FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

椿を愛でに @鹿ヶ谷霊鑑寺
1-IMG_6288.jpg
その1

 今年はお蔵入りにしようかと思うほどに忙しい毎日。やっと準備ができたので少し簡単に。撮影は4月1日。この冬はこちらの霊鑑寺が特別拝観だったので椿も少し撮れているので、春の特別拝観はどうしようかと思ったのだった。しかし法然院に行き、安楽寺も行ったのならこちらも行かないわけにはいかない。

 入って直ぐの日光椿はまだ僅かしか咲いていなかった。代わりにこのピンクの椿が、まるで薔薇のように綺麗だった。思わず何枚も・・・

2-IMG_6290.jpg
その2

3-IMG_6292.jpg
その3

4-IMG_6294.jpg
その4

 日陰に広がる緑の苔がとても似合う。散り椿もなんとよく似合う色だろう。

5-IMG_6300.jpg
その5

 少し離れると、随分と高い枝の上に日光椿がちょこんと顔を出していた。よかった。

6-IMG_6304.jpg
その6

7-IMG_6307.jpg
その7

 斑入りの椿2種。

8-IMG_6308.jpg
その8

9-IMG_6322.jpg
その9

 柔らかなピンクの椿が何種類も目に付く。

10-IMG_6326.jpg
その10

 いきなり目に入った散り椿。親指の先くらいの小さな椿。細い枝にもたわわにこれでもかと花を付け、なおかつ椿の海状態。

11-IMG_6331.jpg
その11

 山の斜面を降りたところにもこんなに広がっている。こちらには数人の人だかり。しかし綺麗なのは解るが、そこのおばさん、ケータイで写真を撮って、その場でメールを打つのだけは勘弁して欲しいものだ。通路が狭いので通れないし、散り椿を撮ろうとしたら脚が入る・・・(--;)

12-IMG_6337.jpg
その12

 日本の庭園にはやはりこういう女性が居て欲しいものだ。そんないい気分に浸っているといきなり甲高い姦しい話し声。おばさん数人のグループ。これはえらいことになったと思う間もなく、その会話は始まった。

   ほんまにええところを教えて貰ったわ

   うん、静かでほんまにええわぁ

 などと姦しいことこの上なし。本当に静かに椿を撮っていたのに、この女性たちのうるささはなんだ?あなたたちのうるさい声がこの雰囲気を台無しにして居るではないか。

   なにが静かでええところやねん?あんたたちが五月蠅うしてるで・・・(--;)

 うんざりだった。自分たちがどんなにうるさくしているのかなど、考えもしていないのだろう。空気の読めない人たちだった。

13-IMG_6338.jpg
その13

 お気に入りの蹲には椿の花。

14-IMG_6344.jpg
その14

15-IMG_6350.jpg
その15

16-IMG_6351.jpg
その16

 再び入り口まで帰って来ると、足元に月光椿が置いてあるのに気が付いた。まだ殆ど咲いていなくて、この一輪だけだったそうだ。日光椿の中心が赤いのと対照的に、こちらは白いためそう呼ばれる日光椿。

17-IMG_6354.jpg
その17

 ふと人影を感じて視線を向けると、ああ、先程のお着物の女性だった。姦しいあの女性たちとは大違いだ。

18-IMG_6355.jpg
その18

 さて、ここでは何が一番見たいかというと、法然院と同じで水に浮かべられた椿の花たち。それもたくさんの種類がまとめて見られる。

19-IMG_6356.jpg
その19

20-IMG_6358.jpg
その20

21-IMG_6360.jpg
その21

22-IMG_6361.jpg
その22

 ガラスの器に盛られた綺麗な色とりどりの花たちは、まるでエディブルフラワーのサラダ。黄色い花は中国雲南省原産の金華茶と言う、珍しい黄色い椿。府立植物園にもある。こちらの木はまだ植樹したばかりでまだ小さい。

23-IMG_6366.jpg
その23

 この黒っぽい深みのある赤い花を咲かせる崑崙黒と言う遅咲きの種類。結局2回目は行かなかったので、この花が咲いているところは見ることがなかった。
【2013/04/18 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«ドクターイエローを見る | ホーム | こんなところでアオさんに逢う»
コメント
Katsuさん、こんばんは。

こちらはピーカンのコントラストでは上手く撮れませんねぇ。
まあ、私が上手いわけでもないんですが(--;)
少し日陰のところは、本当に綺麗な色を出してくれましたよ。
落ちてしまった花も、
こうして最後まで綺麗な姿を見られるように演出されていますね。
【2013/04/18 22:40】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

法然院と同じ日なので少し薄曇り程度です。
日陰の多い場所は、ドピーカンは厳しいですよね。
それでも山桜は白飛びして、うまく撮れませんでした。

水まきが足りないのか、
山手の苔が茶色だったのが残念でしたね。
【2013/04/18 19:54】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
やっぱり霊鑑寺は椿の寺ですね。
一枚目から、一幅の掛軸のような美しさ。
絵になりますね。
そして、手水鉢やグラスに浮かべられた椿達。
再び命を与えられて喜んでいるかのようですね。
【2013/04/18 07:46】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
おはようございます~。
先日、私も訪れましたが
ピーカンの天気でしたので
落ち着いた雰囲気ではありませんでした。
こうして落ち着いた雰囲気で見せていただけて
嬉しく思います(^^)
【2013/04/18 06:19】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |