野口に抜かれちゃったが二人順位をあげてくれました。

かくいうおっちゃんも・・大昔も大昔は駅伝選手・・・今の我が身からは、自分でも想像できまっしぇん・・・・・。笑)
【2008/01/13 17:51】 URL | ひげ #-[ 編集]
息子が走っていたので 駅伝は見逃さない家人です。しっかりみてましたよ。
私は ちょっと音楽を聴きに。
【2008/01/13 17:15】 URL | 小紋 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |