FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

上賀茂神社でお能を奉納する
1-IMG_3668.jpg
その1

 上賀茂神社馬場殿の檜皮葺屋根が、綺麗に葺き替えられたのを記念して、お能の奉納があった。観世流シテ方梅若玄祥氏の多大な寄付があったのだろう。撮影は4月13日、当日夜にアップする予定であったが、接続エラーが続き断念した。

 この日は齋王桜も満開で素晴らしい桜日和だったが、その桜の記事はまた今度。ものには順番というものがある。

2-IMG_3718.jpg
その2

 能舞台でもなく、囃子方は3人、それも謡だけ。演目は羽衣と雲林院。まずは梅若氏が演じる前に羽衣を。

3-IMG_3719.jpg
その3

 よく通る声で謡いながら静かに舞い始めた。羽衣とは、三保の松原のあの天女の羽衣のこと。

 あらすじ:春の朝、三保の松原に住む漁師・白龍は、仲間と釣りに出た折に、松の枝に掛かった美しい衣を見つけます。家宝にするため持ち帰ろうとした白龍に、天女が現れて声をかけ、その羽衣を返して欲しいと頼みます。白龍(はくりょう)は、はじめ聞き入れず返そうとしませんでしたが、「それがないと、天に帰れない。」と悲しむ天女の姿に心を動かされ、天女の舞を見せてもらう代わりに、衣を返すことにします。

羽衣を着た天女は、月宮の様子を表す舞いなどを見せ、さらには春の三保の松原を賛美しながら舞い続け、やがて彼方の富士山へ舞い上がり、霞にまぎれて消えていきました。

 と、ちょっとコピペ・・・ 拝借してきた。

4-IMG_3726.jpg
その4

5-IMG_3731.jpg
その5

6-IMG_3737.jpg
その6

7-IMG_3743.jpg
その7

 ここで舞い手が交代。

8-IMG_3750.jpg
その8

9-IMG_3753.jpg
その9

10-IMG_3755.jpg
その10

 宮司さんよりあらすじの解説もあり、よく知られた謡曲なので謡の言葉も結構聞き取れる。そして続いていよいよ梅若玄祥氏の登場だ。どんな面を付けるのだろう、どんな衣裳なのだろうかとわくわく。

11-IMG_3767.jpg
その11

 この曲は龍笛が入った。鋭い音色を響かせた。

12-IMG_3772r.jpg
その12

IMG_3772r - コピー-12のコピー

 お能雲林院とはおどろおどろした話ではあるが、この舞を演じる部分はそうではなく、在原業平が桜の下で舞うという場面。ちょうど齋王桜も満開で、きっと神さまもお喜びになっているはずだ。深緑が増してきた時期でもあり、背景の緑がいい感じだ。

13-IMG_3779_20130413220821.jpg
その13

14-IMG_3790.jpg
その14

15-IMG_3797.jpg
その15

16-IMG_3802.jpg
その16

IMG_3802 - コピー-16のコピー

 ちゃんとした舞台ではないが、こうして本物のお能を間近で見られると言う経験は滅多にはない。

17-IMG_3806.jpg
その17

18-IMG_3807.jpg
その18

19-IMG_3816.jpg
その19

20-IMG_3855r.jpg
その20

21-IMG_3864.jpg
その21

22-IMG_3865.jpg
その22

23-IMG_3876.jpg
その23

24-IMG_3872.jpg
その24

25-IMG_3881.jpg
その25

26-IMG_3882.jpg
その26

 大きな動きがあるようなものではないが、思わずたくさん撮ってしまった。真ん中の地面に座れば正面から撮れたが、そうするとあまりにも見上げることになってしまうので芝生の上から。待ち時間も合わせて大層長時間三角座りをしていたらお尻が痛かった・・・ それでも素晴らしいお能を拝見できたから気にはならなかった。

 またこんな機会がないかなぁと待っているのだが・・・

27-IMG_3682.jpg
その27

 今日のおまけはこれ。フタバアオイ。毎年たくさん摘み取ってしまうものだからとうとう枯渇してきた。小学校や一般の人に育てて貰って増やそうとしているが、ポット苗で売っているものは1000円する。寄付金も含まれていると思うが、育て方はどうなんだろう。簡単に増えるのか、増えるまでに時間がかかるのか・・・ あとひと月で葵祭だ。
【2013/04/14 13:38】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«こんなところでヨシガモを見る その2 | ホーム | 京都桜紀行 @洛南東寺不二桜»
コメント
Bakoさん、こんばんは。

復活おめでとうございます(笑)
今回は特別ですけど、
こんな催し物は大歓迎ですね。
次はぜひともお近くに生まれて、
一緒に観光しましょうね。
【2013/04/15 20:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
京都は良いですね。
来世は絶対京の都に生まれたいなぁ!
【2013/04/15 19:54】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

本物の芸能はやはりいいものです。
堅苦しく考えずに、まずは本物を身近に感じることはいいことですね。

地震には驚かされましたが、
電車に乗っておられたのですね。
災害時には不安になるでしょうねぇ。
【2013/04/15 19:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おはようございます~。
記念の能奉納があったのですね。
これは是非とも見たかったです。

斎王桜、土曜日に見に行こうと気合を
入れて始発の電車に乗ったら
地震で緊急停車してしまい、
行く時間が作れませんでした(><)
【2013/04/15 05:09】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

4月始め、御所桜を撮りに行った時にポスターを見て、
ずっと楽しみにしていました。
こんな舞台ですが、やはり本物は違いますよね。

昨日はあれから美山ですか・・・
う~ん、あそこもいいロケーションがありますよね。
私も楽しみにします。
【2013/04/14 22:58】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
記念の能奉納があったのですね。
檜皮の葺替えはすごいお金がかかるそうですから・・・ご寄付はとても重要なのでしょうね。
伝統芸能を見る機会は貴重なので、見てみたかったなぁ。

双葉葵は可愛らしいですよね。
斎王桜も良い感じでしたか。
こちらに行こうと一瞬思ったのですが、朽木まで行ってしまうと、大原に戻るのもちょっと億劫になって、結局美山の方へ回りました。

斎王桜の記事も楽しみにしていますね。
【2013/04/14 18:10】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |