FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

初天神の梅花 @北野天満宮
1-IMG_5996.jpg
その1

 1月25日、初天神へ。終い天神と並んで、多くの人が集まる市だ。早めに出かけたので、参道はまだ歩きやすかった。さあて、まずはお参りから済ませよう。

2-IMG_5999.jpg
その2

 と、神職の方々の姿が見えた。

3-IMG_6000.jpg
その3

4-IMG_6001.jpg
その4

5-IMG_6003.jpg
その5

6-IMG_6014.jpg
その6

 どうも月次祭が終わる直前だったようで、直ぐに帰って行かれた。

7-IMG_6026.jpg
その7

 まだ行列のできていない本殿でゆっくり静かに熱心に(くどい・・・)お参りをしたら撮影開始。早咲きの梅がやっと咲き始めたばかりの天神さん。蝋梅なら早くから咲いてくれる。

8-IMG_6030.jpg
その8

 こちらは撮影の順番待ちだった。なにしろここしか咲いていないので。黄色の蝋梅と、金色の吊り灯籠の組み合わせが好きだったりする。

9-IMG_6031.jpg
その9

10-IMG_6037_20130128220716.jpg
その10

 少しだけ薄日が射した。風の向きによっては蝋梅の甘い香りも解らない。

11-IMG_6044.jpg
その11

 さあ、何処に咲いているか解らないような、1輪2輪の梅花の捜索へ。

12-IMG_6046.jpg
その12

13-IMG_6049.jpg
その13

14-IMG_6050.jpg
その14

 初天神と言うこともあって、報道関係者のTVカメラを持った人を捜せば直ぐに見付かる。とは言え、やはり寂しい数だ・・・

15-IMG_6055.jpg
その15

IMG_6055 - コピー-15のコピー

 一番いいと思ったのがここ。1輪でも灯籠との組み合わせで趣がある。

16-IMG_6064.jpg
その16

 蕾がたくさん膨らみ始めた枝。ここは陽当たりがいいようだ。

17-IMG_6076.jpg
その17

 くねくねと枝の曲がった品種、そんなへそ曲がりでもお日さまにあたってぐ~んと伸びをし始めている。

18-IMG_6052.jpg
その18

 おや・・・ 昨年のものだが、カマキリの卵の入っていた残骸を発見。今頃ここから巣立った子どもたちはどうしているだろうか。境内をおうちにして、どこかで新しい卵のおうちを作ったのだろうか。剪定をする時に、これを残して下さった庭師の方の心遣いが嬉しい。

19-IMG_6062.jpg
その19

   え・・・?

 かと思えば、なにやら動くものを見つけてよく見れば、生きている蛾だった。陽当たりのよい枝で日向ぼっこ。今までどうやって寒さをしのいでいたのか。本格的な寒さはまだ続くのに。

20-IMG_6071.jpg
その20

 西門に咲く蝋梅のところまで、やっと陽射しが当たるようになった。花びらの大きなこの種類の方が私は好み。光に透けて、本当に蝋細工のように綺麗だった。

21-IMG_6078.jpg
その21

 境内を歩き回ると少し、どころか手が悴んでしまったので、長五郎餅でひと休み。火鉢には炭火が熾してあり、手を炙ってやっと指が動き出した。濃いめに入ったお煎茶の美味しかったこと。長五郎餅がふたつも付いてくるお煎茶セットは、お手頃価格。お茶のお代わりが欲しいくらい。

22-IMG_6079.jpg
その22

 舞殿にはお祓いの準備がしてあった。厄払いかなにかなのだろう。今週末は節分、ここで豆まきが行われるのだが、さあて、今年は何処で撮影しようか。幾つか候補があるのだが、迷いに迷って悩み中。




 ところで・・・

 昨夜遅くに近所で火事が遭って、寝入りばなをけたたましいサイレンにたたき起こされ、寝るタイミングを逃してしまった。眠い目をこすり、何とか仕事には行ったものの疲れた・・・

 目の前にオレンジの火柱が立つのは、ちょっと恐いものがある。目の前で火事を見るのは20年ぶりか。以前住んでいたところでも放火の火事が2件同じ場所で続き、あれもびっくりした。それよりもっと前の記憶は小学校の頃。4年生か、5年生くらいだろうか。これも直ぐご近所のお宅が燃えて、夜空を赤く染めていた。あのころまだ若かったおばちゃんが、隣の家に燃え移らんといてと手を合わせていたのを、今でも覚えている。それほど火事というのは恐いものだ。そのおばちゃんも既に鬼籍に入った。

 不謹慎ではあるが、夜空を焦がす火事の様子を2・3枚撮り、焼け落ちた屋根を遠くから見て来た。空気の乾燥しているこの時期、本当に皆さんもお気を付けられよ。自分の家だけでは済まないから。全焼や屋根が落ちれば保険金も下りるが、半焼では出ないと言うし。ならば火事は出さない方がいい。何もかもがなくなる。
【2013/01/29 20:18】 京のニュース | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«雪の朝にシロハラを見る | ホーム | 京都雪景色紀行 @嵯峨嵐山天龍寺曹源池庭園»
コメント
Bakoさん、こんばんは。

その火事で逃げ出してこられた方は幸いですね。
火の回りが早いと、煙に巻かれてそのまま、
ということもありますからね。
おお、恐い恐い・・・(--;)
【2013/01/30 20:05】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
火事と言えば私も以前、狭い道をはさんだお向かいさんがら火が出たことが有りました。
ずっと一人暮らしだと思っていたその家から、寝巻き姿のおばちゃんが飛び出して来てビックリしました。
【2013/01/30 17:47】 URL | Bako #1jhbtX.k[ 編集]
Katsuさん、おはようございます。

蝋梅と言えばここですね。
御所もいいんですが、あそこは背景がなくて。
早咲きの梅も今年は2週間あまりも遅れているとか。
その分長く楽しめたらいいなあと思います。
【2013/01/30 08:15】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
私も先週ですが行きました。
まだ蝋梅のみでしたが、紅白梅も天神さんの日を待ってたかのように咲き始めたようですね。
さすが天満宮の梅!ですね。
私もこの吊り灯篭と蝋梅のカットが好きなんです。
枚数が少ないのですが、アップしたらまた見てくださいね。
【2013/01/30 01:07】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |