FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

京都雪景色紀行 @鹿ヶ谷霊鑑寺
1-IMG_2905.jpg
その1

 先日の続きを。今回の雪景色も最終地となる霊鑑寺。冬の特別拝観になっている期間に雪景色が見られると言う、こんな偶然を気づかさせて貰った。この機会を自分にも与えられるとは思いも寄らなかった。と言うより、この日は午後から用事があって遠くまで行けなかったので、こちら方面へ行くしかなかったというのが本音でもある。
 それでもやはり自分で見られたのは嬉しい限り。もっと裏事情を言うと、法然院で鳥撮りをしていたらちらの拝観時刻になってしまったのだ。それに、こちらでも椿や山茶花に来るであろうメジロが撮れるはず。

2-IMG_2953.jpg
その2

 この看板を見ながら数人の待ち人。5分前に開けて下さった。有り難いこと。

3-IMG_2955.jpg
その3

 まず目に入るアプローチ。思ったほどは積もっていないが、雪は雪。春の特別公開しか入ったことがないので、雪景色は格別な景色だ。もちろん、右手に咲くであろう日光椿はまだごく小さな蕾だった。

4-IMG_2958.jpg
その4

5-IMG_2960.jpg
その5

 山裾に建てられているので奥行きはないが、その分高低差が豊かな表情を見せてくれる。

6-IMG_2961.jpg
その6

7-IMG_2964.jpg
その7

 高い位置から見下ろしてみる。このカーブが奥行きを感じさせることに気づかされる。京都SKY(スカイ)観光ガイドの方たちが案内をして下さるのだが、今回はパスしてとにかく椿を目指した。ここからも囀りが聞こえているのだ。

8-IMG_2980.jpg
その8

 ピンク色が優しい有楽(うらく)にすでにメジロが来ていた。

9--IMG_2992.jpg
その9

10-IMG_2999.jpg
その10

 ああ、これは雪椿になっている。ふむ、これが見たかった。

11-IMG_3000.jpg
その11

12-IMG_3002.jpg
その12

13-IMG_3005.jpg
その13

 木が茂っているたが、それでも緑の苔にも粉砂糖のように雪が白く舞い降りたようだ。

14-IMG_3008.jpg
その14

15-IMG_3009.jpg
その15

16-IMG_3011.jpg
その16

17-IMG_3013.jpg
その17

18-IMG_3014.jpg
その18

 数々の雪椿。とても綺麗だ。

19-IMG_3017.jpg
その19

20-IMG_3020.jpg
その20

 春の椿も見事な霊鑑寺なのだが、今年は冬の特別拝観があって本当によかった。

21-IMG_3021.jpg
その21

22-IMG_3023.jpg
その22

 特にこの日は昨夜の雪が日中になっても曇りで冷たい北風が強く、気温が上がらななかったためにお昼前でも雪が溶けることがなかったのが幸いした。やっぱり私は悪運が強い。
 ひとりでやって来た年配のおじさんが、「写ルンです」を差し出してシャッターを押して欲しいと頼まれた。もちろん、雪椿が綺麗なところを背景に縦横2枚、撮らせて頂いた。

23-IMG_3029.jpg
その23

 さあ、1周してきた。心なしか雪が少し薄くなっているように感じた。それもそのはず、1時間近くこちらに居たのだった。殆ど鳥撮りだったが。

 さあ、次はどのタイミングで降るのだろうか。半日ゆっくり行けるのか、出勤前に大急ぎになるのか、こればかりは予定は未定・・・
【2013/02/27 22:35】 2012-13雪景色紀行 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«梅花祭 @北野天満宮その2 | ホーム | 霊鑑寺で椿メジロを見る»
コメント
shuさん、こんばんは。

4月の椿しか行ったことがないので、
雪景色は新鮮でした。
なにしろ雪椿が撮り放題(笑)
高台からの眺めは最高でしたね。
私もそう思います。

宮家のお嬢さんたちは、
悲しい人生を送らざるをえなかったんですね。
世間のことも知らず、子ども頃から尼寺で暮らしていたなんて。
でもそれで尼寺が多いわけが解りました。
宝鏡寺の襖絵なんて、お米ができるまでの画があるくらいだから、
家の外へ出ることもなく亡くなっていったんですね。
とても哀れです。
【2013/02/28 19:51】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

霊鑑寺の雪を教えて頂いてたいへん有り難く思います。
ありがとうございます。
おかげさまでたくさん雪椿と椿メジロが撮れましたよ。
特別拝観は嬉しいですね。

金福寺と曼殊院が行けていないのですが、
結果的に東山方面に行くことができました。
雪が私の都合に合わせてくれたようでしたね。

私なぁ、deepseasonsさんを知らないんですよ。
でもね、きっとお逢いしたら解るような気がします。
絶対にどこかでニアミスしてるはずだから。
【2013/02/28 19:47】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
deepseasonsさん、こんばんは。

こちらこそあちらこちらでお名前だけは存じ上げておりました。
お越しいただきありがとうございます。
霊鑑寺は私も椿の時しか知らなかったので、
雪景色は貴重な記録となりました。
特に今年はどっさりと降らないので、
どこへ行くにも悩みます。

梅花祭は毎年行くのですが、
今年は心強い先導さんが居てくれはったので、
いつも以上に撮ることができました。
たいしたものも撮っていないのですが、
こちらこそよろしくお願いします。
【2013/02/28 19:41】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
この1月に私もはじめて霊鑑寺におじゃましました。
私は坂を登ったところから書院前のお庭を見下ろすところが気に入りました。
雪をかぶった椿、17,18がとても綺麗ですねえ。

でも、ふと、宮家の女子ということでああしたお寺に
こもらねばならなかったんだな、と少し悲しげな
気持ちにもなりました。
【2013/02/28 09:16】 URL | shu #PBcfH1xE[ 編集]
霊鑑寺の雪景色も行かれたのですね。
こりゃぁ、東山、全制覇ですね。すごい。
いいつもり具合ですね。
そして、椿もいい咲き具合。
私が行った日の椿はちょっとさみしい数でしたから、羨ましいです。

↑あれ?deepseasonsさん、阿修羅王さんところは初めてでしたか?
てっきりお知り合いかと思ってました(笑)
私と阿修羅王さんと同じくらい、行き先がニアミスするんですよね~(^-^)。
【2013/02/28 00:12】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
こんばんは~
皆さんのブログで、よくお名前を拝見していた
のですが、初コメントさせていただきます。
霊鑑寺は、月光や日光が咲く春の拝観には何度か
お伺いした事がありますが、雪景色はプレミアム
なモノを感じます。
雪景色にぽっかりと赤い椿が絵になっています。
梅花祭にも来られていたんですね。
ブログは皆さんと比べると、まだまだビキナーで
すが今後ともよろしくお願いします。
【2013/02/27 23:18】 URL | ディープシーズン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |