FC2ブログ
日々感じたあれこれ身辺雑記
プロフィール

阿修羅王

  • 名前:阿修羅王
  • 小柄な体格なので、ミニチュアフォトグラファーの阿修羅王といいます。
    当サイトに於ける写真・記事などには著作権が生じます。無断でのご利用はお控え下さい。

ホームページ

ミニチュアカメラマンのファインダー通信
↑本家はこちらとなります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
来訪者
ブロとも申請フォーム

リンク
徒然草のバナー
電子郵便

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-
時刻

徒然道草 雪のトレッキング詣でに行く
1-IMG_0445.jpg
その1

IMG_0445 - コピー-1のコピー

 たまにトレッキングに連れ出してくれる、長い付き合いのある友人がいる。連れ出してくれるのか連れ出したいのか、まあそれはいいとして、時間が取れるからちょっとだけ登ってこようという。

   ちょっとだけねぇ・・・(--;)

 まあ、いいだろうと言うことで、雪景色を見ながらちょっと出かけてきた。車窓から何枚か雪の田んぼを撮り、やっぱりここは押さえて撮ったのだが・・・

2-IMG_0438.jpg
その2

3-IMG_0439.jpg
その3

 絶対に狙っても撮れないこんな写真というのはなんだ?全く信じられないタイミングだ。

4-IMG_0462.jpg
その4

 で、待ち合わせの場所で拾って貰い、ナビにも載っていないような登山道を探し、やっと登り口まで。やって来たのは多度山御岳神社。ここからそれほど高い所ではないと言う話だった。だった。
 さすがに空気は冷たいが、気持ちがいい。街中の空気とはえらい違いだ。駐車場には雪はないが、山裾に入った途端に雪が残っているのが見えた。

5-IMG_0465.jpg
その5 

 鳥居をくぐる前に頭を下げてちょっとご挨拶。階段を上がり始めると足元には冬苺。正式名は知らないが、この季節に実を付ける小さな野生の苺だ。甘酸っぱくて美味しい。所々で口に入れながら上っていく。

6-IMG_0470.jpg
その6

 少し開けた場所では巨大な石碑。御岳講の記念碑と言うものだそうだ。御嶽山の崇拝のために奉納されたのだろう。山岳信仰は日本の心には深く根付いているものがあるから。

7-IMG_0471.jpg
その7

 それもそのはず、この正面真っ直ぐには、晴れた日なら木曽御嶽山が見えるそうだ。南アルプスもこのずっと向こうになる。

8-IMG_0478.jpg
その8

 植林された山道を抜けると広い空が現れた。確かこの辺りでまだ6合目くらいだったと思う。息を切らしながら登ってきて、暑いこと。ほんの数分、しばしの休憩となった。霞んで遠くの山どころか、眼下の田畑さえもよく見えない。

9-IMG_0482.jpg
その9

 この道を登ってきたのだが、直ぐそこのように見える大きな流れは揖斐川。

10-IMG_0487.jpg
その10

 そこをでると狭く険しい山道を登ることになった。雪が枯れ葉の上に残っていて、うっかりすると滑りそうになる。結構険しい道を足を滑らせながら登って行くといきなり視界が開け、今度はお地蔵さまだった。
 ここまで来るとそろそろ汗をかき始めていて、ジャケットを脱ぎリュックに突っ込み、手袋さえも外した。

   何がちょっとなんよ(--;) 結構きついで~

 ふたりで喘ぎながらそれでもなんやらかんやら喋りながら行く。

11-IMG_0488.jpg
その11

 この看板に唖然となる。道理でしんどかったはずだと大笑い。そうまだ笑えるだけの余裕は充分。大晦日、ここにある社務所では年越しの準備が行われるらしい。普段は無人になっていて、それでも屋根には衛星放送用のアンテナなどが付けられているのが見えた。

 さあ、もう少し。

12-IMG_0491.jpg
その12

 鳥居が見えて来た。山中にある素朴な感じの鳥居だ。

13-IMG_0500.jpg
その13

 石段の上には本殿。山頂と言うことと、随分と雪も降るところを考慮してか、アルミサッシの扉が付いていた。しかしここまで来たのだからと、お参りをする。

14-IMG_0502.jpg
その14

 振り返るとさっきくぐってきた鳥居がなんだか小さく見えた。歩きにくい道だったが、結構いい運動にもなった。登り2時間、下山に1時間。傷めている足首と膝を庇ったため、その晩からの筋肉痛に2日ほど悩まされたのが情けなかった。

15-IMG_0503.jpg
その15

 そろそろ暗くなり始めた田園風景の中、遠くにJR新快速が走っているのが見えた。
【2013/01/16 00:00】 徒然道草 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
«京都雪景色紀行 @比叡山山頂 | ホーム | 残雪の詩仙堂»
コメント
われもこうさん、こんばんは。

あはは、ご心配掛けました。
大丈夫です。こんなときは小さいカメラを持ちますから。
思ったよりも標高が高く、地理的な関係なのか、
こんなに雪があるとは思わなかったそうです。
私に合わせて、厳しいところへは行きませんしね。
【2013/01/17 20:12】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
雪の中のトレッキング・・すごいですね〜〜
空気が澄んで気持ちよさそう
平地ならともかく、カメラ重くないですか?
【2013/01/17 17:21】 URL | われもこう #-[ 編集]
鍵コメさん、こんにちは。

複雑なお気持ち、よう判ります。
身近にそう言うことがあると、
私にはちょっと不案内な事がありますね。
なんでもやり過ぎはよくないですよね。
特に一神教は。
【2013/01/16 12:02】 URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/01/16 08:03】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
| ホーム |