FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都桜紀行 @御所の枝垂れ桜
1-IMG_8878.jpg
その1

IMG_8878 - コピー-1のコピー

 これまでに撮った桜のアップができていないというのに、御所の桜が咲いたと聞けば行かなければいけないような気分になる。お彼岸に下見に行き、翌日には出勤前後に大回りしてきてしまったというわけなのだ・・・ 撮影は3月21日。

いくら早朝から散歩をする人が多いとは言っても、写真が撮れないほどに多いことは決してあり得ない朝7時。ひとりの年配のおじさんが先客だった。

2-IMG_8884.jpg
その2

 少し風があって、長く垂れた枝が風に揺れる。

3-IMG_8888.jpg
その3

 まだ陽も射さない時刻で少し暗く、また逆光になるためにおじさんは上手く撮れへん、と嘆く。ブロガーさんのようで、ブログに挙げるのだという。

4-IMG_8892.jpg
その4

5-IMG_8915.jpg
その5

 いそいそとせわしなくカメラを向ける同じくらいか少し若いくらいの女性が、私と同じように自転車で乗り付けていた。どうも彼女も仕事の前にこちらに立ち寄った様子。最後は反対方向へと分かれたのだが。

 さあて、また移動だ。

6-IMG_8925.jpg
その6

7-IMG_8922.jpg
その7

 白いモクレンが咲き始めている。散歩のおばちゃんが話しかけて来た。昨年は花付きが悪かったとのこと。今年はたくさん咲きそうで楽しみと。ふむ、私も楽しみだ。

8-IMG_8927.jpg
その8

 このカットをもう一度撮り直したいと思う。彼女もしっかりここへ立ち寄った。

9-IMG_8930.jpg
その9

 近衛邸跡へとやって来た。この出入り口はいつでも人が固まっていて、こんな時刻でないと難しい。

10-IMG_8933.jpg
その10

 こんなのとか。

11-IMG_8938.jpg
その11

IMG_8938 - コピー-11のコピー

 ここまでくると陽が昇って朝日が桜に射し込むようになる。

12-IMG_8940_20130321231328.jpg
その12

13-IMG_8942.jpg
その13

 ちょっとした光で、とても輝いているように見えてくる。

14-IMG_8944.jpg
その14

15-IMG_8952.jpg
その15

16-IMG_8979.jpg
その16

IMG_8979 - コピー-16のコピー

 例年だとこの時刻でも数人は既に来ているのだが、今年は少ないなあと思い始めたら増えてきた。ま、そんなものだ。

 ここで早朝撮影はタイムアップ。そろそろ仕事に行かなければ。

 そして、夕方仕事が終わってまだ外が明るいのを確かめると全速力。2ヶ所とも回りたいが、明るいのは出水の小川のところだろう。そう考えて急いだ。

17-IMG_8993.jpg
その17

 時刻的には少しだけ遅かったようで、半分しか陽が当たっていない。ちょっと悔しいかも。

18-IMG_8984.jpg
その18

 しかし月の位置を考慮すると、この時刻でよかったかも。

19-IMG_9004rr.jpg
その19

IMG_9004rr - コピー-19のコピー

 下から見上げて花を撮る人は居たが、月を撮っているのは私くらいだろう。望遠は持っていかなかったのでかなりのトリミングとなる。

20-IMG_8997.jpg
その20

 一旦大きな樹木で陽射しが遮られたが、いよいよ日没寸前になると幹の隙間からもう一度サイドからのライティングとなった。夕暮れのやや赤味のかかった柔らかい光は、桜を優しく照らした。

21-IMG_9001.jpg
その21

 もうすぐ夜のとばりが落ちる時刻。枝垂れ桜は最後の輝きの中だ。

22-IMG_9038.jpg
その22

IMG_9038 - コピー-22のコピー

 明るく照らされた見事な枝垂れ桜を、もう一度振り返って家路へ急いだ。

23-IMG_8872.jpg
その23

 今日のおまけはこれ。北海道から日本海側は猛烈な低気圧の影響で、激しい雪となったが、京都も例外ではなく、遠くに見える山並みにはうっすらと白い雪が見えた。枝垂れ柳が芽吹き始めていたが、これは本当のユキヤナギかも・・・(^_^;)
【2013/03/22 00:00】 2013桜紀行 | トラックバック(0) | コメント(9) | Page top↑
«京都桜紀行 @柳馬場御池中学校 御池桜 | ホーム | 京都梅花紀行 @北野天満宮その2»
コメント
小紋さん、おはようございます。

染井吉野は咲き始めですね。
今年はちょっと肌寒いので、長く見られるかも知れません。
そちらは早くにぱっと咲いてしまったようで、
しばらく保って欲しいですよね。
【2013/03/27 09:10】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
さくらの下には・・・と思わせられるような 妖艶な桜 
枝垂れ桜には 物語が見えますね。
 ここの染井吉野は 半分ですが 大分県は満開でした。
 土手の咲き具合を見てきます。
【2013/03/26 14:20】 URL | 小紋 #-[ 編集]
さくらの下には・・・と思わせられるような 妖艶な桜 
枝垂れ桜には 物語が見えますね。
 ここの染井吉野は 半分ですが 大分県は満開でした。
 土手の咲き具合を見てきます。
【2013/03/26 14:19】 URL | 小紋 #-[ 編集]
eiさん、こんにちは。

それはご苦労さんでしたね。
今日も凄い人でしたよ、御所は。
桜の下に陣取っての記念撮影、
あれ、やめて欲しいと思うんですが、
こちらの都合なんですかね・・・(--;)
せめて荷物の置きっぱなしは勘弁して欲しいですね。
【2013/03/23 16:07】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
昨日のお昼頃に訪ねる事が出来ました。
成る程、好い枝垂れ桜でした。
でも撮影者は大勢(笑) しかも一様に記念撮影!
桜だけを撮るのは至難の業。めげずに暫し待機!
そして2枚だけやっと撮る事ができました(笑)
早朝撮影が出来る方々が恨めしい(笑)
【2013/03/23 06:39】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

うっとこは8時始業なので、
それまでに着替えて準備がいるので早々に撤退でした。
近衛邸だったら直ぐそこですもんね。
同じ日の同じ時間帯に3人がうろうろしていたなんて、
気持ちは同じですねぇ。なんや、嬉しくなります。
【2013/03/22 19:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
youpvさん、こんばんは。

あらぁ、考えることは皆さん同じですよね。
幸い、職場が御所に近いので、何かと道草ができます。
年度末、地獄の忙しさですね。
お疲れさまですm(_ _)m
【2013/03/22 19:20】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おお〜!ニアミスです(^^)
私も8:00にいましたよ。阿修羅王さんを追いかける格好で近衛邸跡まで行きました。
綺麗に咲いていましたね。感動しました(^^)
私は職場が目と鼻の先なので始業ギリギリまで粘りましたよ
【2013/03/22 08:20】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
おはようございます。
昨日の写真でしたら、
同じ時間帯に私も御所にいました。
今年は全体的に早く咲いているので
色々な意味で駆け足になりそうですね。
仕事帰りに行けるのが羨ましいです。
昨日の仕事終わり、22時でした(..;)
【2013/03/22 05:10】 URL | youpv #7yu2AX4I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |