FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

参拝 in 清水寺
清水の舞台
清水の舞台
 何をどう思ったのか、ふと清水寺へ行ってみたくなった。86歳の「みよみよ」を思い出したからなのかも知れない。彼女はこの近くに住んでいる。手みやげの写真を準備する暇がなかったので、またゆっくり彼女のところへは訪問しよう。年賀状にはデイサービスに行っていると書いてあったので、留守かも知れない。電話を入れてから改めてゆっくり抱きしめに行こう。

霧の京都タワー
霧の京都タワー

夕日
オレンジの夕日
 今朝は気温の割にはとても寒く感じたのは、市内どころか府内を広範囲に真っ白に包んだ霧のせいかもしれない。それはもう半端ではない深さだった。9時も廻ってようやくうっすらと陽射しが差し込んで来たほどに、明るくなるのが遅かった。
 結局一日中ぼんやりとした霧にまとわりつかれたと思ったのは、ひょっとしてこの時期にしてはあまりに早い黄砂もあったのではないだろうか。京都タワーも霧の海に沈んでしまいそうだったし、陽が傾いた夕刻、薄ぼんやりとしたオレンジの夕日だった。

仁王門
仁王門
 空が晴れないので行くのは確かにためらった帰来もあるが、今更予定変更するのもいやな感じなので無理矢理行ってしまった。

 何年ぶりだろう、確かちょうど3年ぶり。あの時は職場が変わる直前で思い入れがあった。そしてその年末年始はとても寒く、その日、東山一帯を始め市内は雪に包まれていた。そう、最後に来たのは雪の朝だった。多分最後の想い出にするくらいの思いがあったのだろう。それっきり足が遠のいていた。

 とても懐かしい。いつの間にか知らないお店もできている。

青龍
青龍
音羽の滝
音羽の滝
 四神が護る京都、この東には青龍がおわす。青龍をかたどった井戸水。そしてその先の断崖絶壁の下には東山から耐えることなく流れ出でる音羽の滝がある。このお水を飲むと御利益があるとのことで、特に暑い夏にはひっきりなしに人が並んでいく。お水を受けるのは長ーいひしゃく。確かに美味しいお水だった。以前飲んだことがある。

お地蔵さま
お地蔵さま
おかめ
おかめ
 広大な境内には至る所にお地蔵さまが安置されている。古来、この辺りは鳥野辺の墓地だった。その寂しい魂を慰めるために昔からあるのかも知れない。そんなお地蔵さまのある一体、頭になにか付けられているのに気がついた。それを拡大したものが下の写真。思わず吹き出した。接着剤で付けられたいたずらか。

仏の足跡
仏様の足跡
 本堂近くにあった石碑。40cmほどもあろうかと思われる足跡。このお寺にもあったのかと、ちょっと嬉しくなった。
ヒールの跡
ヒールの跡
 同じ足跡でも、最近清水の舞台で問題になっているのがピンヒールの穴。数年前に舞台の
板は全て葺き替えられたが、女性の履き物の跡がくっきりと残ってしまい傷みの原因にもなっているとのこと。そこここについていて、確かに見苦しい。文化遺産を守るのは並ならぬ苦労がつきまとう。拝観料の一部もそんな修復費に回されるのだろう。今日は晴れていたが、この舞台は外に向かって斜面になっているため、履き物によっては滑りやすい。身の安全のためにも文化財の保全のためにも傷を付けるような履き物はやめて欲しい。

こぶしの蕾
コブシの蕾
水仙
水仙
 三月上旬とも中旬とも言われた今日の気温は、春の始まりを告げているようだった。京都地方観測所内にタンポポが咲いた。そんな清水の山でコブシの蕾を見つけた。水仙の花は春のお告げ、そのものだった。

【2008/01/08 22:41】 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | Page top↑
«今日のおやつ | ホーム | 今日のおやつ»
コメント
モナカさん、こんばんは。
床にヒールの跡ですか。ショックだったでしょうね。履き物を脱ぐ習慣の国との違いに慣れるまで、たいへんだったと思います。
【2008/01/10 20:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
清水寺・・・
修学旅行以来です!
もう一度行って見たいな・・・
行けるかなぁ・・・

参拝に履物を脱がないのは困りますね。

ヒールの跡、 といえば・・・
初めてパーティーをしたとき、 ゲストが帰って片付けてたら気の床にヒールの跡がいっぱい残ってしまって驚きました。
以来、親しい人の場合は下足お断りを貫いてます〜(笑)

勿論われわれは日本式にスリッパを愛用してます〜! はい、珍しがられます、 特に夏の場合。。。(汗)
【2008/01/10 02:08】 URL | モナカ #c2.YjAKo[ 編集]
ひげさん、よかったです。
今、ちょっと繋がりにくいようですね。
【2008/01/09 22:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
OKです。
【2008/01/09 22:03】 URL | ひげ #-[ 編集]
さっそくですが・・・あーちゃん
うちとこのコメのあーちゃんのurlこちらにこれまへんで・・・・なおしとくれやす。

おらも実験・・・・・.
【2008/01/09 21:41】 URL | ひげ #-[ 編集]
小紋さん、こんばんは。
ええ、雨の日はかなり危険なのですよ。雪の日はもっと恐かったですね。
観光で暮らしている街にとって、お客は大切、少々の無理難題を許さなければいけないこともあるでしょうけど、みんなで守っていかなければいけないという気持ちは持って欲しいと思いました。
【2008/01/09 20:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Kanmoさん、こんばんは。
そう、みよみよとは、また今度ゆっくり逢いに行きます。今日は違う古い友人が会いに来たいけどってお年賀が来ました。

赤い仁王門は青い空があってこそ綺麗なのですが、青空がイマイチでした。
【2008/01/09 20:45】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
ひげさん、こんばんは。
お好きな呼び方をして下さって構いませんよ(^_-)
でも、お願いだから清水の舞台から身を投げないで下さいね。ほんと、あそこ高いんです。
【2008/01/09 20:41】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
もう少し履物に気をつけて 拝観したいですね。清水寺は山をもってて
 何百年も大丈夫という てれびをみたことがありますが 普通に
つかってのことでしょう。 おかねはらって、履物脱ぐところもありますね。 
【2008/01/09 19:26】 URL | 小紋 #-[ 編集]
こんにちは!
清水の舞台・・・懐かしい思い出の地です。
仁王門は赤門とも呼ばれているようで、随分綺麗な赤色ですね。

「みよみよちゃん」と会うのは今度ね?
【2008/01/09 11:33】 URL | kanmo #UwJ9cKX2[ 編集]
阿修羅王さん おはようございます。

最近ますます阿修羅王さんと呼びづらくなってきました。あーちゃんて読んだらいかんね・・・?。

清水の舞台から飛び降りるつもりで、今日から・・あーちゃんでいこうかいな。
【2008/01/09 07:03】 URL | ひげ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |