FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

九州縦断 全県制覇ミステリーツアー その6
1-IMG_6488.jpg
その1

 先日の続きを。九州も6県目、後ろの座席ではよく喋るおじさんたちがああでもない、こうでもないとうるさい。高速道路の流れから考えると、次に行くのは佐賀県。○○公園。案外観光地が知られていない佐賀県となると、高速道路の近くで公園とつけば、あそこしか考えられない。一生のうちで行けるものなら絶対に行ってみたいと思っていた場所。

   では解った人は手を挙げて

   はい、先生!解りました!ここです

2-IMG_6487.jpg
その2

IMG_6487 - コピー-2のコピー

 吉野ヶ里歴史公園は、長崎自動車道東脊振ICを降りて385号線を南下して直ぐだった。途中の渋滞が心配されたが、反対車線は少し詰まったところもあったのだが、こちらはスムーズだった。ガイドさんの同僚もハードスケジュールを心配して、渋滞は大丈夫かとケータイに何通もメールが入っていたそうだ。ガイド仲間は、最近ではこうやって情報の交換もして、スムーズな運行をするようだ。

 そうは言ってもここで使える時間はとても短かった。今年の春にオープン下古代の森は12ヘクタール・・・?どれくらいなのだ?例えるなら?時間がないので、周辺だけにしておいてもいいからと送り出された我々。園内には行かずに資料館やショップだけ見た人もあった。ま、行ける所まで行くか。それより先にトイレだけは済ませておかねば・・・ 帰る時に時間なかったら困るし。これが実際、どれだけラッキーだったか。それはあとでのお話し。

 さあ、探検に出発。時刻は12時15分。しかし、お昼ご飯はいつ何処で食べられるのだろう・・・?

3-IMG_6493.jpg
その3

 入って直ぐに目に付いたアザミに大喜び。足元のクローバーに留まるミツバチに夢中になっていたが、ちょっと待て、それどころではない。先を急がねば。地図を見れば、本当に広いのだ。

4-IMG_6495.jpg
その4

 集落の入り口には逆さに向けられた太い杭。

5-IMG_6497.jpg
その5

6-IMG_6509.jpg
その6

7-IMG_6512.jpg
その7

8-IMG_6514.jpg
その8

 復元された建物は、内部に入ることもできる。広い芝生の敷地に立ち並ぶ姿も圧巻だ。

9-IMG_6517.jpg
その9

 森の向こうに櫓が見える。登れば広く見渡せそうだ。

10-IMG_6518.jpg
その10

11-IMG_6521.jpg
その11

 この門をくぐって入っていけば、櫓の処に行けそうだと解った。

12-IMG_6523.jpg
その12

 この辺りには物置のような建物が並んでいて、その中にはこの遺跡で使われていた金属の原石が展示してある。もちろん、協力企業は八幡製鉄。

13-IMG_6525.jpg
その13

 行きたかった櫓ではないが、近くにあったので登ってみた見張り台。これは随分と眺めがいい。写メを撮っておこうと開くと着信があったようだ。圏外や電波状態の悪いところが多いので電源を落としていたので気が付かなかったのだ。誰だろうとふと時計に目が行って、一瞬・・・?

   げっ!

 集合時刻の12時50分を回っているではないか。そうだった、何か引っかかるなあと思いながら来たのだが、よく考えれば30分しかなかったのだ。もう写メなど撮っている場合ではない。地図を広げ、最短距離の道を走り出したのは言うまでもない。

 鳥居のような入り口の処までひぃひぃ言いながら帰ってくると、よく喋る例のおじさんがのんびりと歩いている。よかった、いや、よくない。だが、少なくとも遅れ組がいたわけだ。

   おじさん、もう集合時刻過ぎてるで!急がなあかんわ(>_<)

   え?そうなんか。でもトイレには行っとかなあかんやろ

   わかった、じゃあトイレに行ってる人が居るからって、
   先に行って言うとくからトイレに行って来て!

 そうなのだ、思いっきり遅刻をしてしまった。バスの処には心配そうな添乗員さん。時間が押してしまうのだから。そしてもうひとりおじさんがトイレに行っていることを告げた。バスに乗り、遅れて済みませんと平謝りだった。だから出発時刻が10分ほど遅れてしまった。

 そんなこんなで、大汗をかいた吉野ヶ里遺跡だった。残すはあと2県。最後は福岡だと最初にネタバレしてあるので、このあとは大分県に入る。そこでやっとお昼ご飯にありつけるのだ。

14-IMG_6503吉野ヶ里遺跡パノラマ
その14

IMG_6503吉野ヶ里遺跡パノラマ - コピー-14のコピー

 今日の最後はお決まりのパノラマ。

 ところで。先週から引き続き、近所のお宅2軒から毎年頼まれる薔薇の撮影とプリントに大忙し。好きな花だからいいのだが、頼むから用事をさせてくれ・・・(/_;)
【2013/05/25 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«桂川流域見聞録その1 | ホーム | こんな所でアオさんを見る その2»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

有名どころに挟まれて、こちらは観光ルートから外れるようですね。
地元ではイベント会場のように使われていました。

こんな機会に恵まれて、
私もとても嬉しかったです。
日本の歴史ですからね。
【2013/05/25 21:24】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
吉野ケ里ですか!
佐賀はいつも通過駅で、何度か長崎、熊本へ行ったのに、通り過ぎるばかりでした。
一度見てみたい場所なんですよね。ここも。

佐賀へ行く機会、なかなか無いので、見せてもらえてよかったです(^-^)。
【2013/05/25 18:23】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
小紋さん、おはようございます。

本当に広い平原でした。
どこから行こうかとしばし地図とにらめっこ。
距離を測り損ねてしまいました。
広い園内です。
【2013/05/25 08:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、おはようさん。

うん、書き忘れていたわ。
めっちゃ広かった。せめて半日放牧されたかったなぁ。
もう少し野性的かと思たら、
そうなんよ。整備されすぎてて、ちょっとがっかり。
でも感無量やったで。
私も三内丸山行ってみたいんよね。
【2013/05/25 08:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
広いところで 30分と言われたら 焦りますよね。まずトイレは 正解ですね。
 高低が少なく だだっぴろい佐賀平野は 山が遠いでしょ。
 駆け足のバス旅 大忙しやね。 
【2013/05/25 06:45】 URL | 小紋 #-[ 編集]
えぇ~~ これはかの有名な吉野ヶ里ではないの!
ここで30分? アホな。もったいなぁ~・・・ んでもバスなら仕方がないわな(;_;)
私 実はこーゆーの むっちゃ好きやねん。
こんなとこ行ったらもう鳥も虫も花も ひとまずどーでもええわ。
しかしながら なんというか えらいきれいに整備されてしもた感じが否めないね。
観光地になってしまえば宿命か。
あんまり綺麗に屋根が葺かれると、生活臭がなくなって古代人が存在したイメージが湧いて来ぃひんようになるのよね。
とはいえ そんなこと言うてんと、死ぬまでにはここと三内丸山には絶対に行きたい。
【2013/05/25 00:18】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |