FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都深緑紀行 @醍醐寺
1-IMG_7473.jpg
その1

 深緑が眩しい晴天の日。ランドスケープの大学の先生による、復元された京都・奈良の庭園を巡りの説明会に行って来た。撮影は5月18日。

2-IMG_7464.jpg
その2

3-IMG_7466.jpg
その3

 まずは現在も修理中の醍醐寺三宝院から。しかしご存知の通り、ここは撮影禁止。庭園を眺めながら説明を聞いたが、吹き抜ける風の涼しいこと。バスを降りた時には地面からの熱気がむっとしたのに、とても気持ちがよかった。枕流亭は修理用のシートが掛けられている。池の修理は突貫工事だったそうだ。春の桜に合わせて、厳しい寒さの中、行われる。参拝客が多くなる前にとのことだ。庭園を囲む樹木も言われて気が付いたが、随分と切られて風通しもよくなり、暗くなりがちだったお庭も明るくなったそうだ。

 そんな説明のあと、純浄観(重要文化財)を拝見し本堂(重文)へと特別に上がって、ご本尊の弥勒さまへお参りする。
 それから苔庭を見る。別名酒づくしと呼ばれ、苔の形と白砂で瓢箪、盃、酒を表現するという、ちょっと面白い苔庭。これらは現在非公開となっているので、一般では拝見できないのでご了承を。
 茶室松月亭はさすがに外から拝見しただけ。奥宸殿(重文)も然り。くれぐれも何処にも触れないようにと、きつく注意を受けた。バッグを持っているものは前に抱え込んで持つようにとも。ここではもうひとつ、私自身みたいものがあった。それは違い棚。「醍醐棚」と呼ばれる有名な違い棚で、修学院離宮の「霞棚」、桂離宮の「桂棚」とともに「天下の三大名棚」と称されているものだ。これで三大明棚を見ることができた。
 もちろん、特別に拝見できただけで有り難く、撮影はできなかった。

 コースの予定はここまでだったのだが、折角なのでここまで来たのなら下醍醐まで入りたくはないかと言うことになり、拝観料を自腹で切り、行きたいものだけ行こうと言うことになった。次の移動までに30分ほど余裕ができたのだ。

4-IMG_7476.jpg
その4

 仁王門を抜けると、この緑のトンネルの気持ちのよいこと。

5-IMG_7483.jpg
その5

 結局ここの枝垂れ桜は機会がなかった。せめて葉桜だけでも。三宝院の枝垂れ桜が撮れたのだからよしとせねば。そんなに度々朝イチの桜を見に来ることはできないし。
 このあと、弁天池までなんとか脚を伸ばす時間がありそうだ。

6-IMG_7494.jpg
その6

7-IMG_7495.jpg
その7

8-IMG_7504.jpg
その8

 池の向こう側に見えるお堂の朱色が、深い緑の中でとても綺麗だった。

9-IMG_7505.jpg
その9

 清瀧権現も好きなロケーションで、こうして見ると、葉桜もなかなかの景色だった。

10-IMG_7508.jpg
その10

 仁王門に被さるように枝を伸ばすもみじ。その透かした青もみじもすがすがしい緑で、しばし暑さを忘れることができた。
 
 この続きはまた今度。
【2013/06/19 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(7) | Page top↑
«梅シロップ | ホーム | 京都府物産協会50周年記念ステージその4»
コメント
小紋さん、こんばんは。

もみじの名所は青もみじの名所でもあるわけで。
でも緑の頃が好きですね。
三千院門主さんのお身内の方が仰っていましたが、
枯れていくだけの紅葉よりも、
青もみじの方が生命力を感じると。
【2013/06/19 20:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

さすがに独り占めまではできませんでしたが、
それでも一番見たかったこの池をしっかり見ることができました。
この時期もいいなぁと、改めて思った次第です。
【2013/06/19 19:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

ピーカンの日やったから、
弁天池もあんまりいい景色やないと思い込んでいたんよね。
そしたらこの景色で、時間いっぱい使てしもたわ。
バスに戻ったら最後から2番目・・・
【2013/06/19 19:50】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
もみじの美しいこと 桜ももみじも 紅葉もどれをとっても
 京都は いい
 緑の濃淡って 本当に素敵ですね
【2013/06/19 13:00】 URL | 小紋 #-[ 編集]
もみじの美しいこと
 緑の濃淡って 本当に素敵ですね
【2013/06/19 12:59】 URL | 小紋 #-[ 編集]
此処の深緑は好いですね!
桜の時期は人が多いので最近は敬遠気味(笑)
ですが5月の後半には毎年出かけています。
緑を独り占め出来る時がありますから!
【2013/06/19 05:13】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
池の色が 深みがあってとても幻想的。
映り込みもとても綺麗やし。
トンネルを抜けてくる木漏れ日がまた綺麗。

醍醐寺は行ったことはあるのに ほとんど記憶に残ってないことに気がつきました。
ダメじゃ 覚えていない。
【2013/06/19 00:08】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |