FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

一年を振り返ってご挨拶 in case of me
mouse
伝統工芸師による置物
 ブログを始めようと思いついたのは、昨年の秋のことだった。ブログと一緒にホームページも立ち上げるつもりでいた。結局準備に手間取りブログを始めたのが2月、ホームページは3月のことだった。早いものであれから10ヶ月の歳月が流れた。とても早く時は流れ、過ぎていった。とても楽しい時間だったからだろう。
 ブログを通じて多くの方々と出会えたこともとても嬉しい出来事だった。

 ここまでやってこられたのはひとえに、つたない文で撮影に行ったときの出来事を書いたり、辛辣な批評から可愛らしいひよこのお話までてんでばらばらの内容にお付き合い下さり、楽しいコメントを寄せて頂いたりした皆さまのおかげだと思っている。なにせ、やりだしたら続けないと気が済まない私。毎日話題に事欠くこともなく、ほぼ毎日更新できたことが嬉しい。アップしようと思っていながら、ボツになってしまったものもあるが、とにかく楽しい毎日だった。

 この間、仕事で忙しくてしんどかったこと、仕事のストレスを強く感じていたこと、平穏なことばかりではなかったが、ご訪問をさせて頂くようになったブログを読んでいると、様々な地域の様々な方の生活をかいま見て、元気を頂いたように思う。本当にありがとうございました。そして一番身近で応援して頂いている管理人のMさんとコンシェルジュの皆さん、ありがとうございます。

 そしてコメントは入れなくてもご訪問頂いている見知らぬ方々、旧年中はたいへんお世話になりました。そしてまた来年も、「徒然草子・日々感じたあれこれ身辺雑記」にどうかよろしくお付き合い下さいませ。

 ということで、とりあえず挨拶は済ませたものの、お盆もお正月も関係なく仕事をしていると、どうも時勢のご挨拶に疎くなるのが玉に瑕。この年末は珍しくちょっとお休みが入ったが、何を隠そう、元旦から出勤する。一日をもって全面的にシステムが変更されるので、扱えるかどうか、今から恐ろしいストレスを抱えている。

 ま、何とかなるだろう。今まで自分はそれでやって来たのだから。
 
 
 
【2007/12/30 23:27】 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | Page top↑
«大晦日 | ホーム | 初雪と比叡山冠雪 in 師走の京都»
コメント
繭の子さん、あけましておめでとうございます。
ご無沙汰しています、お元気ですか。いつも見て頂いているのですね、重ね重ねありがとうございます。喜んで頂けるようないい写真が撮れるよう、精進しますね。
【2008/01/01 22:09】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
明けましておめでとうございます
めったにコメントしないのですが
ここは一言。いつも素敵な画像ありがとう
阿修羅王さんのブログをひそかに見て自然のうつりかわりのすばらしさに感動してます。今年も素敵な写真、見せてください。
【2008/01/01 16:14】 URL | 繭の子 #-[ 編集]
水戸小紋さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。明日はこちらの最低気温ー3℃とか。寒い出勤になりそうです。
はい、気をつけて行って参ります。
来年もよろしくお願いします。
【2007/12/31 19:22】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
この寒さの中 明日もお仕事。風ひかないようにね。元気な一年になりますように。
【2007/12/31 19:15】 URL | 水戸小紋 #-[ 編集]
素晴らしい写真と臨場感溢れる文章、阿修羅王さまの素敵なブログと出会えてほんとうに楽しい日々でした。
ぴよちゃんとも勝手にお友達になっちゃって・・・
すっかり阿修羅王さまのファンになって魅了されています。
年末年始荒れ模様の天候のようですがお正月お仕事ですか・・・
お風邪をひかないように・・・
良いお年をお迎え下さい。
【2007/12/31 01:28】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |