日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都紅梅紀行 尾形光琳の紅梅 @下鴨神社
1-IMG_2001.jpg
その1

2-IMG_1997.jpg
その2

 やっと光琳の紅梅が咲き始めた。この撮影は3月6日。ちょっと早かったので、また後日。

3-IMG_5964.jpg
その3

 10日の寒冷前線の通過は埃っぽい黄砂も何もかも吹き飛ばしてくれた。撮影は3月11日。

4-IMG_5921.jpg
その4

 ちょっと出遅れたようだが、満開には違いない。

5-IMG_5941.jpg
その5

 一枚は撮っておきたいアングル。しかし次から次へとやって来る観光客が木の下に張り付くため、去るのをひたすら待つ。

6-IMG_5929.jpg
その6

 空は何処までも青く、澄んでいた。盛りは少し過ぎていたが、この空の下ではそんなことは気にならないほどだ。

7-IMG_5948.jpg
その7

8-IMG_5953.jpg
その8

 しかし、厭になるほどの陽射し・・・ 結構飛んでしまった。

9-IMG_5956.jpg
その9

10-IMG_5957.jpg
その10

IMG_5957 - コピー-10のコピー

 舞殿の向こうは修理用のシートが掛けられているが、ちょっと木で隠してしまおうか。

11-IMG_5964.jpg
その11

12-IMG_5976.jpg
その12

13-IMG_5979.jpg
その13

14-IMG_5980.jpg
その14

IMG_5980 - コピー-14のコピー

 大きな花びらの一重。おしべが長いのが特徴だが、少し盛りを過ぎて白っぽくなっている。気が付けば大きくは撮っていなかったことに今時分になって気が付いた。ちょっとあまりにも遅すぎやしないか・・・?

 ところで、ここへ来た時に背の高い男性を見かけた。時々色んなところで見かけたような気がする。気になって仕方がなかったのだが、その彼から

   失礼ですが、阿修羅王さんですか?

   はい。ひょっとしてdeepseasonsさん?いやぁ、よかったぁ(*^_^*)

 いや、胸のつっかえが取れたのだ。やれやれ。流しびなの時も確か逢っているはずだ。この先きっとまたどこかでお逢いするだろう。狭い京都だから。顔見知りができるというのはいいものだ。人の顔と名前は覚えられないのだが、写真仲間の顔だけは覚えられるのだから不思議だ。

15-IMG_5924.jpg
その15

 さあて、もう一度見収めておくとしよう。この紅梅、難点があるとすれば、私個人の意見だが、枝がごちゃごちゃしていること。そして枝の色が黒っぽいので、とてもまとまらない。やはりいっそのこと大きくクローズアップの方がいいのかも知れないと思うのだ・・・
【2013/03/13 00:00】 2013梅花紀行 | トラックバック(1) | コメント(8) | Page top↑
«京都雪景色紀行 @高雄神護寺 | ホーム | 鴨川パトロール スズメのキックボクシングを見る»
コメント
deepseasonsさん、こんばんは。

先日はありがとうございました。
少し盛りは過ぎていましたが、
空が真っ青で紅梅も色が映えていましたね。
退色していなくても、空の色はこれでなければ今イチになっていたことでしょう。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
最近、どっぷりexciteの皆さんの中に浸かってしまいましたね。
【2013/03/14 20:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは~
本文にも紹介を入れていただいて、恐縮しており
ます。 最近、実は至近距離で度々お会いして
いましたので、失礼かなと思いながらお声かけさ
せていただきました。
やはり3月初めは三寒四温を繰り返すので、花弁
が少し脱色していましたね。でも、最高の青空の
下で見られたので、よしとしておきます。
改めまして、今後ともよろしくお願いします。
リンクもさせていただきますね。
【2013/03/13 23:47】 URL | ディープシーズン #-[ 編集]
アラックさん、こんばんは。

紅梅の燃えるような色は、本当に力強いですね。
寒かった冬からやっと脱出しました。
ここは案外隠れた名所かも知れませんね。
【2013/03/13 22:36】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
阿修羅王さん、アラックです。
梅がいっぱいですね、冬の寒さから
春を告げるのは、桜よりの力強いですね。
京都の名所をありがとうございます、バグース!
【2013/03/13 21:36】 URL | アラック #mQop/nM.[ 編集]
shuさん、こんばんは。

こちらの紅梅は一輪一輪が大きいので、
とても見事です。
天神さんにもこの種類はありますね。

神社の朱色は、こんな青空にもとても似合いましたよ。
日曜からまた下り坂ですね。
うまく撮影ができるとことを祈ります。
【2013/03/13 19:31】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsu さん、こんばんは。

ついに自己紹介をしてしまいました。
あの青空では行きたくなりましたからね。
仕事終わりに大急ぎで。
あの紅梅のタイミングは毎年悩みますね。
【2013/03/13 19:28】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
見事に咲き誇っていますね。あの広々とした参道を
思い出しました。
こうして拝見すると神社に使われる朱色というのは、
どんな色にもよいアクセントとなりますね。
今週末、京都です。いい観梅が出来るといいなあ。
【2013/03/13 08:28】 URL | shu #PBcfH1xE[ 編集]
ついにdeepseasonsさんとランデブーですね(^^)
ブログで見せていただいた紅梅の咲きっぷりと似ているなぁと思ったのですよ。やっぱり皆さん、似たものというか、同じタイミングで撮影に来るものですね(笑)
尾形光琳の梅、今年は行けなかったなぁ。今晩降る雨で散っちゃうだろうし。残念ですが、阿修羅王さんとdeepseasonsさんのところで見せて頂けたのでヨシとします(^^)
【2013/03/13 08:19】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
 光琳の梅  世界遺産下鴨神社  流しびなが行なわれた御手洗川に  かかる輪橋横の紅梅、  尾形光琳が紅白梅図屏風に  描いた梅のモチーフになったいわれ  「光琳の
【2013/03/13 23:48】 | Deep Season 
| ホーム |