FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

平成25年京都市消防出初め式その3 最終回
1-IMG_4219.jpg
その1

 すっかり遅くなってしまったが、先日行われた出初め式の続きを。最後を飾るのは市民参加の消火訓練と一斉放水。市民参加の消火訓練は、企業や学校などでも行われるが、ここでは消化器に詰められた圧力のかかった水を火の元へ向けて勢いよく掛けていく。
 大きく燃え上がっていた(笑)炎はやがて小さくなり・・・

2-IMG_4222_20130119091145.jpg
その2

 こんな風に消えていく・・・ 消化器を向ける向けないは別として、まずは消化器の扱いに慣れないと初期消火ができない。手順をしっかり覚えよう。ピンを引いてハンドルを握るだけ、だったかな。私も職場の訓練でやったことがある。

3-IMG_4229.jpg
その3

 さあ、いよいよ消防隊の出番だ。先程雄姿を見せてくれたバイク隊。真っ先に現場に駆けつける。

4-IMG_4245.jpg
その4

5-IMG_4246r.jpg
その5

6-IMG_4252.jpg
その6

 一瞬で状況を見て判断し、無線で本部へ連絡する。

7-IMG_4259.jpg
その7

8-IMG_4267.jpg
その8

 京都市を襲った大地震は市内に火災をもたらした。火災を起こしたビルに、取り残された人が居るのだ。

9-IMG_4273.jpg
その9

 連絡を受けた消防隊員はいち早くスタンバイにかかる。いや、実際目の前で準備している姿を見ると、本当の火災時にはこれ以上に緊迫した雰囲気があるのだろうと、こちらまで緊張が伝わった。

10-IMG_4283.jpg
その10

11-IMG_4289.jpg
その11

 はしご車が出動した。梯子の先端にあるカーゴには、オレンジ色の制服を着けた救助隊員の姿。

12-IMG_4295.jpg
その12

 梯子をコントロールするオペレーターは、慎重に梯子を延ばしていく。

13-IMG_4304.jpg
その13

 そのビルの下では別部隊が、鉄骨を切断しようとしている。オレンジ色の火花が激しく散った。

14-IMG_4310.jpg
その14

 そうこうしているうちに屋上ではカーゴから救助隊員がロープを使って降下していく。火災時には上昇気流も起こるだろうから、本当に命がけだ。

15-IMG_4315.jpg
その15

 ホースから勢いよく水が放出される。

16-IMG_4320.jpg
その16

 あ、救出されてロープを伝って滑り降りていった。よかった、よかった。

17-IMG_4334.jpg
その17

 さあ、撤収にかかる。

18-IMG_4336.jpg
その18

 迅速な行動で火災を消し、救助ができた。

19-IMG_4357.jpg
その19

 次は一斉放水の準備に入った。上空には消防ヘリが2機、待機している。

20-IMG_4363.jpg
その20

 消防団はポータブルのポンプ車にホースを繋いで準備をする。

21-IMG_4369.jpg
その21

 はしご車のカーゴには消防隊員が乗り込んだ。やや緊張した面持ちが見て取れた。

22-IMG_4374.jpg
その22

23-IMG_4380.jpg
その23

 各車、どんどん梯子が延ばされていく。

24-IMG_4382.jpg
その24

 さあ、放水が始まった。あちこちでどよめきも揚がる。

25-IMG_4385.jpg
その25

 色とりどりのホースからも勢いよく放水。壮観な眺めだ。

26-IMG_4390.jpg
その26

 水煙の向こうにはヘリコプターの機影が霞んで見える。

27-IMG_4395.jpg
その27

28-IMG_4396.jpg
その28

 水しぶきが辺りを包み込むほどの水量だ。晴天になっていれば虹も見られるが、この時期曇りがちで、私は見たことがない。

29-IMG_4419.jpg
その29

 一斉放水が終了すると、先程とは嘘のような静けさだった。

30-IMG_4420.jpg
その30

31-IMG_4421.jpg
その31

 隊員と消防団は綺麗に整列して、今年の出初め式はつつがなく終了した。次々と受け持ち管内に帰っていく首謀隊員たち。彼らを見送るために最後まで残っていた親子連れなどに、車窓から笑顔で大きく手を振ってくれていた。それを見る嬉しそうな子どもたち。いや、大人でもちょっと嬉しかったりするのだが。

 最後まで見ていたら、災害用のアルファ化米の試食にありつくことができなかったのが悲しかったかも・・・
【2013/01/20 09:24】 イベント | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
«石蕗 | ホーム | 寒牡丹 @初瀬長谷寺»
コメント
torimyさん、こんばんは。

オモロいやろ?私も笑てしもたんよ・・・
あんな仕掛けになってたんやって。
消火器は私も本物しかやったことないわ。
ちょっとびびるから、
やっぱり一度は触っておくべきやね、そう思う。

はたらく車が好きなのと、カラーガード隊が好きで行くんやけど、
通し矢と被るからいつも悩む。
袴の女の子か出初め式かって・・・(--;)
【2013/01/21 20:17】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
小紋さん、こんばんは。

言われてみれば確かに大がかり。
こんなものだと思っていましたから・・・

航空機も何か遭った時にはたいへんですね。
脱出の時に怪我をした人もありましたから、
度胸も鍛えておかねばなりません。
【2013/01/21 20:13】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんばんは。

消火訓練はお守りですよね。
やっておいて損はないですから。
きびきび動く消防隊員、目の前で見学できてよかったです。
って、そのために早くから行って場所を確保したんですけど(^^;
自衛官、警察官、海猿など、命を張って公務に携わる人たちには
頭が下がります。
【2013/01/21 20:06】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
むちゃくちゃかっこええがな。
////
いやいやそんなこと言うて喜んで見てる場合とちゃうけど。
そんなゴッツい梯子車とかヘリコプターとか、田舎では見たことないし。
その消火器の使い方訓練は 申し訳ない ちょっと笑ろてしもた。
私 ちゃんとやったで。本物の消火器で。
ピンを抜いてレバーを握って 火をホウキで掃くように って。
まあそんなけ人がいてたら 訓練用の消火器何本あっても足らへんし。お水ってもんかな。


とはいえ 地震も家事も他の災害も来ないでください・・・・です。
【2013/01/21 18:37】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
京都の催しは なんでも大がかりで 美しく整然と行われているように見えます。
 この間の飛行機からの脱出のようなこともあります。
 わたしも真面目に 訓練を受けたいと思います。
【2013/01/21 05:35】 URL | 小紋 #-[ 編集]
消火訓練は、絶対実際にやっておいたほうがいいですよね~。
見るのとやるのでは大違いです。
私は幸い、何度も実演役に選ばれて消火器を扱わせてもらっていますが、一度やっておくといざというときに使えそうです。

一斉放水は圧巻ですね。
そして、やっぱりファイヤーマンはカッコいいですね(^-^)。
【2013/01/20 23:40】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |