FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

藤 @仙洞御所
1-IMG_8285.jpg
その1

IMG_8285 - コピー-1のコピー

 先日の続きを。さて、仙洞御所の目的はこれ、藤棚。以前から見てみたかったのだがこちらは人気で滅多に当選しないと聞いていた。ところが、本当にところがなのだ。4月の終わりにひょっこり空席を見つけて申し込んだら当たってしまった。その時のキリシマツツジが先日の記事。そしてこれが本当にところがなのだが、2月の申し込みで1日がやっと当選。何ヶ所も申し込んでだめな時はだめ。しかし当たる時は続けざま。ま、人生などこのようなものなのだろう。

 それはそうと、次へ。あまりにも嬉しくて、今回はかなり多めの枚数で。

2-IMG_8287.jpg
その2

 その前回が4月26日で、もう少し時期が早かったのだが、さすがにこの5月1日は見頃となっていた。そう言えばこの日の方が前回よりも参加人数が若干多かったような・・・ これは当日申し込みの外国人の人数なのだろうか。

3-IMG_5461.jpg
その3

4-IMG_5463.jpg
その4

 人数が多い分、当然撮りにくい。混み合う時はこんなアングルで。向こうの方に小さく見えるのが、ツアーのしんがりを努める係員の方。遅れる人をせかすとも言う。そうしなければ定時に回りきれないからだ。

6-IMG_5469.jpg
その6

IMG_5469 - コピー-6のコピー

 これは次へ移動する一瞬のタイミングで振り返った時のもの。このように橋の欄干が角張って曲がっている。その角が八つなのでこの橋を八つ橋という名称が付いている。決してお菓子の八つ橋の形ではない。

7-IMG_8211.jpg
その7

8-IMG_8212.jpg
その8

9-IMG_8223.jpg
その9

 池を渡す橋の端と端に(ややこしいなぁ・・・)、それぞれ1本ずつ植えられていて枝を伸ばしているようだった。

10-IMG_8228.jpg
その10

IMG_8228 - コピー-10のコピー

 池の向こう岸、雄滝の前にアオさんが居た。大抵ここで1羽見かけることが多いのだが、この日は3羽飛んでいるのを見た中の1羽だった。あとの2羽は若。離れた処に立っている。そんなにごちそうが見つけられるとも思えないのだが、安全な場所として認識しているのだろう。近くを通る時には早めに飛んでいってしまうけど。

11-IMG_8240.jpg
その11

12-IMG_8241.jpg
その12

13-IMG_8245.jpg
その13

 池の中央に位置するため、水辺の背景も画になる。

14-IMG_5478.jpg
その14

IMG_5478 - コピー14-のコピー

 池をぐるっと回り、再び藤棚が見える場所まで帰ってきた。側面から見るとよく解るのだが、橋は緩やかに弧を描いているので、藤棚も段違いにしてある。

15-IMG_8251.jpg
その15
 
 深緑を背景に。

16-IMG_8263.jpg
その16

 赤いキリシマツツジを入れてアクセントに。

17-IMG_8264.jpg
その17

 やっと竹組をはっきりと見ることができた。綺麗な組み方にしてあるのが解る。

18-IMG_8272.jpg
その18

 みんなが他の説明に耳を傾けている時に、石橋の下にアオさんを発見。こちら側に来てくれないかと期待したが、だめだった。大勢の中では警戒をするのだろう。

19-IMG_5488.jpg
その19

20-IMG_5489.jpg
その20

21-IMG_5491.jpg
その21

 拝観コースはもう終わりで、先程通った藤棚の前を通って帰るだけ。しかしみんな名残惜しくて、藤棚の前で大急ぎで記念写真を撮る。そんな拝観者の気持ちも考慮して下さるのか、遅れがちになっているのを少しだけ大目にみて頂いたようだった。

22-IMG_5492.jpg
その22

23-IMG_8280.jpg
その23

24-IMG_8283.jpg
その24

25-IMG_5494.jpg
その25

IMG_5494 - コピー-25のコピー

 申し訳ないなあと思いつつ、私も時間の許す限り撮れるだけ撮ってきた。いや本当に見事な藤棚だった。
【2013/05/07 00:00】 御所 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«こんな所でアオさんを見る @仙洞御所 | ホーム | オオスズメバチを見る»
コメント
youpvさん、こんばんは。

もう、3年も掛かりましたよ、これを撮るまでに(^^;
しばらくはここで撮影タイムは取って頂けますけど、
自分の思うようにはできませんから。
それでもひと目でも見る価値はあると思いました。
【2013/05/08 19:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます。
これは素晴らしいとしか言えないですね。
狙ってはなかなか予定が立てれないので
凄いの一言です。

私も来年以降の課題にしたいです(^^)
【2013/05/08 09:25】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
Katsu さん、おはようございます。

凄いでしょう?3年越しの夢でしたよ。
平等院より難しいので、
やっぱり価値があるかも知れませんよ。

来年の平等院はどうかなぁ。
楽しみやなぁ。
【2013/05/08 07:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
いやぁ、この藤棚は値打ちがありますね。
八つ橋って、8つの角があるってことだったのですね。この変わり種の橋の上に藤がこれだけさくとは・・・見事な光景です。
これは5月初旬の仙洞御所、申し込む価値はありますね。来年の課題にします!
【2013/05/08 00:28】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
ディープシーズンさん、こんばんは。

3年来の夢がやっと叶いました。
今年も平等院の藤がよくないので、
せめてこちらだけでもと希望していました。
競争率は激しいですが、
ぜひとも挑戦してみて下さい。
【2013/05/07 21:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは~
なんとも立派な藤棚ですね。
場所柄、高貴な感じも伝わってきます。
是非とも、いつかかはこの眼で見てみたい
と思いました。
素敵な情報をありがとうございます。
【2013/05/07 21:31】 URL | ディープシーズン #GCA3nAmE[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

こういう当選はなんぼ当たってもいいですよね。
今年はかなり運がいいです。
今年の雲を使い切ってしもたらどないしようかって言うほどの気分でした。
【2013/05/07 20:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

そうなんよ、下をくぐれるのは嬉しいよね。

アオさんなぁ、九条邸にいる子は人慣れしてるんやけど、
ここの子らもどうも・・・
人数に圧倒されるんかもしれんけど。
【2013/05/07 20:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

御所を始め、桂離宮、修学院離宮ともに申し込み制です。
しかしなかなか競争率が激しくて・・・
これを見るために3年掛かりました。
でも、来年も挑戦します。
いや、その前に紅葉ですね。
【2013/05/07 19:59】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
まあまあ 縁起がいい いくつも当って あやかりたいです。
 今年は 藤園に行くことができず 前の家の藤を 楽しみました。
 こんなに素敵な藤を また見ることができて 幸せ。
【2013/05/07 18:40】 URL | 小紋 #-[ 編集]
そうよね。
当たるときは当たるんよ。

その石橋の上をアーケードみたいに藤棚がつながってるわけ?
すごいな。

アオさん
そんなに卑屈にならんでも。
そやけど アオさんの気持ちもわかるような気がする。
いやなんやろうなぁ・・・
【2013/05/07 06:00】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
なるほど申込みをしなければ入れないのですね。
貴重な藤棚ですね~
それに、八つ橋も(笑)
【2013/05/07 04:51】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |