FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

九州縦断 全県制覇ミステリーツアー その3
1-IMG_6116.jpg
その1

 先日の続きを。さあて、宮崎自動車道から見えるのは霧島。先程と比べると随分と近くに見えるようになって来た。と言うことは、次の目的地のヒント、○○神宮。最近はパワースポットとしても有名なところと言えば・・・

2-IMG_6170.jpg
その2

 ここ。え?青もみじと鳥居では解らないと?ふむ、そりゃあそうだ。

3-IMG_6138.jpg
その3

 大きな御神木に神さまの姿が宿ると言えば・・・

   はい!先生!

   どうぞ、何処ですか?

   霧島神宮!

 はい、正解。参拝の前にまずここからだと、ガイドさんの指さす方を見ると、巨大な杉の木の折れた枝に人の形のような枝が見える。数人の人がいい形に見えるところを探して、必死に撮っていた。見える人には見えて、解らない人には見えない・・・ とか。ふむ、想像力の問題か。

4--IMG_6149.jpg
その4

 話が終わったところで参拝に、と振り向くと、来た時には短かった行列が長くなっている。それでも参拝のために並ぶ人、並ばない人。私は並ばずに探検に出た。

5-IMG_6139.jpg
その5

6-IMG_6156.jpg
その6

 こうやって社の屋根が並ぶ景色は、どこか伊勢神宮を思い出させる。

7-IMG_6161_20130513200915.jpg
その7

8-IMG_6162.jpg
その8

 この模様を見ると、お寺の幻獣の彫り物と同じ。こう言ったところで神社とお寺は元々一体だったのだなと感じる。これが下鴨神社などと比べると全く違うのだ。ちょっと歴史まで引っ張り出すと私にも説明ができないのですっ飛ばそう。どちらにせよ、古い歴史のあるところに間違いはない。

9-IMG_6155.jpg
その9

 さて、これが御神木。樹齢800年の杉で、高さ35m。本当に大きい。南九州の杉の祖などと呼ばれているくらいだから。

10-IMG_6158.jpg
その10

 御神木の杉には何種類もの宿り木が生えていたが、この古い桜の木には檜が生えている。そう言えば、御所には桜松というのがある。いずれ桜が枯れた時には、この檜がしっかりと根を下ろすのだろうか。

11-IMG_6167.jpg
その11

 では場所を移動しよう。離れた処からで申し訳ないが、ここでお参りさせて貰おう。

12-IMG_6176.jpg
その12

 来た時から気になっていた青もみじと赤いキリシマツツジ。

13-IMG_6174.jpg
その13

 そしてミヤマキリシマ。この季節、九州の高地ではこのミヤマツツジが山を覆うくらいに咲くそうだ。

14-IMG_6179.jpg
その14

15-IMG_6180.jpg
その15

16-IMG_6181.jpg
その16

17-IMG_6191.jpg
その17

 夢中になって撮っていたら集合時刻になっていた。大急ぎでバスに戻ったが、トイレに行く時間がなくなってしまった。このあとまたどれくらい走るか解らないのに。ま、大丈夫。半日でも大丈夫だし、最長12時間くらいは行かなかった記録もある。

18-IMG_6198.jpg
その18

 走り出したバスの外に、大きな杉の木に巻き付いて見事な花を咲かせている藤が見えた。この続きはまた今度。
【2013/05/14 00:00】 徒然旅行記 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
«カキツバタ @大田の沢 | ホーム | さらし者»
コメント
小紋さん、こんばんは。

こちらの山藤はもう終わりですが、
保津峡の藤が今見頃です。
自然のままの藤は、手入れをしたお庭の藤と違て、
たくましい美しさですね。

証拠写真って、今はいったい・・・(^^;
【2013/05/15 22:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
今 山藤が見事で 美しいですよね。山深い 霧島神宮。 みやまきりしまと言えば 
四季の歌 芹洋子を 思います。霧島観光ホテルに泊まった平成4,5年頃は 
46キロ位だった。 証拠写真を取っています・・・・無駄な努力ですが・・・・
【2013/05/15 20:21】 URL | 小紋 #-[ 編集]
Bakoさん、こんばんは。

ご心配をおかけします(^^;
それはたいへんな強者ですね。
水分コントロールはばっちりです。
脱水にも膀胱炎にもなりませんでしたよ(笑)
【2013/05/14 19:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

九州は遠いですね。
私も高校の修学旅行以来です。
見る風景のひとひとつが、
京都の景色と随分と違って、ついつい見入ってしまい、
自由時間が全く足りません(^^;
いつも最後に滑り込みです。
【2013/05/14 19:55】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

自然の力って凄いと思う。
神宮の人も、きっとこのままなるように見守って行かはると思うんよ。
なまじ歴史のある処やから、
自然の摂理のままにね。
そんで、昔この檜は桜の木に生えてたんやでって、
次の世代に言うの。
【2013/05/14 19:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

記憶が甦りますか。
さぞかし楽しいご旅行だったでしょうねぇ。
私もこちら方面は初めてで、
めちゃくちゃ楽しかったです。
【2013/05/14 19:43】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃん、お手洗いには行きましょ(笑)

バス旅行で途中停車をお願いした知人がいました。
【2013/05/14 18:34】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
おはようございます~。
九州にも行ったことがない
関西ローカルな人間ですので
行かれたところの一つ一つが
凄く新鮮に感じます。
御神木が素晴らしいですね(^^)
【2013/05/14 06:29】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
境内で天然林で行われるような木の更新があるというのがとても興味深い。
その日の檜がいつの日か幽玄な姿の根上りの木に成長するといいな。
あるか先の話だけど。
【2013/05/14 06:00】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
霧島神宮、いきました~!(その新婚旅行で)
なんとも懐かしい旅の続きを見せていただいているようで、毎回楽しみです。
思えば、あの旅も南九州をぐるりと回る旅でした。宮崎から入って、最後は鹿児島まで。
私は年末の冬の時期でしたが、ツツジや藤が咲く季節に行くと、華やかさがあって、また違う場所みたいですね(^-^)。
【2013/05/14 01:09】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |