FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

改修工事中の平等院
1-IMG_7535.jpg
その1

 解体修理中の宇治平等院、鳳凰堂へ。一番好きなロケーションの場所だが、シートの被った鳳凰堂・・・ 先日醍醐寺でのレクチャーの続きだ。前回の修理の時にも関わった大学の先生によるお話しは、新聞やサイトに上がっていない内容もあるので、とても楽しみだ。

2-IMG_7524.jpg
その2

 屋根にあった一対の鳳凰も今は降ろされていて、代わりに一羽のカラスが・・・(/_;) 

3-IMG_7525.jpg
その3

 堂内の見学に入る橋も塗り替えられた。きっと南門のような本物の紅殻ではないだろうか。

4-IMG_7527.jpg
その4

5-IMG_7538.jpg
その5

 この様子だと、今年の蓮はどんな風に配置するのだろう。工事が優先なので仕方がないけど。

6-IMG_7531.jpg
その6

7-IMG_7532.jpg
その7

 最近、咲き具合が今イチだった藤棚。工事に合わせて、ばっさりと思い切って剪定をした。しかし、まさかここまで切ったとは想像もしていなかったので、ちょっと驚いた。その分、来年の咲き具合がとても楽しみでもある。

8-IMG_7533.jpg
その8

 サツキもかなり刈り込んだ様子。ますます来年が楽しみだ。きっと初夏の時期にはお休みは全部こちらへ来ているかも知れないと思うようになって来た。

9-IMG_7539_20130626083020.jpg
その9

 昨年、豪雨で崩れた鐘楼の土手も修復されていた。しっかり固められるように、ここには笹が植えられていた。

10-IMG_7544r.jpg
その10

IMG_7544r - コピー-10のコピー

 夕方近くになり、阿字池に住まいする(文化財の池に住むとは何という・・・)魚が、盛んに跳ね出した。遠くからなので見えないが、きっと虫が飛んでいるのだろうと想像する。

11-IMG_7546.jpg
その11

 レクチャーと見学も終わり、少し休憩のあとこちらを出てまた次の場所へ。

12-IMG_7517.jpg
その12

 最勝院境内にある石塔。どこぞからの寄贈と言うことで、鎌倉時代の何某と説明されているが、先生は時代の異なる二つの石塔を繋ぎ合わせた偽物だろうと。私も途中の不自然な形が気になっていたので、やっと胸のつっかえが降りた。やっぱりランドスケープの先生のレクチャーは有り難い。素人だと説明文を信用するしかないのだ。

 さて、北門から出て宇治川沿いを塔の島へ。

13-IMG_7562r.jpg
その13

 朱色の欄干の向こうに、大きな石塔が見える。日本最大の石の塔。

14-IMG_7565.jpg
その14

 以前から気になっているのだが、コンクリートの囲いでできたゴミ箱・・・ 金網のゴミ入れよりはいいが、溢れていては見苦しく、景観が悪いと常々思っている。同じようにカメラを向けた人たちと、そう言ってため息をついた。
 明治時代に埋まっていたものを発掘して修復したものだが、梵字などはまだはっきりと見え、いかにしっかりとした職人技の細工物なのだろう。先生もニコニコとしてご満悦だった。これが本物の職人技なのだと。

15-IMG_7574r.jpg
その15

 再び橋を渡る時、眼下にマガモが見える。つがいではなくて、雌2羽、牡2羽、それぞれ同性で行動しているのが面白い。

16-IMG_7580r.jpg
その16

 現地解散でみんなばらばらに帰っていく。夕方、交通量が増えて車が通過する度にゆらゆらと揺れる宇治橋からは、先程の遊覧船が堰の手前で折り返しているのが見えた。
【2013/06/27 00:00】 宇治 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
«鴨川パトロール 鴨川にお花畑を見る | ホーム | 紫陽花 @浄土寺東北院»
コメント
youpvさん、おはようございます。

毎年藤棚が楽しみでしたが、
少し元気がありませんでしたもんね。
来年は気合が入りそうです。
【2013/06/28 08:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsu さん、おはようございます。

本当に楽しみですよね。
大好きなところなので、より一層楽しみです。
工事中の姿も記録できたしね。

桜の木、あれはもう呆れかえって、
口があんぐり・・・?
これだからお役人さんの仕事は信用できません。
早く元の姿を取り戻して欲しいものです。
【2013/06/28 08:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます~。
今の風景もある意味、今後見れない
風景ですよね。
藤の剪定も大胆にされて
修復完了時が非常に楽しみです。
【2013/06/28 06:34】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
平等院の復原、どんな風になっているのか興味津々です。
橋が紅殻染めということで、本殿もそんな感じなのかな?と想像してみたりします。
鄙びた木の色が好きでしたが、リニューアルがどうなるのかはやっぱり気になりますよね~。
藤棚も復活して欲しいです(^-^)。

最後のカットの箇所が、最近問題になっている、護岸工事&水害対策のために桜を切っちゃった部分なんですが・・・本当にもったいない。
今年はガッカリで桜の撮影場所として宇治は外してしまったくらいです。
【2013/06/27 21:57】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

修理だけやのうて、調査もするからね。
この時代の最高の方法を使て、
あとの世代にしっかり残さなあかんのや。
たいへんな仕事やね。
完成が待ち遠しいわ。
【2013/06/27 19:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

完成まで、もう少し、お預けですね。
きっとその時は素晴らしい藤棚になっていると思います。
また開門ダッシュで頑張らなきゃ。
【2013/06/27 19:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
改築修理!
そりゃまた大掛かりなこと。

本でも最近思うも。日本の修復技術はすごいって。

早く美しく蘇りますように・・・
【2013/06/27 06:43】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
はは~ん、平等院の今ですか。
これ後2,3年は掛かるのですよね。
完成が待ち遠しいが楽しみでもあります。
その頃の藤も楽しみです!
【2013/06/27 05:10】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |