FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都深緑紀行 @八瀬瑠璃光院
1-IMG_9205.jpg
その1

 今年は雨が少なくて、こちらへ伺うタイミングをすっかりなくしてしまっていた。雨降りの週末もあったのだが、その時には別件で出かけていたので行けず仕舞いだった。そしてやっと掴んだタイミングは、拝観終了間際の5月29にだった。瑠璃光院は5月いっぱいで、一般公開を終了するのだ。見られなくなるならと、本当にたくさん見て来た。今回枚数は多め。

 雨降りの午後、用事を終えて大急ぎで八瀬まで。門の前には中年のおばさんたちが集団でたむろしている。何やら団体で案内されてきたようだった。これはまずいと急いでその横をすり抜けた。
 石段を上がると、そこには見慣れた深い緑の佇まい。

2-IMG_9008.jpg
その2

 この佇まいも見られなくなるのかと思うと、寂しさが募る。

3-IMG_9015.jpg
その3

 受け付けを済ませると真っ直ぐ2階へ。そこには10名ほどの先客。さっと撮ると瑠璃のお庭へ。

4-IMG_9022.jpg
その4

5-IMG_9023.jpg
その5

6-IMG_9024.jpg
その6

 こちらは人の姿はなく、独り占めを堪能させて貰った。ただ、ちょっと暗かったのでガラス戸に照明のライトがあたっていたので、中途半端な位置になってしまった。

 さ、次へ。

7-IMG_9029.jpg
その7

8-IMG_9052.jpg
その8

 渡り廊下から見下ろすここも、お気に入りの場所だ。

9-IMG_9034.jpg
その9

 窓辺には一輪のドクダミ。この季節、薄暗がりに真っ白な花を咲かせる。

10-IMG_9036.jpg
その10

 臥龍の庭での毎年のお楽しみがこれ。モリアオガエルの卵。今年は雨が少なくて、大丈夫だろうかと心配していたが、ちゃんと見られて安心。

11-IMG_9044.jpg
その11

12-IMG_9083.jpg
その12

IMG_9083 - コピー-12のコピー
 
13-IMG_9086.jpg
その13

14-IMG_9090.jpg
その14

 雨上がりで湿気も多くじとっとするが、縁側に座ると風がひんやりとして心地よい。ずっとここに座っていたくなる。

15-IMG_9077.jpg
その15

 再び瑠璃の庭へ戻ってきた。

16-IMG_9059.jpg
その16

 今日のお菓子は柚をあしらった氷室。寒天で固めた柚の回りが砂糖でコーティングしてるのでしゃりしゃりと、氷の食感がいい。

17-IMG_9068.jpg
その17

18-IMG_9073.jpg
その18

19-IMG_9067.jpg
その18

20-IMG_9074.jpg
その19

 雨でしっとりを水分を含んだ苔を見ながら頂くお茶とお菓子は、最高のもてなしだった。

 再び2階の書院へ。

21-IMG_9098.jpg
その21

IMG_9098 - コピー-21のコピー

 もう夕方近い雨の午後、薄暗がりの中では卓上の青もみじの写り込みがなんとも言えない深い色合いで美しい。

22-IMG_9109.jpg
その22

23-IMG_9130.jpg
その23

24-IMG_9136.jpg
その24

25-IMG_9145.jpg
その25

 この日は早めに閉門したいとのことで声が掛かり、そこにいた人は直ぐに姿を消した。もうひとりニコンの男性とふたりで、ちょっと独占することができたのは運がよかった。

26-IMG_9153.jpg
その26

 そろそろお暇をしようとお参りにいくと、そこにはご住職。この角が一番の見所だからと教えて頂く。先程撮ったのだが、他にも人が居てここまで広くは撮れなかったのだ。確かに光っている床を入れると、情緒のある景色になる。

27-IMG_9157.jpg
その27

 名残惜しいのでこんな処も撮ってみた。

28-IMG_9158.jpg
その28

 外に出ると、山裾の瑠璃光院は夕暮れの闇が迫ろうとしていた。

29-IMG_9170.jpg
その29

 その暗がりに、赤い錦鯉の朱色が浮かぶ。ふむ、まるで空飛ぶ錦鯉か・・・?

30-IMG_9182.jpg
その30

 私に釣られたのか、その横で先程のニコンの男性も鯉にカメラを向ける。

31-IMG_9196.jpg
その31

 名残惜しくて、何回も振り返る。

32-IMG_9212.jpg
その32

33-IMG_9215.jpg
その33

 八瀬瑠璃光院、そこは静けさこそ似合う空間で、決して団体がわんさか押しかけるような場所ではないと思うのだ。傷みが激しくなった今、しばし静かな安らぎの時間を取って欲しいと思う。

34-IMG_9061r.jpg
その34

IMG_9061r - コピー-34のコピー

 今日のおまけはこれ。瑠璃の庭に降りる(いや、実際には降りられないが)石段を歩いていたハナバチ。寒くて飛べなかったのか・・・
【2013/05/31 17:11】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«有終の美を飾るライトアップ @八瀬瑠璃光院その1 | ホーム | アシナガバチのおうちを見る»
コメント
eiさん、おはようございます。

正面の張り紙、気が付かれませんでしたか、
残念です。
張り紙と、こちらの男性スタッフにお聞きしました。

最近は特にお客さまが多かったので、
ご住職も心が痛んだのでしょうね。
【2013/06/01 08:35】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、おはようございます。

おいでおいでが効果ありすぎました(^^;
お母さまも最後に見られて、きっとよい想い出になったでしょうね。

秋の特別拝観を楽しみにして下さいね。
【2013/06/01 08:29】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
私は30日に行って来ました(笑)
小雨の中遠方からの観光客も含め
訪れる方は切れ目が無く、撮影には苦労しますよね!

ライトアップ、全く気が付きませんでした(涙)
【2013/06/01 07:15】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
従姉の案内で 母を連れて行ったのは2年前 ほんにちょっと前のように感じます 
 10月でした。あのあとの 京都にいらっしゃいが よくなかったのかな。
 美しいたたずまい 長くのこりますように。
【2013/06/01 05:53】 URL | 小紋 #-[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

ここのもみじはほんまに見事なんよ。
メディアにも取り上げられたことから観光客が増えて、
古い建物が傷み始めたってわけ。
この先まだどうするかは決まっていないけど、
ひとまず修理に入るらしいわ。
【2013/06/01 00:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ほんま いろいろバリエーション豊かな緑だね。
ところでなんでもう見られなくなるの?
予約制になるとか? 期間限定になるとか 抽選になるとか??? そんなん?
【2013/05/31 19:54】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |