FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

馬酔木 @下鴨神社
1-IMG_1982.jpg
その1

IMG_1982 - コピー-1のコピー

 この時期の楽しみは馬酔木。特にこのようないいお天気の日には・・・

2-IMG_1986.jpg
その2

3-IMG_1989.jpg
その3

4-IMG_1990.jpg
その4

 楼門の朱色と、馬酔木の輝く白、そして濃い緑・・・

5-IMG_1992.jpg
その5

6-IMG_5986.jpg
その6

7-IMG_5987.jpg
その7

 以前より枝振りがちょっと悪くなったような気がする。もっと繁っていたのに。枯れた枝も目立った。

8-IMG_5990.jpg
その8

9-IMG_5993.jpg
その9

10-IMG_5998.jpg
その10

11-IMG_6004.jpg
その11

 青空を少し入れてみると、また雰囲気が変わった。茂みの下から、怪しい撮影をしている私を誰も気にしていなくてよかったこと。

14-IMG_1976.jpg
その12

15-IMG_1977.jpg
その13

16-IMG_1978.jpg 
その14

 と言うわけで普通に撮ってみた。昨年はどことも馬酔木が不作で、ちょっと安堵した。二・三ヶ所馬酔木を求めて行きたいところがある。希望だけで行けるかどうか・・・

12-IMG_6014.jpg
その15

 淡ピンクの椿が咲いていたが、その足元では写生に夢中になっている女性たちがいて、これだけ。光に透かされてとても綺麗だ。

13-IMG_6020.jpg
その16

 帰りしな、久し振りにさるやに立ち寄ってみた。何しろ朝から飲まず食わずで仕事終わりに出て来たので、少々お腹が空いた。さる餅とほうじ茶のセット。ふむ、とても美味しかったのは言うまでもない。
【2013/03/15 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都梅花紀行 @北野天満宮その1 | ホーム | 梅林でヤマガラを見る»
コメント
ひげさん、こんばんは。

朱の色は魔除けですもんね。
この色を見ると、どこかほっとするように思います。
【2013/03/15 21:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
あーちゃんおばんです。

朱の色、よろしいなぁ・・・日本だけの色・・・。
【2013/03/15 20:40】 URL | ひげ #-[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

朱色と馬酔木、ほんまに綺麗でしたよ。
花期が長いのでいつでも、
なんて思っていると終わってしまうので、
いつも紅梅のついでに撮ってきます。

今年はあと何処の馬酔木が撮れるか・・・
空が背景にならないのなら、
いっそのこと雨降りが好きです。
【2013/03/15 19:34】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
この季節のお楽しみですね。
ピンク色がかかったものもかわいいですが、この下鴨神社の朱色の社殿には、真っ白の馬酔木がよく似合います。
おっしゃる通り、ちょっと枝ぶりが淋しくなったようにも思いますが、いいお天気に煌めいて綺麗ですね〜(^ ^)
【2013/03/15 08:26】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |