FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @寺町本満寺
1-IMG_4123.jpg
その1

 桜紀行に入れるべきか、入れざるべきか、少々悩んだ八重桜。ま、桜は桜か・・・ 撮影は4月16日の出勤前。

2-IMG_4127.jpg
その2

 八重桜と牡丹は似たもの同士・・・

3-IMG_4186.jpg
その3

 枝垂れ桜の若い緑を背景に、桜色がひときわ際立つ。

4-IMG_4189.jpg
その4

5-IMG_4190.jpg
その5

6-IMG_4230.jpg
その6

 ちょうど朝日が当たり始めたところ。その眩しさに八重さんも目を覚ますだろう。

7-IMG_4232.jpg
その7

 枝垂れ桜から八重桜にバトンタッチした。

 ところで、ちょっと怪しい影が・・・

8-IMG_4129.jpg
その8

 抜き足差し足忍び足・・・ 忍びのにゃんこ。その先の椿の木でしきりに囀っているスズメが気になっている様子。

9-IMG_4130r.jpg
その9

 そうっと覗いてみたものの・・・

10-IMG_4132r.jpg
その10

 飛びかかる勇気がないのか、諦めたのか・・・ 体制を低くしたままじっとしていた。

11-IMG_4134.jpg
その11

 出勤前にちょっと癒された時間だった。


 ところで、このサイトに来て下さった方にお尋ねしたいことがあります。皆さんは、具体的に鴨川のどんなところ、どんなものに癒されますか?匿名で結構です、鍵コメでも結構です。コメントを頂けたら本当に有り難いです。私の研究、と言ったら大袈裟ですが、今ちょっと調べていますので、ご協力頂ける方がありましたらたいへん嬉しく思います。
【2013/04/23 00:00】 2013桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(16) | Page top↑
«京都桜紀行 @西加茂正傳寺 | ホーム | 京都桜紀行 @上賀茂神社»
コメント
pradoさん、こんにちは。

あそこはあまりにも枝垂れ桜が有名になりすぎて、
その後の葉桜や牡丹はちょっと静かです。
八重桜は3本しかありませんが、
狭い処に3本なので、見応えがありますね。
【2013/04/24 15:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんにちは。

私にとって牡丹と言えばここなんですよね、
乙訓寺ではなくて。
作った感じのしない境内の牡丹が好きです。

鴨川の空間の広さは、やっぱり橋も大きな要因に見えますね。
ありがとうございます。
【2013/04/24 15:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは
本満寺はあの枝垂れが立派すぎて枝垂れを撮ったら後はなかなか訪れることはありませんので、良いSHOTを見せていただきました。
八重も沢山あるんですね、7枚目の対比が面白いです。
【2013/04/23 23:53】 URL | prado #-[ 編集]
このにゃんこ、私もみたなぁ(^-^)。
そして私も今日これからアップ予定です。
芳しいボタンの香りに包まれた境内、そして、葉桜の青々とした感じも素敵でしたね。
静かなのが何よりうれしかったです(^-^)。

鴨川の魅力ですか。
私は鴨川にかかる橋が結構好きだったりします。
そして、北を向いて橋の上から見る、川の両岸の光景と、ぐるりを囲む山々の様子が好きです。
っていいながら、あまりそんな写真は撮らないんですがね。橋をわたるたびに眺めて癒されています(^-^)。
【2013/04/23 23:21】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
shuさん、こんばんは。

いやいや、感心ばかりしていただいてありがとうございます(笑)
こちらの猫さん、ちょっと人見知りするところはありますが、
ユニークな子です。
そしてこちらの木の形がよいので、
葉桜になってもやっぱり綺麗です。

さて、川の魅力なんですね、その空間自身が。
言葉は違っても、youpvさんと同じように、
生活に密着していますよね。
ふむ、徐々に形になりそうです。
【2013/04/23 23:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
3枚目の新緑の枝垂れ桜、初めて拝見しました。
見た途端、「ははーっこうなりますかー」と叫んで
しまいました。先におっしゃっていましたが、ほんと見事です。
葉桜になって感心する桜の木てのはそうそうないですよね。
それから9枚目のにゃんの眼と鼻にはおもわず吹いてしまいました(^^)

さて、鴨川ですね::私見では、鴨川の魅力はなんといっても
その親水空間の「長さ」です。ある範囲にだだっぴろい
川原がある河川はいくらもありましょうが、こんなに
街なかを悠然と流れていて、かつそのほとんど全域で
人が水辺に降りることができるというのは凄いです。
大阪も川が多いはずなのに、こんなところは
これっぽっちもありませんもの。 いいですねえ京都の御人は。
【2013/04/23 23:02】 URL | shu #PBcfH1xE[ 編集]
ディープシーズンさん、こんばんは。

やっぱり川ですか。ありがとうございます。
黄色いのは西洋からし菜ですね。
私も張るのこの時期は大好きです。
川の流れは時の流れを想像しますね。
【2013/04/23 22:48】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雅堂さん、こんばんは。

貴重なご意見をありがとうございます。
都市の景観という面では、派手な看板など邪魔なものもありますが、
鴨川の景観は随分と綺麗になりました。
川が流れる風景は、時間が経つのを忘れますね。
【2013/04/23 22:46】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。ありがとうございます。

生活と密接、そうですね。
自分のお庭みたいに過ごしていますよね。
生活の延長でしょうか。なるほど、です。

八重桜の花期も案外短いですね。
次の雨ですっかり散ってしまいそうです。
それはそれで散り桜もいいですけどね。
散り桜の中に猫さんが座ってくれないかなぁ・・・

【2013/04/23 22:27】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
torimyさん、こんばんは。

八重桜の区分分けって、毎年悩むんよ・・・
どうもしっくり来ないから、やっぱりあかんかもね。
【2013/04/23 22:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、こんばんは。

あはは・・・ありがとうございます。
eiさんらしいお言葉、よく解りました。
自分が好きなものですよね。
【2013/04/23 22:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは。
私が癒される鴨川は、朝に北の山々に向かって
見る悠々とした河川ですね。
河原町に着いて、最初に見る川の流れは一日の
始まりという感じがしますし、先日に出町柳で
おそらくからしなのはなだと思うのですが、朝
日に輝いているのを見た時には、ほんまに癒さ
ましたよ。
【2013/04/23 20:54】 URL | ディープシーズン #GCA3nAmE[ 編集]
こんにちは、お久しぶりです。
牡丹、もう咲いているんですね。
牡丹の刺繍をしましたら、バラか椿にしか見えない代物になってしまいましたν
昨年秋に訪れて鴨川を見て思ったのは
ゆらゆらと穏やかな広く浅い川の流れがとても京都の背景に合っていて、眺めているこちらも癒されるところでしょうか。
又、橋の下から見下ろしましても中洲の白鷺がとても凛と美しく雅やかです。

京都という所は世界遺産に登録される以前より景観を大切になさっているので、
住民獲得のために周辺の山をどんどん切削して山がまるで墓石のように見えるようになった住まいの住人としては羨ましく思います。
【2013/04/23 17:58】 URL | 雅堂 #-[ 編集]
こんにちは。
先日訪れましたが
八重桜も散り始めており
桜のじゅうたんが広がっていました。
続いて牡丹が綺麗に咲いていました。

私が訪れた時も、このニャンコさんが
いましたよ。

鴨川は亀石も勿論ですが、自転車で走っていると
ジョギングする人やご飯を食べる人、楽器の
練習をする人など、生活と密接なんだなぁと
感じました。生活と密接な鴨川という存在自体
に魅力を感じます。
【2013/04/23 17:07】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
確かにこれだけ重量感があると おんなじくくりに入れるのは ちょっと考えてしまうよね。
ボタンザクラ ってのもあるくらいやし。
【2013/04/23 07:58】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
謎かけですか(笑)
私は鴨川そのもののは特にピンと来ないのですが、
川原で遊ぶご家族や、例の亀石等を渡る人の姿とか。
要は被写体になりそうな風景が好きなんでしょうね!
こんなので参考になりますでしょうか?
【2013/04/23 04:49】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |