FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

寒牡丹 @初瀬長谷寺
1-IMG_0505.jpg
その1

 今年は少し早いような気もする寒牡丹の便り。まだ門松も取れていない長谷寺へ。

2-IMG_3460.jpg
その2

IMG_3460 - コピー-2のコピー

 真っ先に迎えてくれたのがルリちゃんのお嬢さん。

   え?あたしじゃあかんの?

   と、とんでもない(>_<)

 こんなところでルリビタキのお嬢さんに遭遇するなんて、願ったり叶ったり。一瞬、ジョウビタキのお嬢さんかと思ったが、あとからよく見てみればルリビタキだった。

3-IMG_3466.jpg
その3

4-IMG_3468.jpg
その4

5-IMG_3476.jpg
その5

 で、やっと寒牡丹。お天気がいいのが良かったか悪かったか、これもまた微妙で・・・

6-IMG_3474r.jpg
その6

 登廊の上から僧侶の姿。

7-IMG_3483.jpg
その7

 遙か上に本堂を見上げて。

8-IMG_3491.jpg
その8

9-IMG_3488.jpg
その9

10-IMG_3494.jpg
その10

 大型カメラを設置している男性があった。よく見ると4x5(シノゴ)だ。腕章も付いていて、長谷寺の公式カメラマンのようだった。視界に入ってしまい、ちょっと離れて欲しいと言われ位置を変える。このあと丁重にお礼を言われてしまった。さすがだ。

11-IMG_3496.jpg
その11

 斜面に沿って、段々畑。そこに整列する寒牡丹と雪よけの傘。

12-IMG_3581.jpg
その12

13-IMG_3503.jpg
その13

14-IMG_3591.jpg
その14

 今年は昨年より株が多いように感じたのだが、気のせいだろうか。

15-IMG_3563_20130118222722.jpg
その15

 本堂近くまで登って来ると、寒桜がまだ咲いていてくれた。ちょっと傷んだ花も多かったが、ボタンといい桜と言い、季節外れの花は嬉しいものだ。

16-IMG_3554r.jpg
その16

 ついでに昨年秋に見たさなぎがどうなっているかと見たが、以前と変わらない姿で風に揺れていた。

17-IMG_0542.jpg
その17

 本堂ではお勤めの最中。さすがは真言宗。声明の綺麗な声と響き。



18-IMG_0547.jpg
その18

19-IMG_3552.jpg
その19

 びんずるさん。

20-IMG_0553.jpg
その20

 ちょっと五重塔も。ここの直ぐ側にあった大きな樹木が切り倒されて、作業中だった。中に大きな洞ができていて、危険になったのかも知れない。

21-IMG_3511r.jpg
その21

22-IMG_3521r.jpg
その22

 ほろほろ鳴く声に誘われて、メジロちゃんを見つけた。

23-IMG_3594.jpg
その23

24-IMG_3599.jpg
その24

 あれだけ青い空がでていたのに、少し曇って来たようだ。もう一度寒牡丹を愛でて、満足して門をくぐった。

25-IMG_3603.jpg
その25

26-IMG_3608.jpg
その26

IMG_3608 - コピー-26のコピー

 参道まで降りて来ると、再び出迎えてくれたのはアオジだった。ここに来ると本当に小さな鳥たちをいっぱい見ることができる。鳥を撮りに来たのか、寒牡丹を撮りに来たのか、本当にどっちが本命なんだか・・・

27-IMG_3612r.jpg
その27

 今日のおまけはこれ。もみじの木で見つけたさなぎ。多分まだ中で冬眠しているはずだ。春までにはまだ時間がたっぷりあるから、ゆっくりお休み・・・
【2013/01/19 00:00】 花鳥風月 | トラックバック(0) | コメント(12) | Page top↑
«平成25年京都市消防出初め式その3 最終回 | ホーム | 平成25年京都府警察年頭視閲式その1»
コメント
・のび・さん、こんばんは。

うん、確かに多少は慣れてるかもね。
しばらく遊んでくれたから。
つかず離れずで、そのうち何も言わんと行ってしもたけど。
【2013/01/21 20:24】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
おっ、珍しく
アオジが明るい所に出てますね〜。
場所柄、多少は人馴れしてるのかなぁ?
【2013/01/21 08:07】 URL | ・のび・ #pSJ6Fihk[ 編集]
torimy さん、おはようさん。

この時期の花って、山茶花とか、蝋梅とか、
そんなんやろ?
寒牡丹は楽しみやねんな。
メジロちゃんは軽業師みたいにひねるのが面白いわ。
【2013/01/20 07:23】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
こんばんは m(_ _)m

この寒い季節にこれだけの存在感。圧倒されるね。
藁の雪囲いは風情があって温かみが感じられるし。
メジロのすっとぼけたお顔がまた可愛い。
【2013/01/19 22:40】 URL | torimy #4a1thY..[ 編集]
われもこうさん、こんにちは。

街では見られない藁囲い、
夜に蝋燭の灯りが灯って・・・
なんて情景も想像したくなります。
【2013/01/19 17:04】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
Katsuさん、こんにちは。

ここに雪が・・・ そう思うでしょう?
反対にいいお天気で(^^;
この季節の楽しみなんです。
ちょっと無理をして行ってきました。

鳥もルリビタキまで撮れたのが嬉しかったです。
【2013/01/19 17:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
牡丹の雪囲いは情緒がありますね。

禁止ワードに引っかかって?この先は書けないようです^^;
【2013/01/19 11:57】 URL | われもこう #-[ 編集]
冬の長谷寺、いいじゃないですか~!
寒牡丹の彩りがあると、寒々しい中に暖かさを感じられますね。
いろいろの色。雪があったら更に最高ですね。
ないものねだりか・・(笑)

鳥撮も楽しまれたのですね。
二兎を追って、二兎取ってこられましたね(^-^)。
【2013/01/19 11:52】 URL | Katsu #szTeXD76[ 編集]
小紋さん、おはようございます。

たくさんの作業、本当に有り難いことです。
ここで雪が降ってわたぼうしが・・・
なんて場面を想像すると堪りませんよ(^^;
【2013/01/19 08:53】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
eiさん、おはようございます。

長谷寺のキャッチフレーズはさすがですよ。
どの季節でも楽しめます。
現在また工事が進んでいますので、
リニューアル(笑)が期待できます。

綺麗な繭でしょう、これ。
多分ヤママユガでしょう。
野生のお蚕さんです。
これで正絹のお着物を作ることもあるようですが、
気の長い時間が必要です。
【2013/01/19 08:52】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
足場に気を付けながら ひとつ一つ傘をかける様子を思い 感動します。
 美しい牡丹 鮮やかに咲きましたね。回廊の木組の美しさには いつも圧倒されます。
 今年一度 お参りに行けるといいな。
【2013/01/19 05:32】 URL | 小紋 #-[ 編集]
この時季でも花を愛でているのですね。
花のお寺とはよく云ったものです!

ところで最後の写真、これがさなぎとよく判りますな!
私だと枯葉としか見えず、素通りするだけでしょう。
流石は歩く図鑑(笑)
【2013/01/19 04:28】 URL | ei #4tctviVI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |